title

 2010年 10月
 

10月31日(日)
先日は冬コミの当落発表だったんだね。つい前日に気付いたよ。
という訳でとっとと当落発表〜。

コミックマーケット79
12月30日(木

西2ホール ち−14a
RICK RUBIN (リック・ルービン)


です。受かったよ。本作らないと!
ってんで、これから絵日記サボりキャンペーン突入するよ!
日記サボりの大義名分は出来たが、その代わり本を作らないといけないのだ(いけない、たあ何だ)。

じゃ、今日の日記もちゃっちゃと終わらせよう。

こないだ仕事帰りに名古屋駅地下のドーナツ屋がドラゴンズ優勝キャンペーンで安売りしてたんで並んでいたら、テレビ番組ロケ中のザブングルが、俺の3人くらい後ろに並んできて、俺の後ろに並んでいる女性に話しかけ始めたりしたので、生きた心地がしなかったよ。
これが全国ネットなのか、そもそもこのシーンがカットされるかどうかも分からないけど、ザブングルが「日本シリーズでは宇野の活躍が…」なんて小ボケを入れた会話を交わしながらドーナツ屋に並んでいるシーンをTVで見たら、前方に黒のフリースとグレーのニットキャップでカメラに完全に背を向けている男がいるから、それが俺だ。

ゲームはちゃんと我慢の子。まあ、移動時間中にやる携帯ゲームだけはやってて、昨日ファイヤーエンブレムをクリア〜。次の携帯ゲームは…MHP3は予約してないので多分難民になるので(あっさり買えちゃったりしてな)、タクティクスオウガかしら(こっちで難民になったりしてな)。実はタクティクスオウガはオリジナルをプレイしてないんだ。

週末は台風が来るっちゅーことだったけど、そんなに荒れなかったよね。雨すらそんなに降らなかったし。
ってんで、土曜日に近所のシネコン行って観てきましたよ。「ハートキャッチプリキュア!花の都でファッションショー…ですか!?
映画は本来の客層の中に混じって観るのが一番面白い。と思ってるので、平日や夜の回に日和見せずに、堂々と休日の午前中の回に小さなお友達に混じって観てきましたよ! 流石に席は後ろの端っこにしましたが。

内容はもう、変身バンクや技バンクがスクリーンの大画面で観れるだけで元は取れるんだけどね。今回はゲストキャラが年下なのでつぼみもえりかも若干お姉さんモードでした。クライマックスでモン・サン・ミッシェルを舞台に巨大な○○と巨大な××が対峙する画でもう「凄えー」と笑うしかなかったよ(片方は今日のTV版でも出てたけど)。
それよりもクライマックスで劇場内の子供達がミラクルフラワーライトを掲げて回してる光景(シナリオ上でちゃんと必然性を持ってその行為に導いているんだよね)を見て、「映画を劇場で観ることのイベント性、そして必然性」というのを強く意識させられて、その点でも感動した。(後で聞いたら、このライトはプリキュア映画の恒例行事なんだってね。しかもいつもは「はい、振って」みたいな説明もあるとか)。
という訳で結論:劇場版ハトプリは映画館で、できれば休日の朝か昼に後ろの方の席で観るのが、オススメです!
来週はこの路線を引き継いで「ハートキャッチマチェーテ!」を観に行く予定。

今週の査収物は、「とんぬらさん」3巻(セレビィ量産型)、「木曜日のフルット」1巻(石黒正数)、「かんぱち」1巻(結城心一/武梨えり)、「ギニャギニャ!ギニャーズ!!」(すがわらくにゆき)、といった布陣で。

んで、最後の今日のマリみてはギニャーズネタで。

おじょうさま!ギ☆ライズ!!

もしかして甥っ子の翔くんって、もう成人してるの…?
俺達も年をとるわけだ…。


10月24日(日)
いつも何も無かった何も無かったって言ってるけど、今週もなんだ。
ちゅーか、今週末は映画館すら行ってないからなぁ。
別に谷間って訳でもないんだけど、例えば「ナイト&デイ」なんかも主人公とヒロインのとうが立ってるだけで監督は職人ジェームズ・マンゴールドだし観ればそこそこ楽しめるんだろうけど、まあ、たまにはいいよね。

来週名古屋で公開の映画は、っつーと「クロッシング」(北朝鮮のやつじゃなくて、NYの警察官のクライムサスペンスの方。原題「Brooklyn's Finest」)があるんだけど、TOHOシネマズ名古屋ベイシティなんだよなぁ〜。遠いよ。

でも来週はやっぱプリキュア劇場版でしょう。これは近所のシネコンに観に行く予定。本来の客層の中で観たいので日曜の昼とかに行きたいなぁ。別に野郎一人でプリキュア観に行くのに恥ずかしさとかは無いぜ! …まあ、流石にいつも映画館では前の方に座る私ですが、この時だけは後ろの方に座るけどね。…ホラ、子供の邪魔したら悪いじゃん?

そういや劇場版プリキュアっつったら、『プリキュア劇場最新作、パリで上映決定に水樹奈々「感激!」』っつーニュースがあったけど、このリンク先の写真、声優陣と一緒にプリキュアの着ぐるみも写ってるんだけど、身長はほぼ同じなのに頭身を変える為にムーンライトさんだけ着ぐるみにしては異様に頭が小さいのが気になって仕方が無い。

あ、来週の日曜といえば、名古屋の方でコスプレROMオンリーイベントってのがあってこっちも気になるんだよなぁ。規模は小さいみたいだけどちょろっと覗いてみたいっつーのはある。映画は土曜日にするか? まあ、日曜日になったら「メンクセ」ってなって家に篭っちゃってるかもしれないが。

映画よりもゲームの方が進展無くてねぇ…。DSのファイヤーエンブレム(まだやってんのか)はちょろっとずつ進めてるんですが、デッドライジング2の方がまだやり直したポイントまで追いついてない状況。3歩下がって1歩進んだぐらいの感じ。今年中に終わるのかしら?

つーか、ゲームの進展の話してる場合じゃないですよ! 原稿の進展ですよ! もうすぐ11月ですよ?
いや、山田inリリアンは別に忘れていたわけじゃなくて、ネタが出なくてねぇ。最近は毎週アニメ観てるせいかプリキュアネタはポンポン出るんですが…。
でも、ネタが出ないから描かなくていいって、アマチュアは気楽だよね〜。連載抱えてるプロの人とか凄いよね〜(ホント他人事っぽく言うな)。
冬コミまで時間が無いんで何とかひねり出してみた。

山田 in リリアン

話し変わって、「けいおん!!」が終わった後、名古屋では後番組が「それでも町は廻っている」でしてね。録画予約そのままにして第1話観たんですが、OP良かったねぇ。タッツンのパンツが見えそうで見えなくて、代わりにロングスカートの奥に見える太ももの付け根の肉がエロくてねぇ(そこかい)。あんなにエロい眼鏡はあずまんが大王のよみ以来だよ。

OP観た後、TSUTAYA行ってシュガー・ベイブの「ソングス」」(30周年記念盤)借りてきちゃったよ。でも、我々の世代にとっては「DOWN TOWN」はオリジナルよりもEPOによるカヴァーヴァージョンの方が重要な位置を占めているんだけどね。そう、ひょうきん族のED。きっと選曲をした人もそうだと思う。我々より下の世代にとってはザ・ハイロウズの「日曜日よりの使者」が使われてる感覚と言ったら分かりやすいのかしら? あ、でも「日曜日よりの使者」はごっつのEDよりもASIMOのCMの印象が強いのかしら?
あと、それ町はOPも良かったけどEDにも持っていかれちまった。

最後に映画小ネタ貼ってオツ。

「エクスペンダブルズ」を1枚のカードで表現するとこうなる

エクスペンダブルズといえば、劇中で流れる曲がサザンロックに偏っていて笑った(エンドロールで突然流れた長渕剛も鹿児島出身なのでサザンロックと言えばサザンロックだ)。


10月17日(日)
はいどーも。
まあ、アレだ。ダラダラと過ごしておりましたよ。
この週末は名古屋まつりが開催されておりまして、まつりと言えば屋台が出るっしょ! ってんで、今日は栄まで出て屋台をハシゴしてました。久屋大通から矢場町まで地下鉄2駅分を南下しながら食い歩き。



1.甲府鳥もつ煮 → 2.みそ串カツ&どて煮 → 3.焼き鳥 → 4.シンガポールチキンライス → 5.じゃがバタ → 6.世界の山ちゃん手羽先 → 7.アイスもなか

と、食いまくったぜ。流石に腹いっぱいになったぜ。
十分に屋台充したので次は来年夏のどまんなか祭りの時になるのかな。

今週の映画は2本。
評判が良かったら観に行こうと思っていたんだけど、評判自体を聞かないので、このままじゃ2〜3週間で公開終了になっちゃうんじゃね? と不安になって、金曜の仕事の帰りに109シネマズまで足を伸ばしてレイトショーで「REDLINE」。
快感度最重視の抜きゲーみたいな映画(一応誉めているつもり)。レースシーンには思わず下っ腹に力が入ってしまう。ストーリーはあって無きがごとしなので(個人的に想像してたよりはお話あったけど)、デザインの好き嫌いがそのまま映画の好き嫌いになるかも。
あと、蒼井優がこんなに良い声優だとは思わなかった! キムタクはハウルで免疫があるからかそんなに気にならなかったけど、どっちかというと浅野忠信の方が。ルックス込みの存在感なので声だけ抽出してもピンと来ないのか。

んで、土曜は近所のシネコンで「エクスペンダブルズ」。
笑っちゃうくらいの肉弾戦&近接銃撃戦、つーか特殊弾で次々と敵兵を(文字通り)吹っ飛ばしていくシーンで実際に劇場で笑っちゃった。もう最初から悪党の上半身が吹き飛んでヒャッハー。「ランボー/最後の戦場」の監督の新作としては期待を裏切らない出来。
あと、ターミネーター4の時もそうだったけど、シュワルツェネッガーがスクリーンに現れると興奮しちゃうな! 他に役者陣で言えば、いかにもなマンガ的な悪役を演じていたエリック・ロバーツ(ジュリアの実兄)が光っていた。

土曜映画観た後は下のフロアにある温泉がサービスデイで低温サウナが無料だったので、サウナと浴場でゴロゴロしてたよ。痛風的に言えば汗で水分出しちゃうのはあんま良くないんだけど、タダってのは恐ろしいね。「タダより安いものは無い」って言うしね。

そんなこんなで土日とあんま家にいなかったのでデッドライジング2が全然進んでいないのじゃ。一回行き詰ったんで一旦レベルを引き継いでニュープレイし直した所で中断中。早くキリをつけてレッドデッドリデンプションやってみたいんだがなぁ(同タイプのゲームを2本同時進行って出来ないのです)。
携帯機の方もモンハンP3体験版をダウンロードしたんですが、これも未プレイのまま。ついDSのファイヤーエンブレムの方を進めちゃうので。
ちなみにモンハンP3の製品版の方は予約してないッス。

最近、「侵略!イカ娘」がバズってるので、原作コミックスを読んでみたよ。確かに「イカちゃん可愛い」。そしてそれ以外に言いようが無いってのが分かったよ。
という訳で今日はイカ娘ネタを描いてみた。

侵略!イカマリン





pixiv見たら「イカマリン」ってタグがあったので俺も使ってみたくなったんだ。

↑コレがイカマリンなら、↓コレもイカマリン。

ハートキャッチイカマリン


10月10日(日)
今日はお休み! サボりです!
寝てた!

最近になって日曜日はプリキュアのために早起きしてTV見るようになって、オーズからは仮面ライダーも見るようになったんで、8時には起きてるんですよ。
んで、早起きするもんで、昼飯食ったあたりで眠くなってきて昼寝して目が覚めたら完全に夜だった…ってパターンが続いているんですよ。今週は土曜のうちに絵日記の仕込みを全くやってなかったんで、日曜の夜の時点で絵も文も全く在庫無しの状態で…

という訳で今週はお休み! サボり! サ〜ボタ〜ジュ!(ここでビースティー・ボーイズが流れる)

あ、ちなみに土曜日は痛風で痛む足を引きずり街に出て「シングルマン」を。
ルックス完璧なイケメン映画でした。役者的な意味でも、映像的な意味でも。単にルックスのいい役者を集めたってんじゃなくて、ちゃんと演技と演出で表現してましたよ。特にこの作品で今年のアカデミー賞主演男優賞候補になった主演のコリン・ファースの演技ね。
コリン・ファースは次作の「The King's Speech」(原題)で来年のアカデミー賞を多分獲りそうな感じなので、名前だけでも覚えて帰ってくださいね。

さて、今週のプリキュア見て、殴り描き小ネタだけ搾り出したので、超縮小更新だけカマして寝るぜ(ウチの職場は祝日無いので明日も仕事だ)。

プリキュアといえばマクドナルドで今月末からプリキュア(とオーズ)のカードが付いたハッピーセットが販売されるんだけど、その中のゆりさんのカードでゆりさんが着てるTシャツの柄がどっかで見た感じだなぁと思ったら、アレだったよ。


プリキュア芸人


10月3日(日)
今日も痛風の痛みに耐えて絵日記を更新するぜ!(カッコ良くない)
間借りです。

今週の査収物は「デッドライジング2」! 久々の据え置き機ゲームだぜ。久々すぎて前にやったのが何だったか思い出せないくらい。
PS3版かXBOX360版か決めかねていたんですが、360版がどこも売り切れていたのでPS3版一択でした。ってんでPS3版を購入〜。
という訳で久々にがっつりゲームをやってた週末でしたのよ。まあ、序盤は何度もやり直ししてたんでそんなに進行はしてないんですけどね。日曜日はがっつり昼寝もしてたんでそんなに進行はしてないんですけどね。刀でゾンビをスパスパ切断してストレス発散だよー。今回のキモはコンボ武器なんだろうけど、今のところは作りやすいこともあって、釘バットばっかです。つーことでプレイ感覚は前作と殆ど同じ。

あ、査収物といえば、ちゃんとアレも買いましたよ。「けいおん!」4巻(かきふらい)。ちなみに私はメロンブックスで購入。

とりあえず通常カバーの上にメロブ特典カバーをかけてます。きららの次号が出たらあずにゃんカバーとムギカバーをその日の気分によって掛け替えたりするんだ。

連載最終回では和ちゃんを差し置いて高橋はるみが登場したりしてましたが、


人形だけど

4巻巻頭の描き下ろしカラー漫画でも澪のTシャツの中に登場。

ホント、はるみねーしょん好きなのな。
けいおん!劇場版は「きららまんが祭り」と称してはるみねーしょんの短編を同時上映するといいと思うよ。他にゆゆ式とかキルミーベイベーとかも希望。
にしても劇場版はシナリオどうすんの? ニューヨーク証券取引所の前でゲリラライブを行い、その模様を撮影していたマイケル・ムーアと共に警察に連行された話(単行本未収録)か、歌詞検閲組織に抗議するために口にテープを貼り全裸でステージに登場し、15分間演奏せずに立ち尽くした話(単行本未収録)あたりかな?

今週の映画は「ガフールの伝説」。1日が映画の日で1000円なんで、金曜の仕事帰りに109シネマズ名古屋に寄ってIMAX3Dで観ようかなと思ったんだけど、電話で問い合わせたらIMAX3Dは映画の日割引の対象外っつーことだったんで、土曜日の午前の回に出直し。近所のシネコンでも普通の3Dやってたんだけど、「300」「ウォッチメン」のザック・スナイダー監督なので、まあご祝儀というか、折角だからIMAXで観てやろうと。

3Dの醍醐味は飛行シーンだが、登場キャラが全員フクロウなので全編で堪能可能で3D向きの素材かなと(特に夜の嵐の中での飛行シーンは白眉)。アクションシーンではキメの所でスローになる相変わらずのザック・スナイダー節。クライマックスの戦闘シーンはまんまフクロウ版「300」。戦場が縦横に高さも加わる集団空中戦はもっと長尺で観たかった。あと映像的にはフクロウの毛の表現が凄かった。
物語の方はダイジェスト?って感じのややあっさり風味でした。

今日はハトプリ漫画描いてみたよ。

いよいよ本編でもムーンライトさんが本格参入。にしてもムーンライトさんはあずにゃんと同級生とはホント思えないな。ムーンライトさんに見下げられながら「『お願いします』…でしょ?」とか言われたい。

最後にヌルオタ女子高生ダベリ漫画を貼ってオツ。

フロスティング・オン・ザ・ビーター

一人称「おいら」の女子はオタ特有のものなのか? 一般の女子も言ったりするの? オタ特有でも今でもその文化はあるの? とか、色々不明な点はあるのですが。


(画・文 P.I.L.)

戻る