title

2009年 12月



 

12月29日(火)
コミケ始まったー! ヒーハー!(流行りもの)
という訳で選挙前最後のお願いに参りました。間借りです。
告知を上に持ってきますね。

 コミックマーケット77

 12月30日(

 西1ホール ま−02b

 RICK RUBIN (リック・ルービン)

お品書き
新刊


既刊


こんな感じで。
それでは恒例のお願い事項。
1.私は衆人環境で絵が描けない為スケブはお受けしておりません(まあ頼む人もいないでしょうが)。ごめんなさい。
2.私が想像以上の高齢者でも驚愕しないように。

今日上京するんですが、準備もまあぼちぼち(ぼちぼち?)。
ポップ絵は描けたし、サークルチェックも一応したし(でも昨日慌ててやったから多分…いや、絶対抜けがある)、釣り銭もある程度用意したし、携帯もiPodもDSiも充電したし…あ、そう、私のDSがDSiにクラスチェンジしたんですよ。タダで貰ったんス。これで俺もおっぱい揺らせられるぜ
今回はPSPさんは現在プレイしているゲームが無いためスタメン落ちとなりました。以前だったらワンセグプレーヤーとして同行していただいてたんですが、今は新しい携帯でワンセグ見れるしな。
DSiの方は先日ゼルダの新作を買ったんでフル稼働の予感ですよ。

iPodの中身も強めなきゃなぁってんで、毎年年末恒例の「音楽雑誌の年間ベストに名前が挙がっているCDを買ってきて冬コミ上京時のiPod強化を図る」を実施。今年はアニマル・コレクティヴとガールズでした。
あとTSUTAYAに何か強化素材が無いかなぁってんで行ってきたんですが、。「そういう手があったわ」ってんで借りてきたのは立川志の輔と柳家喬太郎でした。行列に並んでいる時に力を発揮するはずだ。

コミケ離れて普通の日記。
日曜日に「アバター」観てきましてん。IMAX3D版で。いや、これはとんでもない代物。ちゅか、IMAX3Dで観ないとこの映画の真価が発揮できないのでは、つー点は弱点なのか?
以前別の3D映画を観に行った時に観たアバターの予告編はなんか箱庭感が強くていまいちピンと来なかったんだけど、IMAXは違うねぇ。アリス・イン・ワンダーランドの予告編も見比べる事が出来る結果になったんだけど、同じ予告編でも全くの別物だったスよ。
まあ、ストーリーが凡庸とか言われてますが、観るものではなく体験するものなので個人的には全く気にならなかったです。最初の宇宙船内部が映るシーンでいきなり持っていかれた後はクライマックスの戦争シーン(戦闘機やパワードスーツ(どうしてもエイリアン2を思い起こさせてしまう)で襲撃する人類vs地の利を生かし飛竜にまたがり弓で迎え撃つエイリアン(エイリアンつーか映画内での扱いは完全に「原住民」))まで一気。
ジェームス・キャメロンの本気っつーか狂気が垣間見えた。

ヒロインのエイリアンもなんか物語が進むにつれて可愛く見えてくるんだよねぇ。ってんでお絵描きしてみた。


「アバター」のヒロイン、ネイティリたん

ゼル伝っぽく描こうとチャレンジしてみたが、こういうのはもっと絵が上手い人が描いてくれよ。

これで、今年の映画納めかな? 冬コミ3日目が一般参加なんで、夏の時みたいに午前中映画でも観に行って時間つぶそうかなぁって考えていたんだけど、上映スケジュール調べてたら、現在限定公開中の「キャピタリズム」も名古屋だとTOHOシネマズ名古屋ベイシティまで行かないといけない「ジュリー&ジュリア」も上映が終わる時間がちょい遅いんだよなぁ、という訳で断念したのでした。

という訳で毎年恒例の一人遊び企画、俺アウォード2009!


パンフ数えたら55冊あった。

今年の5本
1.ウォッチメン
(映画1本内に詰め込まれたカロリー量がハンパねぇ。まあ、原作ありきなんですけどね)
2.サマーウォーズ
(時かけで上がりまくったハードルを超えてみせた大家族サイバーアクション(?)。家族で食卓囲むシーンでアがりまくるのは何故)
3.母なる証明
(死角無し。傑作なのになんか凄え歪な触感なのが面白え)
4.スラムドッグ$ミリオネア
(インドとクイズ$ミリオネアを組み合わせることにより、出鱈目な勢いを正当化しつつクライマックスを盛り上げるというアイデア賞)
5.アバター
(IMAX3D版限定で。映画で映像観て素直に驚かされるっつー体験はやっぱいいッスよ)

監督賞:ザック・スナイダー(ウォッチメン)
(「300」であげ損なったことも込みで。まあ、原作ありきの映画ですけどあそこまで作り上げたことは評価されてもいいよね。あのオープニングシークエンスを作っただけでも)

主演男優賞:リーアム・ニーソン(96時間)
(この映画の成功の半分は…いや9割はこの主役のキャスティグ。娘離れ出来ないダメ親父と冷静なプロフェッショナルと目的の為なら手段を選ばぬキレキャラを地続きで演じる振幅っぷりがオモロイ)

主演女優賞:ジージャー・ヤーニン(チョコレート・ファイター)
(こんなおにゃのこにあんなアクションされたらひれ伏すしかないじゃないか)

助演男優賞:クリストフ・ヴァルツ(イングロリアス・バスターズ)
(正直、ブラピより全然おいしい役。ちゅか、この映画を体現する男。これまた映画史に残る悪役となるんじゃね)

助演女優賞:マリサ・トメイ(レスラー)
(去年の「その土曜日、7時58分」でも思ったけど、この人の、ハリウッド女優なのににじみ出る弘兼憲史の漫画的エロさは何なんだ)

この流れで年末企画、今年の5曲もやっちゃうぜ。今年の曲の中でiTunesの再生回数が多い順に5曲並べただけですけど(リンクは全てYou Tube)。

1."Gives You Hell" The All-American Rejects
2."White Winter Hymnal" Fleet Foxes
3."Paralyzer" Finger Eleven
4."Zock-On! feat.Pharrell & Busta Rhymes" Teriyaki Boyz
5."Boom Boom Pow" The Black Eyed Peas

こんな感じ。ちなみに次点は "No You Girls Never Know" Franz Ferdinand。あと去年の曲だったのでランキング漏れしたけど、他に今年よく聴いた曲は "Love lockdown" Kanye West とか "Great DJ" The Ting Tings とかでした。


12月27日(日)
仕事納まったー! ヒーハー!(流行りもの)

土曜日に仕事納まって、そのまま某忘年会に潜入してきたよ。初参加だったんだけど、自分の想像の倍くらいの人数がいてびびった。しかも大半が見知らぬ人なので、人見知り芸人スキル(オードリー若林クラス)が発動して、座敷の隅のほうでひたすらウーロン茶を飲んだり、食べ放題のメニューを眺めたり、皿に残った料理を減らす仕事を淡々とこなしていたよ。
お開きになって全員で駅に向かう頃になってちょっとエンジンがかかってきたけど。

さあ、今年はあとは冬コミだけ。つーてもまだポップ絵も描いてないしサークルチェックもまだなんだけどな(カタROM開封すらしてねぇ)。

とりあえずは告知だ。

 コミックマーケット77

 12月30日(

 西1ホール ま−02b

 RICK RUBIN (リック・ルービン)


今回の新刊はこちら。



"MIDNIGHT VALTURE CULTURE"(マリア様がみてる:オフセット B5 20P \200)
収録内容:ザブングル/ビーグル38/モンスターエンジン/天津木村/天津木村(深夜版)/CM(UHA味覚糖)/有吉弘行/バカリズム/電気グルーヴ(マリア様がみてる11周年のうた)/気持ちいいこと
赤字…描き下ろし

芸人ネタ縛り…でいこうかと思ったんですが、最後の1本だけオリジナル。ジャケはけいおんのBDジャケを目指して大失敗したの図です。まあ、ウチの本は固定客しか買わないからあんま関係ないかぁ。
サンプルになってないけど中身をチラ見せ。



とりあえず今回は告知のみの更新で。わかちこ!(←特に意味は無い)


12月24日(木)
めりくり!
という訳で毎年描いている聖誕祭絵を今年も描きました。んで週末の更新だと時期遅れ(もしくは11ヶ月と3週間のフライング)なので、絵だけアップするよう。




12月20日(日)
毎年M-1決勝戦にいるピエール瀧が来年の大河ドラマに出るというのは知っていたけども、及川奈央が大河ドラマに出るのか! にしても想像通りの画があって吹き出した。

という訳で瀧が隠れレギュラーのM-1決勝戦観てたんですけどね。
個人的な好みは笑い飯の1本目と東京ダイナマイトの1本目(2本目無いけど)。あんま今年はノれなかったなぁ。「数多くのボケを矢継ぎ早にハイテンションで繰り出す」っつーM-1スタイル(この潮流を作ったのはアンタッチャブルじゃろか)にハマれなくなってきたのかなぁ? 特に「ハイテンション」の部分(個人的にはナイツや東京ダイナマイトくらいの温度の方が心地よいです)。
ただ面白いボケを次々に重ねていくだけ(いや、それが凄いことだけど)よりも歪な方に惹かれてしまいます。感謝する人の名前を延々挙げ続けるとかね。あと「僕○○やりたいんだけど」ってのは漫才の典型だけど、そこに「鳥人」ってw

今週末は「母なる証明」を観に行ってきましてん。上映終了前ギリギリ滑り込めたぜ。アサルトガールズは正月休みに観に行こうかなと。今年は後はアバター観て終わりかな。アバターは名古屋に新しく出来るIMAXシアターで観るぜ、ってんで今のうちから来週日曜の席をネットで予約したぜ。これを観たら俺アウォードだな。
俺アウォードはともかく米映画界も賞レースの真っ最中。現在の先頭集団は「マイレージ、マイライフ」、「ハート・ロッカー」といったところか。とりあえずずっと観たいと思っていたハート・ロッカーの日本公開が決まって嬉しい。賞レース盛り上がっているうちに公開していただきたい所存。

冬コミまであと1週間ちょい。ってんで準備もしないとねぇ。
この週末は街に出て買い物してたよ。ちゅても大した物は買ってないんですが。メインの収穫物はユニクロのヒートテックの上下。これで勝つる! 風通しの多い日でも安心。
あとボロボロになった鞄とスニーカーを買い換えたかったんですが、スニーカーは買ったものの鞄はいい塩梅のが見つからず。小汚い鞄でビッグサイトの隅の方や川原の大きな石の下などをチョロチョロと動いていると思うのでヨロシク。
あと買ったのは当日飾るポップを貼るイラストボードとそれを支える紙製のスタンドくらいですね。でも、肝心のポップ絵の方が全くの手付かずなのでした。てへぺろっ(キモい)。

あと準備といえば、夏の売れ残り既刊を宅配搬入で送り出しました。夏コミの時は既刊の宅配搬入をし損ねて鞄の中に入れて担いで歩き回る羽目になったので(しかも3日間参加で、自分のサークル参加は3日目なんで3日も担ぐ羽目に)、今年は肩の負担が減りそうで嬉しいぜ。

あ、新刊の方は無事完成したんスが、告知はまた冬コミ直前に。

今週はやっとカタログROM版買ってきました。
…つーてもサークルチェック全然やってないんですけどね。
他の査収物は「けいおん!」3巻(かきふらい)、「純真ミラクル100%」3巻(秋★枝)といったところで。
そこで今週の査収絵描きはけいおん小ネタ殴り描き。

あ、査収物っちゃあ、冬コミ原稿終わったんで、FF13買ってきたッスよ。
ネットじゃ盛り上がってるみたいですけど、俺はアンチのネガキャンなんかいちいち真に受けないぜぇ、なんて思いつつプレイスタートしましたが、2時間プレイした現在、ホント1本道なんですけど。最初だけだよね?
FF13にかまけていてMW2全然プレイしてなかった。しまった。

最後に今日のお絵描き。
最近ジャンプのバクマン。の蒼樹紅てんてーが可愛すぎる! 現在ジャンプで最強のヒロインじゃろ。という訳で蒼樹てんてーをお絵描きしたんだぜ。

蒼樹てんてーは巨乳だけど、漫画家という職業柄、多分お腹の方もちょいふとましいくらいだと思うんだ。だからこういうベビードールが似合うと思うんだよね。んで胸よりお腹の方を手で隠してしまう乙女心。

にしても冬コミは蒼樹てんてーの同人誌がいっぱい出てると思うんだよねー。主に男性向けで。氷川へきる先生が出すくらいだもんな。
多分蒼樹てんてーが中井さんにあんなことやこんなことされちゃうんだろーなー。羨ましいなぁ。同人誌の中井。


12月15日(火)
こんにちは〜。(軽い挨拶)

先週末は体調不良でほぼ寝込んでましたのよ。土曜・日曜と夜9時前には就寝してたもんな。土曜日は昼間もほとんど寝てたし。
映画館にも行ってないし、コミケカタログのCD-ROM版すら査収してねえッス(いまだに査収してない)。

今回は近況をだらっと喋るためだけに更新〜。

つーても週末は基本寝てたからなぁ。起きてる間はモダンウォーフェア2やってました。冬コミ原稿は終わってるから(本も家に届いたぜ。告知はまた後日にやりますが)、気兼ねなくプレイできるぜ?
基本FPSは苦手な私なんですが(HALOにもハマれなかったしなぁ)、モダンウォーフェアの前作のキャンペーンはとても面白かったので(長いムービーを挿入するだけが映画的演出じゃねえぜ!)、このシリーズだけは別腹。
FPSが苦手なのは変わらないので難易度は最初レギュラーでスタートしたものの速攻でルーキーに自ら降格しましたけどね。
まだキャンペーンの途中なんですが(ホワイトハウスに着いたところ)、面白いぜ。ただ、睡眠過多の直後に連続プレイしたので頭痛になっちゃいましたが。

あと、1回だけマルチオンラインプレイにも挑戦。人見知り芸人の私は他人に迷惑をかけるのが怖くてフリーフォーオールで挑戦したのですが、めっさ死にまくり。ぶっちぎりの最下位でしたとさ。モニターの向こうで外人が「なんてヘタレなジャップなんだHAHAHA」とか言ってんだろうな。誰か俺を接待プレイしてください。

あ、気が付きゃ、明後日にはFF13か。冬コミ原稿は終わってるから気兼ねなくプレイできるんだけど、週末にならないと買いに行けないんだけど、DSソフトじゃないから売り切れたりはしないよね?
ちゅか、FF13もいいんだけど、DQ9にケリをつけたので、コミケ上京時にプレイするDSかPSPソフトが欲しいんだよねぇ。本命はゼルダの新作なんだけどさ、こっちの方は週末には売り切れちゃう可能性高いよねぇ。

最近のCD。


左上:餓鬼レンジャーのポチョムキンのラップを集めたミックスCD。
右上:新人ロックバンド、ゼム・クルックド・ヴァルチャーズのデビューアルバム。新人バンドつーても面子はジョシュ・オム(クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ)、デイヴ・グロール(フー・ファイターズ)、そしてジョン・ポール・ジョーンズ御大(レッド・ツェッペリン)
左下:こちらは日本の新人バンド(平均年齢18歳!)、ズットズレテルズのデビューアルバム。若い頃のレッチリとビースティーズがバンドを組んだような1曲目(リンク先(MySpace)にPVあり)とかアツイぜ。あと、昨日知ったんだけど、このバンドの要であるベーシスト(口ひげに眼鏡の青年)って、ダウンタウン浜田の息子なのな! 言われてみれば似てるわ。浜ちゃんの息子がベーシストってのはバラエティ番組とかでちょこちょこネタになってたけどCDデビューしてるとは思わなんだ。こうなったらHEY!3の出るまで頑張れと言いたい所だが、バンドは今年の夏にすでに解散してたのでした。ちなみにベーシストは現在OKAMOTO'Sというバンドで活動中。
右下:そしてKNOTSさん(なぜかこれだけ「さん」付け)の1stアルバム。まあ、私はpixivの初音ミク漫画で知ったくちなんですけどね(ニコニコはほとんど見ないので「若干P」は知らなかった)。切ない歌詞に中性的な声だけど湿っぽくは無くカラッとポップ。ポップソング・フロム・彼の部屋・トゥ・僕の部屋。リンク先にPVと試聴があるよ。

絵が無いのも寂しいので、昔描いたネタで、間借りさんで出してないのをサルベージしてきた。

はるみねーしょんとトータルテンボスの違い

「しのびねえ」って言うのは藤田じゃなくて大村の方だけどな。
トータルテンボスで思い出したけど、M-1ファイナリストが発表されましたね。東京ダイナマイトがカムバック! これが吉本効果か?
あとオードリーの名前が準決勝の中にも無かったけど、去年がラストイヤーだった?

あと、最後にもうひとネタ。俺もかきふらい先生ネタに挑戦してみた。


12月6日(日)
お久し振り! 俺だよ! 間借りさんだよ! 上に書いてあるだろ!

いやね、もうこれ以上粘っても本の出来が良くなるわけではないので、もうスパッと入稿しちゃいましたよ。
お勤めを終了してこれで晴れて自由の身ですよ。ミ・オブ・ジユー。
先月発表したスペースNo.告知が過去ログに行っちゃったんで、再度告知しておこう。

 コミックマーケット77

 12月30日(水)

 西1ホール ま−02b

 RICK RUBIN (リック・ルービン)

当日のお品書きに関してはまた直前の更新でお知らせしたい所存です。

シャバに出たんで、この週末は映画館へ。日曜日は用事があるんで土曜日に3本詰め込んだよ!

土曜日は怒涛のアニメ映画3本立てってことで3本ハシゴしましたよ。

まずは「
マイマイ新子と千年の魔法」@名古屋ピカデリー9:00。
実はこの映画、まったくのノーマークだったんですが、えらい一部で評判が高いのが気になって急遽プログラムに組み込みました。トップバッターにしたのは単にこの朝一の上映回しかなかったから。
しかしこれがすごい良い映画だったんだ! 普通の人の日常生活をきちんと描写することによって得られるアニメーションの快楽。空飛んだり爆発したりだけがアニメの快楽ではないのです。まあ、そのせいでキャッチーなフックに欠けるのかもしれないし、それで「観れば分かる」っつー歯がゆいお勧め方しか出来ないんだけど(単に私の文章力の足りなさもあるが)。
単にほのぼのいい話じゃなくて、大事件や大冒険は無くともちゃんとドラマはあって、感動して映画館を出ることが出来る作品なのです。
口コミ効果を狙うにしても上映回数が少ない&公開期間が短すぎてなぁ…。名古屋だと今週は朝9時の1回のみでしかも11日で上映終了だし…。サマーウォーズの10分の1でも盛り上がりがあれば…。

2本目は「
戦場でワルツを」@名演小劇場12:10。
今年のアカデミー賞外国語映画部門で「おくりびと」に賞は譲ったものの、大本命と目されていた作品。レバノン戦争時の失われた自らの記憶を求める男の物語。
アニメーション・ドキュメンタリー作品という前例が無い面白い手法。ドキュメンタリー映画なんだけど、全編アニメーションで描くことによって、インタビュー場面も過去の戦争場面も登場人物が見る妄想や夢もすべて等しいリアリティで語られることが可能っていうね。
アニメーション自体はローテクなんだけど(実写映像をデジタル変換とかじゃなくて、一から描いてる)、そのことは特にマイナスにはなりません。映像観てスゲーってなるアニメーション映画ではなくて、あくまでもドキュメンタリー映画なので。

その後、本屋に寄ってコミケカタログのフィジカルリリース版(つまり冊子版。ROM版はデジタルリリース版)を購入〜。特典とかはいらないので、同人ショップやアニメショップではなく普通の書店で買いました。

んで、一旦家に帰った後、ラストの「
カールじいさんの空飛ぶ家」(3D)@中川シネマワールド20:00。
まあ、ピクサーは高値安定なんで安心して観てられます。まあ、特に語ることもねーよw
ピクサーで初めて人間の主人公だけどちゃんと冒険してたし。でもそんなにアクロバティックなアクションはさせられないなぁ、なんて思ってると、ラストで、妻が残した冒険アルバムに貼られていた写真を見せられて、ああ、と納得させられたりとかね。

そんなこんなで丸1日かけて、中村区、中区、中川区の3区を股にかけた3本立てが終わったのでした。疲れたよ。

という訳で今日のお絵かきはマイマイ新子プッシュでマイマイ新子絵だよ。この為に今日更新したようなもんだよ。ホントは今週まで休む気まんまんだったのに。
ってんで、主人公の青木新子ちゃんと島津貴伊子ちゃん。共に小学3年生。

マイマイ新子はかなりの上物のガール・ミーツ・ガール物でもありますからして。新子と貴伊子が仲良くしているところを見るだけでも頬が緩むよ? 二人で縁側に座って一緒に一冊の雑誌を読んでいるカットとか萌えるよ?(こういう売り込み方もありか…)


 (画・文 P.I.L.)

戻る