title

 
2015年 3月 
3月22日(日)
2週間振りのごきげんよう。間借りです。
早速映画日記。

先々週はまずは土曜は近所のシネコンでハシゴ「映画プリキュア オールスターズ 春のカーニバル♪」。
New Stageのドラマ路線からバラエティ路線に切り替えているが、年々膨張していくプリキュアに対しオールスターズというパッケージング形態の模索の末に生 まれた問題作というか怪作というか珍作というか。ある意味必見。
今回のは次も使えるアイデアではないし、余程の起死回生的アイデアが出なければ、全 員が一堂に会するオールスターズ映画は最後なんじゃないかとすら思えたので皆見届けるんだ。それに幼女先輩よりも長年シリーズを見てきたプ リキュアおじさん達の方がグッとくる内容になってるしな。
プリパラ映画がプリパラ歌謡祭的な歌番組になっていたように、今回のプリキュア映画も歌番組的なノリ。といってもこちらはNHKの子供向けうた番組と ミュージックステーションのマッシュアップという代物。過去のプリキュアソングオンパレードは確実にプリキュアおじさんならアガる。
あと今回の映画は過去のTVシリーズの思い出再生装置としての機能が大幅強化されているので(なので過去キャラ登場数は一瞬出てくるのも含めると歴代最多 となっている)、これまたプリキュアおじさん向きとなっている。CGモデリングキャラもドキドキからネクストレベルに入ったなぁなんて感想も出てきたり。
ただ、今回の映画で一番台詞が多いのが圧倒的にオリラジ(割と上手いが)だったりとか、プリ キュアが「歌とダンスの力」を信じて歌って踊るって、それってアイカツやプリパラがやることであってプリキュアがやることじゃないんじゃないか、と か疑問に思う箇所が有ったんだよねー。バトルに入ってからはいつものプリキュアオールスターズ に戻ったけど。
今回のオールスターズ映画で個人的に一番面白かったのは、ゆうゆうの相変わらずの食べ物喩えに対してみなみ様が「…何を言ってるのか分からない…」と困惑を通り越して若干恐怖を感じている場 面。



続けて「イントゥ・ザ・ウッズ」。
有名なおとぎ話をマッシュアップしてモチーフにして描くダークなコメディ(って言っていいよね?)。と言っても最近の古典別解釈路線のように有名な物語を 逆手に取ってと言うよりは、おとぎ話が本来持ってるダークな部分や曖昧な部分を素直に上手く活かしてる感じ。
おとぎ話が人を魅了するのは教訓だからじゃなくてそのストレンジな設定と展開からだよね。でも最後に浮かび上がるのはその中で暮らす「人間」という映画。 例えばシンデレラの人間臭い葛藤とか、今までその性格が一切描かれていなかったシンデレラの王子とか、有名な物語なのに新鮮味を感じる。
物語は赤ずきん、シンデレラ、ジャックと豆の木、ラプンツェルのキャラがそれぞれ単体の有名な物語を同時に進行していきながらオリジナルキャラのパン屋の 夫婦の話を縦軸として有機的に絡んでいくという物。ジャックと赤ずきんがあそこで繋がって、2人の王子がここで繋がってとか、これが十分楽しい。
そしてそれぞれの物語がめでたしめでたしを迎えてから1つの話として大きなうねりを見せる先行き不透明の展開がスリリング。ディズニーだからハッピーエン ディングなんだろ?ってのを否定して始まる人生の不条理な面も見せる展開なので安心感が無え。個人的にはここからがちょい長いと思ったけど。
あとミュージカルなんだけど、ミュージカル的な部分を笑おうって視線があるのも面白い。特にシンデレラの王子の場面な! 滝の所で競い合う様に胸をはだける瞬間とか本当最高だし、終盤森の中でのパン屋の妻との 場面で何度も突然真顔になってそんな事歌っちゃダメだろうって事を歌いだす瞬間とかもな。



翌日曜日は街に出て「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才 数学者の秘密」。
面白かった。アラン・チューリングという人が歩んだ秘密と嘘と愛に翻弄された数奇な人生の面白さを前提として、そのチューリングを演じるというよりも体現 したベネディクト・カンバーバッチの素晴らしさがこの映画を特別な物にしてた。
変人で天才でおまけにゲイという「俺達が見たいカンバーバッチ」が炸 裂。もう冒頭の数十秒の台詞で主人公の変人ぶりと天才ぶりがビンビン伝わってくる。更に「可愛さ」までガッツリ拾っててさあ。仲直りしようと林檎を持ってくる場面とか、 同僚が女性を口説いてる時のアホの子っぷりとかマジ萌え死ぬ。
まずはチューリングの「偉業」自体が興味深くて面白いんだよね。第二次大戦時ドイツ軍が使用していた暗号解読、人海戦術では到底処理しきれない天文学的な 膨大な組み合わせを電気処理の機械にやらせようとコンピューターの礎となる装置を作り上げていく過程が面白い(この装置のビジュアルもまた良いんだ)。
ストーリーも単なる悲劇の天才の伝記という側面だけに収まらない魅力が有って、「6人のクロスワードパズル好きが戦ったもう一つの第二次世界大戦」という 歴史ミステリー的娯楽作としても超面白いんだよ。解読装置が初めて暗号を解読する場面とか思わず椅子から身を乗り出すくらい興奮した
そこからのスパイスリラー的な展開とか、神の力を手に入れたが故、神の苦悩まで背負わされてしまうドラマとか、回想で語られる切ないラブストーリーとか、 古い時代だったがゆえに受けてしまった不遇とか、とにかく全編面白さてんこ盛りで一気にラストまでグイグイ引っ張られてしまう。
主人公が取り調べで供述するという体で、3つの時間軸を行き来しながら主人公の人生の全貌が明らかになっていく構成は見事だし(しかもそれをチューリン グ・テストに見立てて最後に「俺は何者だ」と問いかける展開とか唸らざるを得ない)、あと今乗りに乗ってる映画音楽家アレクサンドル・デスプラのスコアも 良い。



イミテーション・ゲームを観た後、この日、小牧市で田縣神社の豊年祭、別名チンコ祭 りが開催されていることを知る。
前から行ってみたいと思ってたんだけどねえ。毎年3月15日固定なんで、平日開催になることが多いのよ。んで、今年は日曜日。次に3月15日が土日になる のはいつか調べたら2020年だったので、これはもうこの機会に行く しかないってんで名鉄乗り込んで行ってきました田縣神社。



もう売ってるお土産とかもチンコ仕様。屋台もこんな感じだ。



隣の屋台の「肉巻きおにぎり棒」も卑猥な意味に見えてくる。
ちなみに一番人気の屋台はやけにリアルな形に加工されたチョコバナナ。 あまりに長い行列に買うのは諦めたんで写真は無いんですが、買った人で口元に持ってきて疑似フェラ写メを撮ってた人が少なくなかったよ。
人が多くてトイレの行列も長かった。特に女子トイレの列はコミケ会場並。男子トイレは比較的サクサク進んだので、チンコ祭りで立ったまま放尿できるチンコ のありがたみを知りました。
屋台で買い食いしたりしてブラブラした後は沿道に陣取って神輿を待ちます。



やけにリアルな描写の幟。一応気を使って刻み海苔を貼っておきました。



ついにチンコ様キター! 大勢いた外国人観光客から歓声が上がる!
人が多くて自分は後ろの方だったんで、ディルドー抱えた巫女さんとかは見れなかったよ(ディルドーじゃねえ)。

最後に餅まきがあって、これがバイオレントな餅まきとして有名らしく、女性、老人、子供の立ち入りが禁止となっており、開始前に「命を大事に」って放送で 注意があるような代物。自分は参加せず遠巻きに見てたんですが、開始して数秒後に危険を察知して中断、再開しては直後に中断を何回も繰り返していました。 その間に俺は帰っちゃったんですけどね。
とにかく屋台での買い食いと沿道での待機で殆どの時間が過ぎてしまった祭りだったけど、取りあえずチンコ祭り参加の実績解除が出来たので良かった。

映画日記再開。
この週末も土曜日にハシゴでまずは「博士と彼女のセオリー」。
今年のアカデミー賞主演男優賞を受賞した、スティーブン・キング博士の伝記映画。困難な運命に立ち向かう天才と彼を支えた妻の物語、つーとウェットな感じ を想像してたんだけど、実際の感触は爽快というか飄々という感じで悲壮感は無し。現代的な夫婦の物語になってた。
これはやっぱホーキング博士自身のキャラクターによるところが大きいのかな。モンティ・パイソンの新作コントに出るような人だもんな。病気によりショック は受けるけど、決して人生に対して悲観する事が無いんだよね。肉体的ハンデよりも空気読めない発言で妻を苛立たせるダメ夫的描写されてるしw
病気により徐々に体の自由が失われていったり声を失ったりとかするんだけど、車椅子が電動になったり、モニター付いたり、人工音声出せるようになったりと カスタマイズされてく状況(本人自体がカスタマイズされてく訳じゃないけどw)に適応していく様とか本当に心強い。やっぱ凄い人なんだなと。人工音声再生 機能付き電動車椅子を手に入れたホーキング博士が、頭に紙袋被って「抹殺セヨ 抹殺セヨ」って人工音声で喋りながら部屋を走り回るシーンでは思わず噴き出したw
そしてそのホーキング博士を演じるエディ・レッドメインがやっぱ凄い。もう本人にしか見えなくて鑑賞中「ホーキングって自然な演技出来るんだな…いやホー キングじゃなかった」と思わせられるレベル。後半、ホーキングの挙動を完コピするのは前提として、更にそこから感情を表現していくんだから。
終盤になって声すら出せなくなる状況まで来ると、台詞はおろか表情での演技すら出来なくて、全身他の部分の動きは制限されたまま顔の筋肉の微妙な動きだけ で芝居をするんだけど、これで喜んでるとか困惑しているとかを観客に伝えるんだから、そりゃあアカデミー賞受賞するわって感じ。
全編ソフトな色調で統一されて描かれる英国の屋外・屋内風景の綺麗さとか、60〜80年代の英国服飾描写とかの映像の良さも含めて映画としてのパッと見の ルックスがとても良い。その中に配置されてる英国メガネ男子堪能映画としての側面も持っている。基本エディ・レッドメイン、イケメンだしな。



続けて映画館を移動して「ナイトミュージアム エジプト王の 秘密」。
やっぱ楽しいわ。ハリウッドパワーを十分に生かした老若男女誰でも楽しめる娯楽ファミリームービーとしてこのシリーズは貴重。完成度の高さで唸らせるとい うよりも「見て楽しい」という娯楽映画の基本中の基本の理念に忠実に従っているという強さ。
このシリーズのキモは「博物館の展示物が動き出す」って所だけど、正確には更に「時代も場所も越えた物たちが一斉に」って所だよね。もうその画さえ見られ ればOK。今回は大英博物館が舞台なんだけど、舞台のスケール感アップよりは出てくる物のバラエティが広がるって所が重要なのかなと。
2では現代アートがウネウネ動いている場面がフレッシュだったんだけど、今回は体の色んな場所が欠けているパルテノン彫像が生まれたての小鹿のようにぎこ ちなく動いてる場面がキモ怖面白かった。他にもインド神話や古代中国神話に出てくるクリーチャーが動くのがフレッシュ。さすが大英博物館。
分かり易いギャグの掛け合いの面白さも魅力。今回初登場のネアンデルタール人、ラー(ベン・スティラー2役)とのコント的なやり取りや、ランスロットの鼻 のくだりとかは劇場内でもウケていた。ウケていたと言えば後半のとある衝撃のカメオ 出演。日本でも有名なスターの上、コント的掛け合いにもガッツリ絡んでたので館内の反応も上々。
でも単にガワの面白さだけでなく芯もちゃんとあるのが良い。今回は父の子離れ。主人公父子は勿論、ルーズベルトと主人公の疑似父子関係にまでケリを付け る。ルーズベルトが主人公に別れを告げる場面は演じているのが今は亡くなったロビン・ウィリアムスというのもあってグッと来ざるを得ない。
あとグッとくると言えば、ルーズベルトがアメリカ大統領としてではなくて「博物館の展示物」としての自分の役割を自覚していくのはやっぱ最終作っていう意 識があって作ったからこそ辿り着いた境地だし、ここいらは「トイ・ストーリー3」的な感慨まであって、館内でもすすり泣きの声が。
あと吹替版で観たんだけど、タレント吹替えのチュートリアル徳井と渡辺直美はプロ声優レベルとは言わないけど普通に上手かったし、キャラに合ってたので台 詞多い割には全然ノイズにならなかったよ。



相変わらず見てるアニメはプリキュア、アイカツ、プリパラと完全女児の私ですが(にしても特に今のプリパラは神懸ってるよな!)、深夜アニメで毎回リアルタイム視聴してるの はデレマス。という訳でお絵描きもデレマスメインなんですよねー。

まずは8話前に描いた、8話の始まりはこんな感じであろう漫画。

武内プロデュース


このアイデアは色々膨らませそう。オッサン向けだが。
続けて8話のかな子が太ましかったのでおもわず描いたかな子絵。



かな子はこういう水着を着るべき。
そして9話の前に描いたきらり達のユニットのステージ衣装予想図。

デコレンジン


という訳でデレマス絵三連発でした。
ところでデレマスのユニットは
Candy
Island
New generations
DEkoration
Rosenburg
Engel
Love
Laika
(A)
CINDERELLAになるのか。となると最後のみく・李衣菜のユ ニットは「アナーキー」とか「アポカリプス」とかいう名前になるのかな。


3月8日(日)
2週間経っちゃったけどアカデミー賞主要部門予想勝負は6部門中4 部門的中で何とか引き分けに持ち込んで薔薇絵を回避。作品と監督を分けて保険を掛けといて 良かった。にしても結局主要部門は各組合賞と同じになっちゃったね。来年以降の参考にしよう。今回も特に大きな波乱はなく、意外だったのは「セッション」 の編集賞受賞くらいだった感じ。
全部門だと24部門中15部門的中。全然だわ。短編部門とかの全然分からないのは別にして、長編アニメとか落としてるしな。いや、「ヒックとドラゴン2」 はアカデミー賞受賞したら日本公開決まるかもという期待も込めた予想だったんだが。
にしても今回のアカデミー賞は作品賞8作品が全て何らかの賞を受賞しているので堂々と「アカデミー賞受賞」って宣伝できるので良かった。

ってんで作品賞候補で音響効果賞を受賞した「アメリカン・スナイパー」。実は 前回の日記描いた時には観てたんだけど感想書いてなかったので今回書くよ。
思ってたよりはアメリカ人によるアメリカ人の為の映画だったけど、政治とかあるいは正義とか云々の前にどんな理由であれどんな人間であれ「人を殺すという のは地獄だ」というのを余計な装飾無しに映し出す凄い映画でした。同じイーストウッドの「許されざる者」にも通じる。
初仕事で母子を狙撃した主人公が後半RPGを拾い上げた子供に武器を捨てろと願うように、タフに見える主人公が引鉄を引く度に魂をすり減らしていってる過 程を共に体験しているようでとてもヘヴィな鑑賞体験だ。武器を捨てろの場面の終わり、主人公が深い息を吐く時、観客も同時に深い息を吐くもんな。
戦場から帰ってきても、人を殺すという地獄が兵士の精神を媒体としてアメリカ国内まで追いかけてきて主人公が壊れていくので戦場を離れても心が休まらね え。主人公がその地獄を振り切れるのか、はたまた獲り込まれてしまうのかは映画を観てもらうとして(この部分のネタバレ厳しいみたいなんで)。
人間ドラマとしてはもうイーストウッドだし間違いないんだけど、戦争アクションの面だけを取り出しても面白い。ミリタリー描写はガッツリだし、ライバルの スナイパーを登場させ対決の構図を作ったりとか、極悪非道な悪役(子供をあんな殺し方するか!?)を出してそれを追う展開を作ったりとか。
クライマックスには砦に籠っての絶体絶命の攻防戦もあり。「フューリー」も最後はこんな感じ有ったけど、アメリカ人のDNAにある西部劇魂なんだろうか。 ただ、この戦いから後の展開とラスト、そしてあのエンドロールという流れが他の戦争映画と圧倒的に違うよな。余韻がハンパない。



んで先週末の土曜日は街に出てハシゴ。
まずは「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」。
何このハードコア・フード・ポルノ! 出てくる料理がことごとくシズル感溢れて超美味そう! 空腹時に観てたらヤバかった。食べ物描写だけでなく、基本的に悪い人は出てこない人情喜劇なので、ほっこり幸福感溢れる映画でしたよ。
物語自体は一度失意のどん底に落ちた主人公が旅を通して生きがいと家族の絆を取り戻すという古典的なものなんだけど、そこにツイッターといったSNSを絡 めてくるのが現代的。そもそもの騒動の発端が主人公がツイッターのDMとリプライの違いを理解してなかったことから起こる炎上だもんなw
主人公一行がフードトラックで移動販売しながらマイアミからロスまでひと夏の旅を行うんだけど、その土地その土地のソウルフードを取り入れつつメニューが 変化していくのが面白い。また同時に土地ごとの音楽も一緒に変化していくことによって、食と音楽のアメリカ紀行といった趣になっている。
マイアミのキューバサンドイッチ、ニューオーリンズの揚げドーナツであるベニエ、オースティンのテキサス・バーベキューといった名物料理もさることなが ら、主人公が彼女の家でサッと作るペペロンチーノや、息子のために作るチーズのとろけるトーストといった何気ない料理も美味そうなんだよ!
熱した鉄板にオイルをひき、2枚のパンを手で軽く押し付けながら万遍なく焼き、ハムとチーズを乗せて良い焼き色が付いたところで2枚を重ね、上からバター を塗ってカットして作るクロックムッシュ(トースト)とか、黄金色の表面にバターの光沢、そして断面から零れ落ちる溶けたチーズが超セクシー!
今回お色気担当は食べ物に譲ってるスカーレット・ヨハンソンとか相変わらずエキセントリックなロバート・ダウニー・Jr.といったゲストも含めアンサンブ ルキャストも見事。子役の良さも勿論だが、すべてを放り出して主人公の元に駆けつけるシェフ仲間のジョン・レグイザモ超良い奴!




続いて「プリデスティネーション」。
人口の大半が吸血鬼となった人類が新たな社会を形成しているユニークなヴァンパイア映画「デイブレイカー」の監督、スピエリッグ兄弟の新作はハインライン 原作のタイム・トラベル物なんだけど、これが映画史に類を見ない衝撃的なタイム・トラベル物だった。
タイム・トラベル物の歴史は「親殺しのパラドックス」に代表されるタイム・パラドックスとの戦いの歴史な訳だけど、如何に歴史に干渉せずに登場人物を動かすかという点において、こんなにアクロバティックな手があった とは! その手法の構築だけで1本の映画を撮り上げたような代物。
歴史への干渉を抑える方法としてこの作品が採った方法は技術的よりも倫理的の方が問題になるような衝撃的な物で、映画史的にも1回しか使えないような手。 人によって感づく場所は違うだろうけど、仕掛けが見えた瞬間は思わず声が出てしまう ような衝撃を受ける。ネタバレになるのであんま言えないが。
時空警察が爆弾犯を追っているらしいアバンタイトルから一転、本編に入ると、酒場を舞台に客の青年がバーテンダーに自分の数奇な人生を延々と語るという展 開が続き、全く先行きが読めなくて、この話はどこに向かうんだろうと不安になるが、後半に入ってからの物語のドライブ感がハンパ無い。
バーテンダーが自分の身分を明かしてからの、前半の身の上話の各断片が一気にビシビシビシと繋がっていく感覚や、その先に見えてくるおぞましくも悲しい全 景がもたらす衝撃とかのシビレ感は本当に物語がもたらす快感に満ちている。登場人物も非常に少ないし規模も大きくないがSF映画はセンスだよな。
バイオリンケース型でアナログなディスプレイが付いたタイムマシンや時間移動の瞬間の描写のセンスもフレッシュだし、非常に複雑な設定のヒロイン(?)を 演じた女優サラ・スヌークの存在感も超フレッシュ。このオーストラリア女優、今後ダニー・ボイルのジョブズ映画にも出るしブレイクするかもよ。



あと先週の日曜日はニチアサの後にBSアニマックスで「プリキュアオールスターズDX みんなともだちっ☆奇跡の全員大集合!」の無料放送やってたんで初めて観たんだけど、これが本当に理想的なオールスターズだった。序盤の日常パートが最後 にガチッガチッと連鎖的に繋がっていく伏線とか、他のプリキュアの存在を知らなかったプリキュア同士が出会うコンタクトSF物みたいな感動とか、各TVシ リーズまで回収するクライマックスとか、最初にこんなもん作られたらそりゃ後はしんどいよなあと思った。

んで春のプリキュアオールスターズ前にプリンセスプリキュアを初描き(にしてもGo!プリンセスプリキュアって略称がまだハッキリ決まってなくない?プリ プリっつーとオジサンはどうしてもあのガールズバンド思い起こしちゃうしなぁ。取りあえず今のところは自分は姫プリってのを使ってますけど)。



姫プリは早くこういう展開をですね。
とにかくみなみ様もきららさんもはるはるを好き過ぎるのが最高です。あとは「ごきげんよう」だし、生徒会だし、つぼみは出てくるし、薔薇の館は出てくる し、マリみてジェネレーションとしては反応せざるを得ない。

この週末は1本だけ。「劇場版プリパラ み〜んなあつまれ!プリズム・ツアーズ」。
成る程、歌と踊りに振り切る方に来ましたか。といってもコンサートフィルム的な楽しみ方も出来るようになってますが、無理にそのノリに持っていかなくても TVの歌番組のように楽しめます。一言で言えば「プリパラ歌謡祭」で した。
プリパラワールドを楽しめるプリズム・ツアーズに参加するという体で、今迄のプリパラの各ユニットのステージを楽しんでいく趣向。パフォーマンス自体は TVでも見た物なんだけど、劇場のスクリーンと音響で観るとやっぱ別物。特にあの情報量が多いステージ衣装は大きな画面で見ると色々と再発見がある。
こんな感じで単に歌番組として最後まで行くのかなと思いきや、プリズムショーの世界に移行する場面で急にドライブ感がかかるのが良い。これぞプリパラ。プ リリズシリーズはあんま見てないんで何とも言えないんだけど、やっぱ「歌謡祭」らしい、ここだけの衣装やここだけのユニットも出てきて特別感ある。
プリパラ歌謡祭という歌番組として見たら、余分な物は無いが必要な物はある(単にパフォーマンスだけでなく、クマとウサギの掛け合いとかも含めて)という 手堅さだし、プリパラらしい暴走する瞬間とかシリーズ見てた人なら分かる小ネタとか笑いの部分も押さえてるし、ファンなら楽しめるんじゃないかな。
あと映画観る前、シネコンのカウンターで「劇場版プリパラ」って言ったら、隣のカウンターにいた家族連れの女の子がビクッと反応してこちらを見上げたのが この日のハイライトでした。



最後にデレマス漫画。デレマスはネタが出てくるので夏コミ受かってたらデレマス本だっただろう(お前ラブライブ!で申し込もうとしてただろう)。

お笑いガマン道場





(画・文 P.I.L.)

戻る