title

 
2013年 4月
4月29日(月)
サボり過ぎにも程がある。一体、この状況についてどうお考えなのかお聞きしたい。
間借りです。
ドキプリ漫画とか、査収物版権絵とか、描き始めてはいるものの下書き段階の途中という体たらく。しかし映画の方は大分感想が溜まってるのでそろそろ吐き出 さないと、もう上映が終わっちゃってる映画も出てきてるしってんで、殴り描きしてなんとか更新するぜ。

3週前は土曜日に港へ行って2本ハシゴ。
まずは「ライジング・ドラゴン」。
ジャッキー・チェン最後のアクション大作と銘打たれてる今作。とにかく観客を楽しませてやろうというジャッキーの過大なサービス精神に支えられた作品。あ れだけアクション映画を作って尚今だにアクションにおいてフレッシュな表現を追い求め続けるジャッキーは偉いな。
お世辞にも構成や展開が見事という作品ではなく、ストーリーに飲み込みづらい点が出てきたりするんだけど(白人ヒロインや、メインヒロインの弟の急に出て くる感とか)、些細な部分だし、逆に間延び感が無いのでこれはこれでいいかな。全体的にはかなりコメディ寄りのノリだしね。
流れ的には、1.ミッション・インポッシブル風ガジェットアクション→2.パリでのドタバタ→3.南の孤島での冒険→4.秘密基地での立ち回り、って感じ なんだけど、小学生的ギャグを盛ってる2と3を飲み込めるかで評価が別れると思う。前代未聞のローラーアクションの1、ようやくカンフーファイトが炸裂す る4は文句無し。
思うにこの作品、子供には大受けすると思うんだよねえ。ファミリー向けアクションコメディ映画として、そこらのファミリー向けを唱っている邦画よりよっぽ どこっちの方をお勧めしたい(ガチアクションや細かいくすぐりは大人も楽しめるし)。是非ジャッキー童貞の子供達に衝撃を受けて欲しい。



そして2本目「パラノーマン ブライス・ホローの謎」。
「コララインとボタンの魔女」のスタッフによるストップモーションアニメの新作。コララインの時も思ったけど、高度に訓練されたストップモーションアニメ はCGと区別がつかないな。特に表情の豊かさ。質感に関しては当然こちらの方が上だけど。
死者と会話が出来る少年の話。古典ホラーに愛を込めまくって垢抜けないギャグを繰り返しながらも、終盤にシリアスな設定と展開が待ち受けている、萌え4コ マで皆が理想とする形(褒めてるように聞こえない?)。特にラスボスがヒロインって のは悶えるよな! 最後、主人公の肩に頭を預ける所とか!
中盤、ゾンビが出てきてから、「フランケンウィニー」的ドタバタになるかと思いきや(自販機の場面は笑った)、途中から風向きがおかしくなり、「魔女の呪 い」の正体が明らかになった時には、ゾンビという存在にまだこういう使い方もあったのか!と膝を打ったよ。
そこからは一気に「負の連鎖の断絶」という壮大なテーマまで踏み込んで行く。ラストバトルはもうファイナルファンタジーの世界にまで行っちゃってたし、ス トップモーションアニメながら映像的にもとても豊潤だったよ(序盤の登校シーンで死者達が一斉に見えるようになった瞬間の素晴らしさとか)。



んで日曜日は地元のコスプレイベント行って
たら絵日記描く間無く、週 末終わっちゃいました。

2週前はまず土曜日は街に出て、シュタゲ劇場版の行列を脇に眺めつつ「天使の 分け前」。
スコットランドを舞台に、社会の底辺にいる若者が人生の大逆転を狙う様子を暖かい視線と軽やかなユーモアで用いて描いた作品。鑑賞後に非常に爽やかな余韻 を残す好作。特にタイトルの言葉が出てくるラストな。このストーンと腑に落ちる感じ がたまらなく心地良い
テイスティングの才能を発揮させた主人公が、その能力を使って成功を掴む話かと思ってたけど、逆転方法がそれかい! ってのは、ハマれない人にはモヤっちゃうと思うんだけど、前半で過酷な状況を(重くなり過ぎない程度に)きっちり描いているし、まあ、ありかな。被害(を 自覚してる)者もいないし。
何しろ、この映画での主人公の成功とは「職を得ること」だからねえ。生まれた環境によって人生を決められてしまう主人公がそこから抜け出す為には、ってこ とだし、それよりも、何をした人が「天使」なのかってのがメインのメッセージだと思うよ。ここは素直に感動する。
にしても、全編を通じてスコッチウイスキーが大きくフィーチュアされてるんだけど、劇中のスコットランドの素晴らしい景色とあいまって、酒飲まない俺でも スコッチウイスキー飲みたくなるわ。



日曜日は近所のシネコンで「リンカーン」。
リンカーンの偉業の中で“憲法修正13条案の可決”にのみ思い切り絞り込んだ政治劇。南北戦争時を描きながらも派手な戦闘シーンとかはグッと抑えて、スピ ルバーグ先生らしからぬ会話での応酬メインなのでルックスはかなり地味目となっております。
映画自体が奴隷解放宣言やゲティスバーグの演説が既に終わった所からスタートしてるんだけど、そもそもの奴隷解放宣言が一部の地域で戦時中のみしか効力が 無い軍事措置でしかなかったので、アメリカから奴隷制度を恒久的に撤廃するためにリンカーン達が憲法改正に尽力する話。
ってのを事前に知ってないと飲み込みづらいかも(俺もパンフの解説読んでようやくちゃんと把握したんだけど)。んでこの修正案を可決するための票の取り合 いってのが話のメイン。党内での各派との調整、それでも足りないのでロビイストを使っての野党からの引き抜き、という丁々発止のやり取り。
家庭内の確執なんかを少し絡めながらも、南部の使節団の到着というタイムリミットを設けて、無事に修正案が可決することが出来るのか、というサスペンスの 頂点を持ってくる議会での評決のシーンはそりゃあ盛り上がるというもの。終盤が一番盛り上がるってのは近年のスピ先生にしては珍しいんじゃね?w
もちろん役者、特にリンカーン役のダニエル・デイ=ルイスの素晴らしさは言うまでもなく。普段は小咄好きな好々爺って感じなのにここぞという所で見せる激 情とかね。ホント「偉人」っぷりを体現。脇もまた隅々まで贅沢なまでに名優を配置。ジャッキー・アール・ヘイリーやジョン・ホークス、ジャレッド・ハリス まで出てきたのは驚いた。



んでこの日は映画観た後、サウナでずーっとダラダラ過ごしてたら絵日記描く間無く、週末終わっちゃいました。

先週末は土曜日にまず街に出て「ハッシュパピー バスタブ島の少女」。
バスタブと呼ばれるコミュニティーで父親と逞しく生きる少女の話。想像以上に非常にポエティックな映画でした。最初はよつばと的な自分の理で行動してきた 少女が様々な出来事を経て、世界の理に気がつくお話。
そういうスケールの大きなテーマを小さな舞台で、言葉に頼らず生々しいが美しいビジュアルで語るというのが本作の最大の売りかな。映像は本当にハッとさせ られる瞬間が何度も訪れる。タイトルバックの暗闇の中を花火を持って駆け回るカットからクライマックスの猛獣との対峙、そしてラストの波が押し寄せる道路 まで。
場所や時代を明確にしないのもおとぎ話感が強い要因。ジブリっぽいという評価もなるほどそう言われれば、という感じ。話的にも映像的にも宮崎駿作品の手触 りがある。ラピュタやもののけよりは、千と千尋やポニョのライン。実写版ジブリとして観るのもありかも(ファンタジー度はかなり低いが)。



映画が終わった後、映画館を出て別のフロアのタワレコに着いたところでスマホを紛失してることに気付く。映画前には持ってたので、十中八九映画館の中で落 としてるのだが、取りに戻ったらもう次の上映が始まってて中に取りに入ることが出来ない。結局上映が終わるまで2時間近く時間つぶす羽目になりましたと さ。
その間に新しく移転したとら のあな名古屋店に行ったりしてましたよ。名古屋駅から歩いて行ける距離になったので助かるわ。フロア数は増えましたが、フロア面積は旧店舗よりは 小さ目でした。

土曜の夜は近所のシネコンのレイトで、待ってました「アイアンマン3」。
1〜3を3部作として締めくくるにふさわしい見事な作品でした。アイアンマンらしいユーモアはもちろん備えているものの3作中最もシリアスなトーン。そし てアイアンスーツよりもトニー・スターク本人を前面に押し出した展開。トニーが生身でアクションするシーンが結構多い。
これがラストに提示されるテーマにバチっとハマってるんだよね。あの締めの台詞! あの時と同じ言葉だけど意味合いは違うというあの台詞で終わる瞬間の痺 れ度は異常。あと今回もまたトニーが克服すべき問題を抱えるんだけど、「アベンジャーズ」由来の物なので2の時の毒素ような唐突感は薄め。
そしてスーツの出番はラストでババンと大放出(CMとかでも出てるけど)。これがただの物量作戦じゃなくてコンビネーションバトルを繰り広げるのが爽快だ し、何といっても「着脱」というギミックを最大限に活用したラストバトルが気持ち良過ぎる。3作目にしてアイアンスーツのバトルをネクストレベルに持っていくとは!
メインキャラは十分固まってるけど、今回悪役として初参戦のガイ・ピアース(「メメント」の主役の刺青男ですよ)とベン・キングズレー(「ガンジー」から 「ディクテーター」まで)の二人も良い仕事してる。マンダリン演じるオスカー俳優のベン・キングズレーのその多彩なキャリアを反映させた今回の仕事っぷり は流石。
もちろん今回もエンドクレジット後のオマケ有り。冒頭のモノローグ演出をああいう風に繋げていくとはw 
あと、もちろん今回もスタン・リー御大の出番有り。満面の笑顔は必 見!w



アイアンマンが終わって家に帰ってきたのが深夜遅くなってから。んで、日曜日は
ひたすら寝てたら(プリ キュアの時間だけ起きてた)絵日記描く間無く、週末終わっちゃいました。

ってんで、日記描けなかったのがおわかりいただけただろうか?
それでは急遽殴り描いたヌルオタ女子高生ダベリ漫画だけ貼ってオツ。

フロスティング・オン・ザ・ビーター




4月7日(日)
先日、知り合いがフルカラーのエロ漫画を描いてきたというので見せてもらったら、クリトリスが緑色に塗っ てあったので、「いや、豆って本当の豆が埋まってるわけじゃねーよ」と注意する…夢を見ました。隔週 間借りさんです。

最近のトピックスって、まあ、特に無いんですが、あ、ブレイブリーデフォルトをクリアしました。久々にRPG…つーかゲームをクリアしたな。にしても俺の ゲーム欲衰退は恐ろしいくらいで、先日買ったメタルギアライジングはずっと停滞中だし、ドラクエXすら課金は続けてるのに2か月近く放置中。やべえ。
しかも据え置き機だけでなく携帯の方もで、モバマスも最近長い間ログインしてないし、グリマス始めたのにこれまた同様だし(つかグリー入ってからスマホに メールがバンバン来てウザいんだが)、パズドラもまた最近やってねえなぁ。俺、普段何やって時間過ごしてんだ?
…本当に何やって過ごしてんだ…?

あと最近のトピックスと言えばライムスターのライブ行ったくらいか。ライブなんて年に1回あるか無いかなんですが(近年はSAKAE SP-RINGがあるので1回プラスもう1回あるか無いかです が)、全席座席のホールライブは久しぶりだなぁ。多分前回は90年代後半の 電気グルーヴ。
ホールライブってことで明確な着席ポイントも作ってあって、指示待ち人間の 俺らとしたらやりやすかったですし、仕事帰りのおじさんにはありがたかったよ。
ホール規模ってことで間口の広いライブになってたなぁ。2枚使いをVTRで説明するとか、あと「B-BOYイズム」がセットリストから消える日が来ると は。

先週は久々に映画館行かない週末でした。んで、今週も1本だけ。2週間に1本だとなんか少ないような気がしてしまうね。
ってんでこの週末は先週観に行ってなかったんだけど評判良かったので行ってきました。「劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME」。
劇場版っつーことでよそ行き仕様になってるのかなと思いきや、結構深夜アニメマナーに則っていた。でも元のバランスがいいので、そのバランスを崩さないこ とによって感動も萌えも楽しめるTV版同様の良作になってましたよ。
観終わった後、66分という尺を知ってビックリした。TV版があるとはいえ、1時間でこれだけの充実感を提供出来るとは。他の映画も見習うべき。でもTV版を全く知らないで観ると絞りきれてないって印 象があるかもね(例えば前知識皆無で観たら誰が主人公か分かりにくいとか)。
でも間をたっぷり取ったりして「ザ・日本映画」的な風貌にする事も出来たと思うんだけど、TV版のあの感じの再現を第一に置いた作りは正解というか誠実だ と思います。TV版を見た人に対しても、これで初めて触れるという人に対しても。
しかしあれだけの尺で程度の差こそあれ主要キャラの成長・変化を盛り込み(みんちのそれの無駄のなさ)、他のキャラにもしっかり自分の仕事をさせる(特に 巴さんな!)手際の良さは見事。ただ、最後の皐月の気付きを台詞で全部言っちゃうのは尺使ってもいいから別の方法無かったかなと思ったけど。
にしても劇場版の新ヒロインaka皐月ですよ。実質今回の主役。緒花は自分を皐月に重ね合わせ、皐月は自分をスイに重ね合わせるという今回のメインストー リーの要。ラストの三つの時間軸で三人の皐月が同時に走り出す瞬間映画的カタルシスに満ち溢れてる
あと、花咲くいろはと言えば、あのエロティシズムも健在! 大スクリーンで太ももが! うなじが! お風呂シーンも複数有り!



ってんで今日は花咲くいろはお絵描き〜。



劇場版新ヒロイン松前皐月さん。花咲くいろはヒロインのサガでのっけからブラスケの洗礼。



最初のお風呂シーンの巴さん。みんちが巴さんに「何やってるんですか?」って訊く場面、下の毛の処理をしてるって思ったのは俺だけじゃないよな。

映画館に行くのが少なかった代わりにってんでここんとこの週末はレンタルDVD借りてきて観てたりしてましたよ。「007/スカイフォール」(劇場に観て るのに)とか、「ディクテーター 身元不明でニューヨーク」(サシャ・バロン・コーエンは脚本有りの劇映画でも本っっっ当に酷いなw)とか、「プレミア ム・ラッシュ」(都市型自転車アクション)とか、「リンカーン弁護士」(マシュー・マコノヒー・プチ祭り1本目。ダーティーヒーローっぷりがカッコイイ) とか、「キラー・スナイパー」(マシュー・マコノヒー・プチ祭り2本目。これは凄まじかった。ウィリアム・フリードキン監督、70超えても尖がってん なぁ)とか。

最近になって俺の中にもガルパンブームが来ましたよ!(遅い)
評判を聞いて途中から録画を始めたものの、そのままHDDの肥やしになってたんですが、先日のマラソン配信でチラ見して「アレ? これ面白くね?」と思っ て(遅い)、最終回の前に録画した分を一人マラソンしてから最終回を見て涙ぐんだりしてましたよ。
録画してなかった前半部分はレンタルで補完しようと思ったら近所のTSUTAYAに置いてなかったので、補完のためにバンダイチャンネル登録しましたよ。
ってんで今回はガルパン漫画。まあまだ手探り状態ですが。

フラグ


そういや、GWに大洗でガルパンオンリーあるのね。興味あるけど、でも、コム・ライク・ヘル (地獄のように混む)だろうなぁ。
しかし毎年上京がコミケの時だけなので、GWあたりにも上京したいんだよねぇ(うちの職場は祝日無いので、土日以外が休めるのが盆と正月とGWしかないの だ)。先日名古屋のコミティア行って出張見本誌コーナーをディグってたらやっぱ東京のコミティア行きたくなったしぃ。どうせあれだろ? 東京はイベントだ らけなんだろ? GWともなれば石を投げればオンリーイベントに当たるくらいなんでしょ? 無計画に上京しても何かしらのイベントハシゴできそうなんだよ なぁ。


 (画・文 P.I.L.)

戻る