title

 2011年 1月 

1月30日(日)
いやね。この週末は休日出勤が入ってしまいましたので縮小更新でお送りいたしますよ。
もうゲームもする暇ありませんでした。モンハンもやっと村クエの★3をコンプした所。

今週の査収物は「放課後プレイ3」(黒咲練導)。もうおかゆ一つ食べるだけで大騒動さ!

そういや、その放課後プレイの影響か、けいおん!の唯ちゃんの影響か知らないけど、最近ホントに黒ストッキング流行ってるのな。先日駅で女子高生7人の集団を見たんだけど、生足は1人だけで、残りの6人は皆黒ストッキングだったよ。
あと、今はその黒ストッキングの上に黒いソックスを重ねて履くのが流行りなの? ここ数日、毎日のように見るんだけど。ソックスっつってもルーズっぽい感じの。あれはソックスじゃなくてレッグウォーマーの類なのか? 最近寒いからなぁ。

休日出勤が入っても映画は観に行くぜ。ってんで今週は「RED/レッド」。
良質の娯楽作品だったよ。クセ者高齢キャスト大集合。ジジイ版エクスペンタブルズみたいなのを想像してたら、脚本も演出もずっとスマートで、ジジイ版ジェイソン・ボーンだった(コメディ色強めだけど)。物足りなさを感じる部分が無いでもないが、それを補って余りある楽しさ。リラックスして楽しむには最適。

来週末は休日出勤は勘弁してもらいたい。「ウォール・ストリート」「ザ・タウン」「ウッドストックがやってくる!」「エリックを探して」と気になる映画が目白押しなので。

そういや、前回の日記で穴埋めで書いたアカデミー賞ノミネーション予想は結局、主演女優賞コンプ、他の部門はそれぞれ1つ外すという結果で30/35の正解率。想像よりもずっと良かった。しかし某所の予想コンテストでは去年は入賞ラインが31/35だったからなぁ。主演男優賞にハヴィエル・バルデムを挙げていれば…。

今年の長編アニメーション部門。ノミネート枠3本中、「トイ・ストーリー3」「ヒックとドラゴン」は当確。残り1枠を3〜4本の有力候補が争っていたわけですが、大ヒットした「怪盗グルーの月泥棒」や「シュレック・フォーエヴァー」「塔の上のラプンツェル」を押しのけてノミネートを勝ち取ったのが、「ベルヴィル・ランデブー」のシルヴァン・ショメ監督の新作「イリュージョニスト」。予告編からもビンビンに漂う名作臭!
ずっと観たいなぁと思っていたんですが、今年の春にジブリの配給で日本公開されるんスね。名古屋でも公開されるといいなぁ…と思ってたら、4月9日名古屋公開が決まってた!

アカデミー賞の授賞式の時には毎年恒例、薔薇絵を賭けた主要部門予想(一人)対決をするんですけどね。個人的には作品・監督は「ソーシャル・ネットワーク」でウッボーと思ってたんですが、前哨戦最重要の米製作者組合賞と米監督組合賞を「英国王のスピーチ」が受賞して予想が一気に難しいものに…。

賞レース、ソーシャル・ネットワーク、っつったら、ゴールデングローブ賞の作曲賞を「ソーシャル・ネットワーク」のトレント・レズナーとアッティカ・ロスが受賞しましたが、授賞式のトレント・レズナーがまぁ、裏方っぽいっつーか、全くロックスターに見えないw。監督のデヴィッド・フィンチャーの方がよっぽどアーティストっぽく見える。

今日はハートキャッチプリキュアの最終回。しかし、日曜の朝は不吉な夢で目を覚ましたんですよ。
朝起きたら既に10時を過ぎていてプリキュア最終回が終わっていたという夢。ガバッと起きて慌てて時計を見たらまだ朝の7時前でした。めっさビビったよ。
朝8時の目覚ましをセットしているので(オーズも観るため)、一安心して二度寝したら次に目が覚めたのが朝の9時過ぎだった…
目覚ましの時刻は合わせていたが、スイッチを入れ忘れていたという痛恨のミス。よりによって1年間追いかけていたアニメの最終回で…。もう慟哭ですよ。
まあ、最終回だけは視聴するけど録画もしておこうと、昨晩録画予約していたので番組自体は観れたんですけどね。でもリアルタイムで皆と分かち合いたかった。

んで来週からはスイーツプリキュア。早速バンバン玩具のCM入れてましたけど。
ってんで、スイプリ漫画。スイーツプリキュアの第1話には必ずこんなシーンが入ると思うんだ。

1週間前に思いついたネタだけど、1週間寝かせたら大分熱が冷めちゃったなぁw。


1月23日(日)
ちーす。
眠いす。

そういや最近査収物報告していないような…。って査収物自体が無いんですけど。
そんな私の今週の査収物は、月刊kashmir第2弾、「デイドリームネイション」3巻(kashmir)。相変わらず荻野さんのノースリーブっぷりがエロい。

ゲームは休日にブラックオプスをチョロチョロと。
そういや、ブラックオプス発表時に、地獄の黙示録等の映画を参考にとかいうニュースがあったなぁ。じゃあボートで川を上るミッションとかあってもいいよなぁ、なんて思っていたら、ちゃんとボートミッションがあった! しかもそこでストーンズの「悪魔を憐れむ歌」が流れてきたのでテンション上がりまくり。気分はマーティン・シーン。

あとはモンハンも移動時間を使ってチョロチョロと。
土曜の夜にかしんさんがアドパで部屋を開いていたんで、突撃してみたよ。したら皆HR6で、俺だけHR1
もうブルワーカーの広告のヒロシ君みたいに、「私はまさに貧弱な男の見本だった」状態。このヒョロっとしたヤツをどうにかしなきゃなんねえってんで、キークエ集中トレーニングで、たくましい胸をつくる運動・男らしい腕をつくる運動・力強い腿をつくる運動で、「まったく」「簡」「単だ」と、一晩でジンオウガまで倒しHR3に。明日からまた一人で頑張れるよ。

この週末は土曜日に街に出て、今月になって名古屋で公開が始まった「白いリボン」。
観客を甘やかさない映画だったなぁ。めっさ疲れたよ。「その後ナチスになる子供達」っつうアイデアにはホウと思った。
家に帰った後近所のシネコンに向かい「グリーン・ホーネット」。
楽しかったよ! ミシェル・ゴンドリーはこういうちゃんとしたアクション大作も出来るのね。映像も他のアクション映画では見られないようなゴンドリーらしさも挿入しつつ、それが過剰にならずに娯楽作品としての体裁をしっかりと保ってた。
セス・ローゲン脚本・主演なのでやっぱコメディ寄り。個人的には悪党が色んな物の下敷きになる天丼ギャグ(ギャグなのか?)に笑った。それから、最初の方でジェームズ・フランコがカメオ出演(結構台詞ある)してたのは嬉しいオマケだった。
近所のシネコンでは3D吹替え版しかなかったのでそれを観たけど、個人的には2Dで十分だよと思った。あと、セス・ローゲン主演作が日本で劇場公開されることはめったに無いだろうから、個人的には字幕版で観たかったかも。

今日のお絵描き。
先週、ムーンライト・ダーク姉妹漫画描いたけど、今週の放送で公式に姉妹告知来ちゃいました!
ってんで、ムーンライト・ダーク姉妹漫画。ただ、ネタが思いつかなかったんで、デイドリームネイションから拝借いたしました。

デイドリームシスターズ

1ヵ月後にはアカデミー賞の発表。
毎年恒例の主要部門受賞予想はやるんですが、近年は実は主要部門ノミネーション予想もやってまして、今回はそれを書いて日記の行数を(かなり)稼ぐよ! ちなみにノミネーションの発表は今度の火曜日。

作品賞
ソーシャル・ネットワーク
英国王のスピーチ
ブラック・スワン
インセプション
トゥルー・グリッド
トイ・ストーリー3
The Fighter
Winter's Bone
キッズ・オールライト
ザ・タウン

監督賞
デヴィッド・フィンチャー(ソーシャル・ネットワーク)
クリストファー・ノーラン(インセプション)
ダーレン・アロノフスキー(ブラック・スワン)
トム・フーパー(英国王のスピーチ)
ジョエル&イーサン・コーエン(トゥルー・グリッド)

主演男優賞
コリン・ファース(英国王のスピーチ)
ジェームズ・フランコ(127 Hours)
ジェシー・アイゼンバーグ(ソーシャル・ネットワーク)
ジェフ・ブリッジス(トゥルー・グリッド)
ライアン・ゴズリング(Blue Valentine)

主演女優賞
ナタリー・ポートマン(ブラック・スワン)
アネット・ベニング(キッズ・オールライト)
ジェニファー・ローレンス(Winter's Bone)
ニコール・キッドマン(Rabbit Hole)
ミシェル・ウィリアムス(Blue Valentine)

助演男優賞
クリスチャン・ベール(The Fighter)
ジェフリー・ラッシュ(英国王のスピーチ)
ジェレミー・レナー(ザ・タウン)
アンドリュー・ガーフィールド(ソーシャル・ネットワーク)
マーク・ラファロ(キッズ・オールライト)

助演女優賞
メリッサ・レオ(The Fighter)
ヘレナ・ボナム=カーター(英国王のスピーチ)
ヘイリー・ステインフィールド(トゥルー・グリッド)
エイミー・アダムス(The Fighter)
ミラ・クニス(ブラック・スワン)

ってな感じで。 別に薔薇絵をかけたりとかはしないんですが。
前哨戦前半に活躍した「127 Hours」を大分オミットする形になっちゃったのが気になるのと、無難に行き過ぎてこれといったサプライズを挙げられなかったのが残念。
サプライズがあるなら外国映画勢から主演男優賞のハヴィエル・バルデムとか主演女優賞のノオミ・ラパスとか。あとスター監督が好きなので監督賞のベン・アフレックとかあると面白いなとか。

あと今回の注目部門は外国語映画部門で日本の「告白」がノミネートされるかどうかですね。1次審査突破の9作品の中に入っているので、最終ノミネートの5作品の枠に入るのは単純に計算しても5割以上の確率。


1月17日(月)
ども。P.I.L.です。(たまに思い出したようにこっちの名前で挨拶)

先週は仕事が忙しかったんで(土曜日も出勤になっちゃったし)、日曜日は雪で外に出れないし、とにかく寒かったんで、完全休養日にして、ひたすら布団の中で寝て過ごしました。
ってんで、サボるつもりだったんですが、ネタが1個描けたんで、月曜になって簡易更新〜。

ネタの前に、土曜日は休日出勤だったんですが、午前中で終わったんで午後から「ソーシャル・ネットワーク」観てきたよ。
今日発表されたゴールデングローブ賞でも作品・監督・脚本・音楽の4冠を獲得した今年の賞レースの大本命。多分アカデミー賞も獲る。
ソーシャル・ネットワークは音楽担当がトレント・レズナーなんで、アカデミー賞でトレント・レズナーがオスカー獲るところ見たいなぁ。同じく賞レースの先頭集団にいる「ブラック・スワン」の音楽担当はクリント・マンセルなんだけど、こちらはアカデミー賞ノミネート対象外になっちゃったみたいで残念(「白鳥の湖」アレンジで完全オリジナル楽曲じゃないからとか)。両方ノミネートされたら、アカデミー賞の舞台でナイン・インチ・ネイルズvsポップ・ウィル・イート・イットセルフの構図が出来たのに。

あ、映画の方は面白かったよ! でも面白さを伝えるのが難しいなぁ。ドラマなんだけど、画的にも演技的にもドラマチックなフックは取り除いてある。あの更新ボタンを押し続けるラストシーンに辿り着いた時の、正にも負にもまったく振れていないニュートラルな感情をどう説明していいか分からない。
脚本はホント会話シーンとかでの情報の提示の仕方が憎たらしいくらいスマートで上手い。そんな完璧な脚本と完璧な役そして者陣(ジャスティン・ティンバーレイクもハマってたよ)がピタッとハマり、何十回ものテイクを重ねあげて、完璧にヤスリがけした映画は、接合面が見えない丁寧に作られたプラモのよう…って、あんまり褒め言葉っぽく聞こえないかw

映画を観た後にパンフの最後のページのキャスト欄を見て度肝を抜かれたんだけど、双子のウィンクルボス兄弟って一人の役者が演じていたのか! 兄弟の片方だけ2人分のクレジットがあるので、撮影は2人の俳優で撮影して、後でベンジャミン・バトンの時みたいにCGで顔だけ貼り付けて合成してたってこと!? デヴィッド・フィンチャー、ハンパねえ…。

最後に今日のお絵描き。
ハートキャッチプリキュアがいよいよ大詰め。今回、サバーク博士がゆりさんの父親であることが明かされましたが、ダークさんはサバークの娘みたいなもんだから、つまりムーンライトさんとダークさんは姉妹と言っても過言ではないわけですよ。
んで、最後の戦いが終わってポワワワーンってなった後は、ダークさんはサバークと一緒にゆりさん家に入り、ゆりさんの妹として暮らすことになるっつー展開を希望しているわけですよ。

私の妹がこんなに黒いわけがない


1月9日(日)
正月休みですっかり遅くまで眠る体になってしまって、仕事が始まったっつーのに朝が眠くて眠くて…。
なんか正月ボケが抜け切らねえ。いまだにショウガツ・フィーリング。休みの日にゃ同人ショップ行って冬コミ新刊補完作業してるしな(それは別にいいだろ)。

モンハンは移動時間を中心にちまちまとプレイしてますよ。まだ村クエ★3なんスけどね。集会場は手付かずです。一緒にゲームをする友人関係が非常に希薄なので。友人関係が愛と勇気だけのアンパンマンといい勝負。現在ルドロス装備が揃ったところですよ。双剣がデフォなんで(私は宗教上の理由で防御が出来ないため)、無食珠と組み合わせて、腹減り無効とランナーを発動させて大分快適な立ち回り生活に。
あとは実はコミケ4日目に地元のビックカメラで買っていた「コール・オブ・デューティー ブラックオプス」をペロペロとプレイしてたりしてましたよ。キャンペーンしかやってないけどな。

そういや、ブラックオプスが世界売り上げ10億ドル突破っつーニュースがあったけど、映画の世界だと世界興収10億ドルっつったら「ダークナイト」クラス。ちなみに世界興収10億ドル突破映画は現時点で7本しかない。上から、アバター、タイタニック、ロード・オブ・ザ・リング王の帰還、パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト、トイ・ストーリー3、アリス・イン・ワンダーランド、ダークナイト。
…アリス・イン・ワンダーランドぉ!?

映画はこの週末から今年公開の映画がスタート。ってんで「アンストッパブル」と「スプライス」観てきたよ。

アンストッパブル」。暴走した列車を2人の男が止めるという点だけに絞り非常にシンプルな作りにしたのは正解。デンゼル・ワシントンとクリス・パインが出てるけど、あくまで主役は列車。えらい評判が良いけど、大傑作とは言わないまでも、100分間気楽に楽しむには丁度良い塩梅の作品。
後半にパトカーが全く無駄に横転してたシーンがあったのに笑った。前のサブウェイ123でも似たようなのあったよな。予告編に使う用?

スプライス」。ジャンル的には「バイオホラー」なのかな。しかし、予想を超えるド変態映画だった! のっけから10年に1本クラスのきしょいオープニング・クレジット。そしていきなりチ○コみたいな生命体が2匹出てきての求愛行動を見せられる(それを見てのヒロインの第一声「So Cute!」。可愛くねえよ!)。
しかしこのチ○コも脇役。チ○コに人間のDNAを掛け合わせた今作のメインクリーチャーの、「人間未満〜イレイザーヘッドの赤ちゃん以上」の、造形の不気味さ! さらにそれに女児用ドレスを着せるもんだから、頭がクラクラする。
このメイン・クリーチャーが成長していくにつれ、かなり人間に近い造形になっちゃってつまんないなぁなんて思っていたら、そこにも罠があったとは。終盤の展開が普通のモンスター物っぽくなっちゃって、そこが残念だったんですが、悪趣味なものが見たい人ならオススメ。

来週は「ソーシャル・ネットワーク」、再来週は「グリーン・ホーネット」かな。
今年も色んな映画が観られますように、と。

今月末にはアカデミー賞ノミネートの発表ですが、賞絡みの作品がこれから公開されていくので楽しみ。
前哨戦でぶっちぎりのトップを走り作品賞本命と言われる「ソーシャル・ネットワーク」が来週。主演男優賞の本命で他の主要部門にも絡んでくるであろう「英国王のスピーチ」、ベン・アフレック監督2作目のクライム・ムービーで助演男優賞ノミネート候補「ザ・タウン」が2月。コーエン兄弟の新作で現在米でヒット中、主要部門に絡んでくるのが必至な「トゥルー・グリット」が3月。主演女優賞本命の「ブラック・スワン」が今年の春…等等。
あとは主演男優賞対抗馬の「127hours」や助演男優・女優の有力候補「The Fighter」の早い日本公開が待たれます。

賞絡み以外で今年気になっているのが、宇宙戦争+ブラックホークダウンみたいな「世界侵略:ロサンゼルス決戦」(凄い邦題付いちゃったな。ちなみに原題は"Battle:Los Angeles")。(予告編
そして「300」「ウォッチメン」のザック・スナイダー監督のオリジナル新作「エンジェル・ウォーズ」(酷い邦題付いちゃったな。ちなみに原題は"Sucker Punch"。「サッカー・パンチ」だとマラドーナの映画だと勘違いされるから?)。(予告編
共に予告編はかなりシビれます。日本公開は両方とも4月。

邦画だと気になるのは園子温監督の新作「冷たい熱帯魚」(名古屋は3月公開かぁ)。そして今日発見したんだけど、こんな映画作ってたんだね。「劇場版・神聖かまってちゃん(仮)」。しかも監督・脚本が「SR サイタマノラッパー」の入江悠!

冬コミ終わりでダラダラしてて漫画モードに入らないので、エロい絵でも描いて羽を伸ばすぜ。
誰描こっかなあと考えている時に見た、けいおん!の和ちゃんのキャラソンのジャケが可愛かったので、和ちゃんを描くことにしました。けいおん!で一番エロいのは和ちゃんだよね。頼めば「仕方ないわね」って言ってどんなエロいことでもしてくれそうじゃないですか!
足の指を舐めて、とか。

おっぱいを電マで責めさせて、とか。

今日はエロ絵だったんで今日のマリみては休みだけど、CG定点観測さんの「今日のマリみて」が先日「今日のラノベ」に統合されましたが、「今日のマリみて」って2002年10月からあったんだねぇ。当時の他のカテゴリーは「今日のラグナロク」「今日のシスプリ」「今日の月姫」…。


1月3日(月)
あけおめは言わないぜ。何故なら昨日言ったから。間借りです。
とりあえず年賀絵描けたので貼るよ。

ベタだけどウサ・ギガンティア。今回描かないと次に描けるのは2023年だからな。

それでは2010年にケリをつけるために今からレポ書き〜。

12月29日(1日目)
前日28日に仕事納めをしたものの、風邪が治らないどころか若干悪化してるくらいで、28日の夜は何もせずに早く寝たんですよ。
んで、この日起きたのが午前10時過ぎ。これからポップ作って、サークルチェックリスト作って、荷造りして、上京して…え、マジで?
充電関係だけは済ませていたんで、同人誌表紙画像データをそのまま使ってポップを作り、前回のデータを流用してサークルチェックリストを作り、東京で「キック・アス」を上映している映画館(3館)の地図と上映スケジュールをプリントアウトした(最後のはコミケ関係無えだろ)。
そしてチャッチャと荷造り。冬は大量のTシャツが必要ないので若干軽め。今回は風邪引き中なので風邪薬と鼻炎カプセルを一緒に持って行きました。ピルケースなんて洒落たものを持ってないので瓶のまま鞄に突っ込んだよ。

もろもろの準備していたら上京して東京着いたのが夕方6時頃。まあ、1日目はコミケ行かないからいいんですけどね。
んじゃ映画でも観に行くべえと思って、一応渋谷シネセゾンに電話入れてみたら、最終19:00の回は既に満席だった。まあ、そうかあ。土日は全回満席になるって話だったもんなぁ。ってんで、とりあえず次の日の最終19:00の回の席をネット予約して、定宿の上野のカプセルホテルにチェックインし、荷物を預けたあと、映画が無しになって余った時間で久々に秋葉原なんぞに行ってみた。
しかしアレだな。秋葉原は普通に道端にメイドがごろごろ落ちてるな。路傍のメイド。
アキバに行ったものの、結局とらとZINを覗いて終わったんですけどね。買ったのもマリみて新刊のみ(結局上京中は読めなかった)。
んで上野に戻って、それでも寿司は廻っている店(通称:それ寿司)で晩飯食ってオツ。12時頃に就寝〜。

12月30日(2日目)
5時頃カプセル内にて起床。今回はちゃんと眠れたかな。大浴場で一っ風呂浴びて、上の駅構内のカフェで軽い朝食をとって国際展示場へ。
8時過ぎにビッグサイト・イン。今回はいつものヨシーが仕事なんで、ぶる姉を売り子として招集。2人でせこせこと設営。しかし、今回はコピー誌も無いし、売り物も新刊1冊だけってんでサクッと設営完了。


開場前

本は1種類しかないし、ポップも表紙の使い回しだしで、えらい殺風景な卓上。この時点でまだ風邪が治ってなくて鼻水が止まらなかったので、机の左奥の方に鼻かむ用のティッシュがボックスで置いてあります。机の上にティッシュのボックスが置いてあるスペースは冬コミの全サークルの中でも片手で数えるくらいしかいないと思うのだがどうか?(何の自慢だよ)

とにかく横の繋がりが少ないウチのスペースなんで、開場前もダダさんが挨拶に来て、るかさんの所に挨拶に行ったくらい。西はそんなに寒くないなぁなんて思っていたら、目の前のシャッターが開いた途端に寒風が。
そんなこんなで開場の時間。拍手〜。にしても、開場初動がウチのサークルって人がいて恐縮してしまう。早く他の本も買いに行けるようにとフライング気味で本を渡してしまう私。
んで、いつものように開場と同時に買い物に行こうと東へ向かうが、西→東への移動の列が完全にフリーズしてたので回れ右して自分のスペースに戻って2人で売り子作業。
1時間ほど経ったところで再び東にチャレンジ。東4〜6は主に女性向けで女性参加者が多くて殺伐としてないんだけど、打って変わって東1〜3の殺伐としていること! 東方エリアの怖さに恐れをなし、早々に退散して西に帰る。

ここでぶる姉と交替し、ソロ売り子。この間にヘッドさん、かしんさん来襲。サークル参加じゃないお二人に本を渡せたのでノルマは達成。存分に留守にできるぜぇ、ってんでぶる姉の帰りを待つ。しかしぶる姉の主戦場は東方なので、やはり買い物に時間がかかる。いつもは枯れているヨシーが相手だったし、自分も枯れているから気付かなかったが、コミケで買い物っつったら普通こんくらいかかるよなぁ。というのを再認識。
その内に午後1時前にはダンボール箱も空になり、新刊が卓上在庫のみに(つーても100冊はあったんだけど)。売り上げペースは前回と同じくらいかしら。

1時半過ぎにはぶる姉が鞄をパンパンにして帰ってきたんで、再度売り子交代してお出掛け。コスプレ広場へ。しかし、いざ行ったものの何かメンクセくなって殆ど写真は撮らずに帰ってきてしまいました。
3時前くらいに撤収作業開始。今回は前回より100部多く刷って行ったんですが、売れ残りが30〜40部ほど。うん、丁度いいんじゃないかな。売れ残りが100部くらいあったら、カラー表紙デビュー記念ついでに書店委託デビューをしようと目論んでいたのだが、30部じゃ扱ってくれないよね? 今回「他にないんですか?」ってよく訊かれたので、次回のコミケで売ることにしよう。
とにかく、今回ウチのサークルまで足を運んでいただいた皆様、差し入れを頂いた皆様、ありがとうございました。

4時前、拍手もせずにビッグサイトを後にしてタクシーで脱出する我々。
ぶる姉はこの後予定があるということなので、一人で新規店開拓へ。もういつまでもナントカの一つ覚えみたいにアンミラ行ってらんないッスよ。という訳で赤坂まで足を伸ばしてHOOTERS TOKYOへ。
5時前と早めに行ったからか、殆ど並ばずに入れたよ。中は結構混んでいたけど。受付でいきなり流暢な英語で「Smoking or Nonsmoking?」と訊かれたのはビビった。国際的な店なのね。確かに中の客の3分の1ほどは外国人だったし。俺も思わずつられて英語で「Nonsmoking Please」って答えちゃったよ。

中は真冬にもかかわらず、タンクトップ&ホットパンツ! カウンターに付いてウエイトレスさんを視姦しつつステーキサンドをペプシで流し込む私(お酒飲めないので)。
したら突然音楽が鳴り出し、フロアにいたウエイトレス達が、ホーゥとかフゥーとか言いながらエアロビ的ダンスを踊り出しました。10秒程度で終わりましたが。突然なんでビビったよ。ハッスルタイム?
ステーキサンドだけじゃ物足りなかったのでフィッシュ&チップスを頼んだのですが、ここからおかしくなった。

頼んだフィッシュ&チップスが10分経っても20分経っても来ない。不審に思ってウエイトレスに確認したらオーダーが通っていなかった。今から作りますかと言われたが後の予定もあるので会計にしたら、何故かカウンターの隣りの客のレシートを渡される。自分のじゃないので隣の客にレシートを渡し、何故か隣りの客が会計をする羽目に(自分より前から店内にいたけど)。やっと自分の所のレシートが来て代金を払い、釣りが100円だったんだけど、今度はその100円が全然来ない。どうなってるか訊いたら、さっきの隣の客のレシートがまた来たw。グダグダすぎんぞ。いつもこうじゃないんだろうけど、初めてでこの仕打ちはヘコむなぁ。

ってんで傷心のフーターズデビューを飾り(店の外へ出たらえらい行列が出来ていた。やっぱ混雑してるのね)、渋谷へ。
「キック・アス」を上映しているシネセゾン渋谷を目指すがマジ迷子になり1時間近く渋谷をさ迷い歩く羽目になる。まず駅から外に出ることが出来ない。多分田舎者が渋谷の街に出て街の景観が損なわれることを防ぐために駅から出さないようにふるいにかけているんだろうな。外に出たら出たで目的地が全然見つからない。109すら見つけるのに四苦八苦する始末。ちなみに前日プリントアウトした地図は家に忘れてきた

何とか上映時間前に映画館に辿り着き、「キック・アス」鑑賞。
1年を締め括るに相応しい面白い映画だった! やっぱ虐殺少女ヒットガールのヤバさ! 予告編の時点で当確だったが、今年の俺アウォード助演女優賞決定(昨日の日記参照)。 主人公も振り回されるただのヘタレかと思ってたら、ヒーローとしての志しの高さに心打たれた。2回目の闘いの時の口上には不意を突かれて思わず泣きそうになっちゃったよ。
ちょいバイオレンス過剰なシャープなアクションとオフビートなユーモアが絶妙にブレンドされた傑作。ラストバトルの神々しいまでの馬鹿らしさ! 主役の俳優が「スーパーバッド 童貞ウォーズ」ミーツ「キル・ビル」って表現していたけど、正に言い得て妙。

フーターズや迷子でヘコんだ分を十分に取り返して、ホクホク顔で上野に戻りラメーンで締めてカプセルホテルで就寝。


2日目のブツ

12月31日(3日目)
この日は一般で昼からゆっくり参加する予定なので、8時過ぎまで寝てた。9時頃にチェックアウトしたものの、このままビッグサイトに行っても並ぶ羽目になるだろうからネカフェに入って漫画を読んだりする。「アイアムアヒーロー」最新刊を読んでホエーってなったりして10時半まで時間を潰し、牛丼屋で牛すじカレーをmgmgした後、ビッグサイトへ。

最初に買ったコスプレROMの所で手提げ袋もらえたんで、それに戦利品をガシガシ入れながら東を1周(鞄は2日目のブツで一杯だったので)。今回はシマキュア買えたよ。
あとは挨拶回りも。夏の時、挨拶に来ていただいた平沢さんの所へ行き、昨日観たキック・アスのパンフレットを見せびらかす。あと平沢さんが「ゾンビランド」も観てないというので中盤のネタバレを必死にこらえる。しかし「ある人が出る」じゃ何も言ってないに等しいので(そりゃあ映画だから、ある人は出るよ!)、「ある人が本人役で出る」くらいは言ってもよかったんじゃなかろうか(ということで今言う)。

戦場を西に移しグルグル。まきえもんさんの所に行ったら偶然ヘッドさんがいてビックリした。何の申し合わせも無くコミケで偶然数少ない知り合いに会うなんて経験そんなに無かったので。ヘッドさんのように2日会える人もいれば、ウメさんのように2日とも会えない人もいる訳で(お互い挨拶に行ったらたまたま両日ともスペース主が留守だった)。

西と東をそれぞれ1周した後はコスプレ広場へ。昨日よりは沢山撮ったかな(つーても20枚くらい)。今回は初めて生で中野氏の空也上人立像を見ることができた! 写真も撮ったよ。

この日はヨシーが一般で参加していたので連絡を取ったら既に会場を出てゆりかもめの駅でまったりしてるっつーことだったので、午後2時過ぎには開場を離れゆりかもめの駅に行きヨシーと合流。
今回も打ち上げで焼肉っしょ、と思ったんですが、時間も早いのでその前に軽く腹に詰めとくかってのも兼ねて、昨日のフーターズリベンジにヨシーを連れて行く。今回まともだったら良いし、グダグダだったらヨシーも巻き添えに出来たので悔しさも半減するだろうと。

ってんで2度目の赤坂。コンビニで紙袋買って3日目のブツを入れた後、フーターズへ。昨日より早い時間だったのと大晦日ってのもあったのか、客は昨日の半分くらい。受付で「喫煙ですか、禁煙ですか」と流暢な日本語で訊かれる。え? 昨日の俺はもしかして日本人と認識されなかった? と思ってよくよく思い返してみたら、昨日はニットキャップを目深にかぶり、風邪の為マスクをしていたので、顔が殆ど分からず、そりゃ国籍不明って扱われてもおかしくないわなあ、と気付いた。今回は昨日と同じ出で立ちだが、普通に顔を出しているヨシーが一緒だったので日本人と分かってもらえたのか。

テーブルについて注文した揚げ物盛り合わせを頬張りつつヨシーはビール、俺はペプシで乾杯。テーブル担当のウエイトレスさんが、食事はどうですか?とか話しかけてきてくれる。ウエイトレスの迫力ボディに、取って食われるんじゃないかとビクビクしながら、ハハ…旨いっすよ…と答える草食系の我々。
揚げ物だけでは何となく物足りなくなったんで、昨日の鬼門フィッシュ&チップスを注文したら普通に来た。どうやら昨日は忙しくて(あとシフト交代のタイミングと重なってた?)伝達関係がうまく機能してなかったのかと判断する。とにかく昨日のようなグダグダは無かったので一安心。

ちなみにウエイトレスさんに訊いてみたら、ちゃんと声をかければ写真撮影OKだとのこと。ウエイトレスさんとの2ショット写真を撮りましたw。これはヨシーがいたからお互いを撮り合うって形にしたので撮影できたのであって、一人ではとても撮影出来る勇気は無いわ。ただ携帯の調子が悪くてボケた写真しか撮れなかったので、次回はちゃんとデジカメで撮影したい。ヨシーとぶる姉連れて。
ちなみに我々の後に店内にいた外国人客も写真を撮っていたんだけど、自分の両側に2人ずつ計4人はべらせて写真撮っていた。外人凄えな。

焼肉の予定だったんだけど、フーターズで結構腹が膨れてしまったため、焼肉無しで解散となりました。疲れてたしな。
東京駅まで戻り、新幹線のチケット購入。普通席も取れない状態じゃなかったんですが、奮発してグリーン車の席のチケット購入。グリーン車はすいているだろうから同人誌読めるだろうってのと、隣の席の女性に「隣りのオタク風の男が臭い」ってメールを打たれる心配も無いだろうと思ってのこと(トラウマになってるんですよ…)。
結果的に隣の席は空いてなかったんで(でも中年男性だった)、同人誌は大きめの別の雑誌に挟んで読んでましたが(でも読むんだ)、メールを打たれることもなく名古屋に辿り着くことができましたよ。


3日目のブツ(プリキュア)


3日目のブツ(ノットプリキュア)

いつもは帰った後冬コミレポを書き上げるんですが、今回は年賀絵を用意してなかったこともあって、レポは書かずに就寝いたしました。

1月1日(4日目)
この日は昼近くまで寝てました。
午後からお出掛け。コミケ4日目と称して地元のとらのあなとメロンブックスへ。プリキュア本と男性向けをメインに新刊補完作業。冬コミ直後の同人ショップはプリキュア本も多かったが、俺妹本も多かったなぁ。あと、イカちゃんのイカ臭い本も結構多かった。


4日目のブツ

1日で映画が1000円の日なので夕方から109シネマズ名古屋に行き、去年の内に観損ねていた「モンガに散る」を。
80年代の台湾の古い繁華街を舞台にした極道青春グラフィティ。最初はコメディ的部分や韓国風アクションを織り交ぜてあるものの、後半に進むにつれて、無邪気なままでいられない主人公達の成長にシンクロしてシリアスに展開していく王道エンターテイメント。
とにかくフレッシュだったよ。普段ハリウッド映画ばっか観てるから、終始知らない顔ばっかりで展開していくってのも新鮮に感じた要因かw

そんなこんなで元旦も終わり、結局この日も(そして次の日も)年賀絵とレポは書けずに終わり、正月3日目にしてようやく年賀絵と冬コミレポを書き上げて、俺の冬コミは終わったのでした。疲れたー。

それじゃ今日はこの辺で。今年もよろしくは言わないぜ。何故なら昨日言ったから。


1月2日(日)
AKEMASITE OMEDETOU !!
今年は英語で新年の挨拶。間借りです。今年もヨロシク。

冬コミレポはもうしばらくお待ちください。
レポの方も手付かずなんですが(冬コミから帰ってきたその日の内に勢いで書いちゃえば良かったなぁ)、年賀絵の方もまだ書けてないんですよねぇ。

とりあえず去年のことを済ませてしまおうってんで、殴り書きのダベり漫画を描いて更新すゆー。

フロスティング・オン・ザ・ビーター

…まあ、新年一発目を飾るにふさわしいネタですね(誤字を直すのもメンドいわ)。

新年にずれ込んでしまいましたが、年末恒例企画その1。今年の5曲。
それは単に今年の曲でiTMSで再生回数が多かった5曲を晒すだけの独り遊び。

1."Cousins" Vampire Weekend
2."XXXXX" King Brothers
3."In The Sun" She & Him
4."アルクアラウンド" サカナクション
5."付和 Ride On" Rhymester

こんな感じで。ちなみに次点は"ずっと好きだった"斉藤和義。あと去年の曲だったのでランキング漏れしたけど、他に今年よく聴いた曲は "She's Got Me Dancing" Tommy Sparks じゃったげな(鹿児島弁)。

そして、新年にずれ込んでしまいましたが、年末恒例独り遊び企画その2。俺アウォード2010。

今年の5本
1.第9地区
(映画ってやっぱり面白いもんだねぇってのを再認識させてくれた愛すべき作品)
2.瞳の奥の秘密
(このミステリー映画が凄い2010。面白すぎて、文字通り体が震えた)
3.インセプション
(決して完璧な作品ではないけど、マトリックスばりにキーワードを日常会話に織り込みたくなる記憶に残る映画)
4.ハート・ロッカー
(反戦云々は置いておいても、前〜中盤の緊張感だけでアドレナリン吹き出る)
5.プリンセスと魔法のキス
(今年は「トイ・ストーリー3」や「ヒックとドラゴン」があったけど、今年一番マジ泣きさせられた映画なのでランクインさせざるを得ない)

監督賞:クリストファー・ノーラン(インセプション)
(どメジャーなフィールドで超ビッグバジェットを使ってこんなユニークな作品を作り上げられるのは現時点で彼一人だけなんじゃないか)

主演男優賞:サシャ・バロン・コーエン(ブルーノ)
(ジャッキー・チェン等とは違う意味で映画に体を、いや、命を張っている役者!)

主演女優賞:ズーイー・デシャネル((500)日のサマー)
(文系男子を勘違いさせてしまう天然子悪魔系女子をキュートに好演。今年出たシー&ヒム(今年の5曲、3位)のアルバムも良かったしね)

助演男優賞:稲垣吾郎(十三人の刺客)
(アントン・シガーやジョーカー並みとまでは言わないけれど、この映画での悪役っぷりは完璧。ジャニーズは賞レースに絡めないので、代わりに俺アウォードを進呈)

助演女優賞:クロエ・グレース・モレッツ(キック・アス、(500)日のサマー)
(悪党を次々と華麗に、だけど慈悲も無く葬り去っていくヒットガールたん最高! ヘタレな兄の恋愛相談に乗る大人な妹を演じた(500)日のサマーの彼女もとってもイイよ!)

こんな感じで。
今回は更に独り遊び感を増すために、今年映画館で観た映画を全て順序つけて並べてみたよ。
シネマハスラーと違って、観た映画は無差別選択じゃなくて、前情報と評判を入れてから観に行く映画を決めてるので、下位だからつまらないって訳じゃないよ。
ってのと、個人的好み・ハマりのランキングであって、作品の出来のランキングではないよ。
…と一応エクスキューズも入れておく。

シネマランキング2010
1.第9地区
2.瞳の奥の秘密
3.インセプション
4.ハート・ロッカー
5.プリンセスと魔法のキス
6.キック・アス
7.息もできない
8.(500)日のサマー
9.ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い
10.ヒックとドラゴン
11.十三人の刺客
12.ブルーノ
13.ゾンビランド
14.渇き
15.ぼくのエリ 200才の少女
16.マイレージ、マイライフ
17.特攻野郎Aチーム THE MOVIE
18.トイ・ストーリー3
19.アウトレイジ
20.告白
21.冷たい雨に撃て、約束の銃弾を
22.マチェーテ
23.ハートキャッチプリキュア 花の都でファッションショー…ですか!?
24.ラブリー・ボーン
25.インビクタス 負けざる者たち
26.[リミット]
27.REDLINE
28.シャーロック・ホームズ
29.ヤギと男と男と壁と
30.月に囚われた男
31.ザ・ロード
32.トロン:レガシー
33.シャッター・アイランド
34.ロビン・フッド
35.エクスペンダブルズ
36.バッド・ルーテナント
37.ベスト・キッド
38.コララインとボタンの魔女3D
39.マリア様がみてる
40.かいじゅうたちのいるところ
41.ミックマック
42.シングルマン
43.プレシャス
44.Dr.パルナサスの鏡
45.涼宮ハルヒの消失
46.9<ナイン>〜9番目の奇妙な人形〜
47.ザ・ウォーカー
48.プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂
49.クレイジー・ハート
50.アイアンマン2
51.ガフールの伝説
52.フローズン・リバー
53.キャピタリズム マネーは踊る
54.グリーン・ゾーン
55.ハリー・ポッターと死の秘宝PART1 
56.タイタンの戦い
57.バイオハザードIV アフターライフ
58.アーマード 武装地帯
59.アリス・イン・ワンダーランド
60.プレデターズ
61.ウルフマン
62.マッハ!弐
63.パラノーマル・アクティビティ

…こんな感じで。明日になりゃ(いや、書き終えた現時点でも)リストをいじりたくなるんだろうけどね。


(画・文 P.I.L.)

戻る