title

2009年 5月
 

5月31日(日)
よう。俺だよ。

こないだ職場の健康診断があったんですよ。去年の健康診断で同僚が検便で引っかかって、内視鏡検査→ポリープ発見→手術という流れになったのを見たんで、今回は私も検便にチャレンジ。レッツ大便検定。しかし、今の検便ってずいぶんスマートになってきてるのね。弁を容器に入れるための長い木製のアイススプーンを用意したのだが必要なかったよ。さて、どんな結果になりますか。それよりもまずは尿酸値の方だよな…。ホント、のっけからオッサン臭い話で申し訳ない。

最近金曜日公開の映画ってのが増えてきたよねぇ。ってんで先日の金曜日、仕事から帰ってきてからそのまま近所のシネコン行ってレイトショーで「スター・トレック」観てきたぜぇ。
今までスター・トレックはTV版も過去の映画も全く手を付けずにこれまでの人生を過ごしていたんですが、今回は(特に本国での)評価が高かったので初トライ。初体験なのであそこがおかしいとかここが不自然とかいうのが無いので素直にSFアドベンチャーとしてとても楽しめたですよ。主要メンバーが徐々に集結していってそれぞれに見せ場があってという展開は王道だが燃えます。アメコミ系映画がダーク&シリアスに流れる中、前向きさ加減が本国で受けたんじゃろか。日本でもヒットして欲しいなぁ。

そんなんで金曜日に夜更かししてたんで土曜日は殆ど寝てましたよ。昼近くまで寝て、街出て、夕方家帰ってきてから寝て、晩飯食って、夜10時前に寝た。
んで街に出た時に久々にゲーム査収ってんでDSの逆転検事買って来ました。DSやるの久し振りだなぁ。前回やったソフトが何だったか思い出せないくらい久々。長い放置期間の間にACアダプターを紛失しちゃったので一緒にアダプターも買ってきました。
とりあえず現在1話をクリアしたところ。今回は捜査画面がキャラクター操作型でドット絵キャラお芝居形式。今、PSPでFFタクティクスをやっているのもあって、スーファミ時代のFFのイベントシーンを思い出した。

あ、PSPって言えば新型PSPのPSP Goの情報が出ましたね。今年の秋予定か。早いなぁ。てことは私は3000は買わずにGo待ちになるなぁ。でもUMDが無かったら現在のソフト(モンハンとか)はどうやって遊ぶんじゃろか。あと、私はソフトはクリアするか遊ばなくなったら即売る派だから、ダウンロード販売のみになるとそれも出来なくなってソフト回転率が下がるかも。まあ、現在も回転率低いんですけどね。

そして今日、日曜日は地元で開催していたアイマスオンリーイベント行ってきたよ。地元のオンリーイベント行くの何年振りじゃろか。かなり大昔にマリみてオンリーイベント行ったきりだからなぁ(ちゅか、オンリーイベント自体片手で数えるくらいしか行ってないのだが)。
名古屋駅でソフト売りに行ってたり、飯食ってたりとかもったらもったらしていて、会場に着いたのが12時半ごろ。まあ、アイマスシーンはそんなに詳しくないのでこーわさんとるかさんの本だけが目当てだったんですけどね。
しかしこーわさんの新刊は完売…しもた。もったらし過ぎた…。仕方なく見本本を網膜に焼き付けておく。美希の…胸が…。
るかさんの本は買えました〜。春香の「田舎の女子高生」属性にスポットを当てた春香とクラスメイトとの放課後やりとり漫画。こういうやり方があったのか!と目から鱗がちぎれ飛びましたよ。クラスメイトの子がめっさ可愛かったので思わずお絵描き。



他人の同人のオリジナルキャラを描くのってどうなの、という感じもしますが、春香のクラスメイトのカナエちん(改めて言っておきますが、るかさんのオリキャラです)。右下の子は同じくクラスメイトの森ちゃん。一応春香も入っているのでこの絵はアイマス絵に分類できるぞ。

結局本はこの2サークルでしか買わなかったんですが、イベント自体は凄い盛り上がってて羨ましかったス。地元のイベントって近年はメンコミとライブしか行ってなかたからなあ。ちゅか、サークル参加自体はもうコミケしかしてないんですけど。
あと、結構男性向けの本があるのね。普段マリみてで活動しているからオンリーイベントってとてもストイックなものって思い込んでたわ。
それにしてもこの日も私の人見知りアビリティが発揮されて(非コミュ指数: 54(レベル2/中度非コミュ/無関心型)だからな)、あんまりお話できずに終わったのでした。

でもイベント行ってその雰囲気にオラも元気を分けてもらったぞ、ってんで今日も漫画描いただ。けいおんだけど(またか)。

彼女の領域(1/2)

そんな感じで今日の出張!間借りさんは終わり。来週末は職場の旅行なので多分お休みです。



5月24日(日)
今回はちゃんと週末に更新〜。ってんで出張!間借りさんスタート。

ちゅても前回から日にちが経ってないから何も無いんだけどね。査収物も無いし。
映画は先週雨のために観に行き損ねていた「天使と悪魔」を近所のシネコンに観に行っただけ。ダ・ヴィンチ・コードの時は原作を読んでから映画を観に行ったのですが、今回は原作読まずに映画観に行きました。結果は受ける印象はそんなに変わらなかったよ。

そういや前回の日記に書き損ねてたんだけど、ぶる姉(20代男性)に14歳女の子のマイピクがいるって聞いてグギギギギギギギギg…ってなったよ。そうか…東方絵を描くと14歳おにゃのこのマイピクが出来るのか…。この際にジャンル変更するか?(14歳女子のマイピク欲しさにジャンル変更する30代男性)

土曜日はシネコン行ってネカフェ行ってだったんだけど、日曜日は朝から知り合いのレイヤーさんの撮影会に混ぜてもらっていたのでした。
コミケやコスプレサミットで写真を撮ったりしている私ですが、写真は全然詳しくなく、ホント、旅の思い出のスナップ写真程度の感覚なんスよ。カメラもポケットに入るコンパクトデジカメだしな。
そんな友達以上カメコ未満の私が始めて撮影会に行ったんですが、そんなトーシロっぷりが丸出しのグダグダ加減で、まず朝、撮影場所に行く時に降りる駅まであと1つという所で財布を忘れたことに気付き、一旦家に帰ったため1時間の遅刻(これはそれ以前の問題だろ)。1時間遅れで撮影に参加したもののメディアカードの用量が小さすぎて途中でメモリがフルに。ノーパソを持ってきていた別の参加者さんに中身をコピーしてもらって撮影に再参加したら、今度は予備のバッテリーを持ってなかったため撮影会途中でバッテリー切れ。とまあ、モデルさんから哀れみを受けてしまうほどのグダグダっぷりでしたよ。まあ、綺麗な写真を撮るよりは(まず腕が無いからね)雰囲気を楽しもうって感じのスタンスで参加して、実際撮影会も人数も適度でそんなにカツカツしてなくてゆるゆると冗談をかましながら過ごせたんで良かったかなと。
撮影会が終わっても一緒にファミレス行ってロケ写真を見せてもらったりとかゆるゆると過ごしてました。

そんな感じの週末でしたとさ。おしまい。
んで今日のお絵描きはまたまたけいおん漫画。なんかけいおんネタの方がするすると出てくる状態なので…。名古屋でもやっと学園祭話やったよー、ってんでこんな小ネタ。

本番直前

アレ? ムギ初描き? 初描きでコレ? いや、別に差別しているわけではないんですが…。

現在私は毎週けいおんとハルヒとハヤテのアニメを観ている状態なんですけどね。週にアニメ3本って俺史上初だよ。ハルヒは本放送の時はシーズン途中からの鑑賞だったからね(その時原作のシリーズを読んでいる途中で原作の既刊を読み終わるまでアニメを観るのを控えていたので)。今回最初から観ようとしてたんだけど途中から新作が挿入されてるんだって? 名古屋だと先週退屈だからなぁ。今週笹の葉?

最後に今日のマリみて(久し振りだな…)。マリみて的お絵描き掲示板で久々に祭りをやっていたので久々に投稿してみたよ。ツインテ祭りをやっていたのだがメインキャラはだいたいツインテられていたので、まだツインテられていなかった可南子をツインテってみた(ツインテツインテうるさいよ)。

そういや、マリみて新作の情報が。早かったなぁ。もうちょい釈迦みてで引っ張るのかと思ってた。ちゅか結局3年生編なのね。



5月20日(水)
うへえ!遅刻した。3日も遅刻した。ってんで出張!間借りさんスタート。
いや、別に週末忙しかったわけじゃなくて逆に暇ぶっこいていたんですけどね。日曜日軽く昼寝するつもりがガッツリ夜まで寝てしまいお絵描きできなかったというのがウワサの真相。

ホント先週の週末はイベントにも行かなかったし、雨が降っていたので地元のシネコンにも行かなかったんだけどなぁ(土曜日に街に出て「ブッシュ」だけ観たけど)。睡眠欲には勝てねぇ。

この間にダウンタウンの大きい方が結婚したりとか、サンドウィッチマン富澤が民主党総裁選挙に敗れたりとかの芸能ニュースがあったわけですが、そんなのはともかく、先週の査収物は「アオイホノオ」2巻(島本和彦)、「純真ミラクル100%」2巻(秋★枝)、「つぼみ vol.2」(Various Artists)。
つぼみは「しまいずむ」(吉富昭仁)が一挙2話掲載でによによ。このまま5年くらい待てば単行本化される?
そしてアオイホノオ繋がりでゲッサンこと月刊サンデーも買ってきたよ。一番の目当てはあずまんが大王だがな。さすがパイオニア。格の違いを見せつけてくれたぜ。そして面白かったっつーか興味深かったのは別冊付録のモリタイシのオフ会レポ漫画。福光しげゆきだの(ということは先週のモーニングの「僕の小規模な生活」に出てきた漫画家はモリタイシなのか?)、藤木俊だの(「はじめてのあく」の貧乳ヒロイン誕生のきっかけはモリタイシと氷川へきる?)、大沖だの(ここで名前を見るとは)。
とりあえずあずまんががあるので来月と再来月は買います。閣下の新作は今の段階ではなんとも言えないにゃあ。

ゲームの方はPSstoreでファナルファンタジータクティクスを購入〜。PSPでプレイ開始。しかしアレだな。いろいろとこまごましててなかなかサクサク進めない(繰り返し語4連発)。たしかPS版買ったときも前半の方で挫折したんだよな。DS版も前半で挫折したし。あらかじめ挫折する定めの下に購入したソフトだが、とりあえずちまちま進めていこう。ちゅか今月末のアイマスオンリー。PSP版ストーリー1人半って状態で参加していいの!?

日曜日に描ききれなかったお絵描きが今日出来たぜ。ってんで今回もまたけいおん漫画

スカートの中の食器


名古屋の方じゃけいおん!の放映が数週間遅れてて、まだ学祭の回やってないんスよ。しかしネットでがんがんネタバレしてるのでもうあらかじめ見所が分かっちゃってるという。ま、別にいいんですけど。
このままけいおん漫画を描き溜めていけば9月のプチオンリーに本が出せるか? でもサンクリとかぶってるんだよね。ちゅても私はサンクリに一切関わらない生涯を送っているのではあるが。

長い日記の書き方が分からなくなっちゃったので今日はここまで!



5月10日(日)
GWに日記を頑張りすぎて、今現在スッカラカンの状態なんで何も無いんです。いや、なーんにも無いんです。すぐ終わるよっ!

映画も行かなかったしな(GW中に6本観りゃ十分だろ)。代わりにネットで夏の大作の予告編だけ見てましたよ。夏の本命「トランスフォーマー:リベンジ」の新しい予告編とか。夏の対抗はスタートレックだったんスが、「G.I.ジョー」の予告編が予想外に良かったんで(失礼)、期待値が急上昇。まあ明らかに「トランスフォーマー以降」って感じなんですが。キャストがデニス・クエイドだのイ・ビョンホンだのレイ・パーク(ダース・モール)だのと結構カオス。そして「エヴァンゲリヲン新劇場版:破」の予告編も良かったんですが、これは予告編無くても観に行くのでオーライ。

あとは日曜日にまた地元のイベント行って知り合いのレイヤーさんの写真を撮ったりとかそんくらいですよ。ホントは昼間に歯医者の予約があって行ってたんでイベントには行かない予定だったんですが、歯医者の治療が久々にチョー痛かったんで、なんか心に平穏が欲しくて(なんだそりゃ)。

帰りにアニメイト寄って査収作業。今週の査収物は「狼と香辛料XI Side Colors II」(支倉凍砂)、「瞳のフォトグラフ」1巻(GUNP)。
そして今回のお絵描きはちょい前の査収絵で「天然あるみにゅーむ!」絵。単行本出たら単独査収絵を描こうと思っていたのだが、丁度当時きらら祭りで別のネタを思いつきそちらを描いていたので、今回改めてお絵描き。ってんで、マリー桜井さん。





ドリクラのおっぱい揺れはデドアラ1作目以来の衝撃。ただソフトを買うかどうかは評判を聞いてからにしよう。8月発売予定だったっけ。

んで話はちょっと戻って、アニメイトに行った後メロンに寄って「けいおん!」の同人誌を何冊か買ってきました。いや、ちょっと9月に名古屋でけいおん!オンリー即売会がある(正確にはメンコミのイベント内プチオンリーですが)のが気になるんですよ。ここんとこずっとメンコミ行ってないけど、これはちょっと覗いてみようかな、とか。んでもしかしたらもしかしたらサークル参加してみようかな、とか(最近珍しく毎週アニメ観てる作品だからな。過去の例だとハルヒ、らきすたといずれも本を作っている)。
でもサークル参加するには本を作らなきゃなんないんですよねぇ(当たり前だ)。これが1番大きい壁だ。んで、世間のけいおん!同人誌ってどんな感じなのか見てみたかったという次第。
そしてけいおんネタ描いてみたぜ。

細かすぎて伝わらないモノマネ選手権(グランジ編)

…ダメだこりゃ。こんなんで本はできねぇわ。
元ネタ→"Smells Like Teen spirit"Nirvana (4:18頃)、"Jeremy"Pearl Jam (0:47頃)。
前にもけいおん絵でスメルズ・ライク〜ネタ使ったけど、考えてみりゃどっちの曲も18年も前の曲なんだよな。軽音部のメンバーが生まれる前の曲やんか! あー…「アメリカン・イディオット」ですら軽音部メンバーが小学生の時の曲になるのか。おーコワ! バンドやってる女子高生ってどんな曲聴いてるの? 最近のアルバム…つーてもフリート・フォクシーズとかじゃないだろうなあ…。
まあ、どんな音楽やらせてもいいし、ちゅか別に無理に音楽ネタする必要も無いのか。

あと、名古屋のオンリーと言えば今月末にアイマスオンリーが開催されるらしいッスよ。参加サークル一覧も今日発表されてます。これはこーわさんやるかさんも参加されるようなので俺も一般で行くよっ!



5月6日(水)
…本日、黄金週間様がご臨終なされました。R.I.P.

ってんで皆さんどんなGWを過ごされましたか? 私はこんなGWを過ごしていましたよ。ポワポワポワ〜ン(回想シーンに入る効果音)。

1日目(4月29日)
仕事が無いためこの日からマイ・ゴールデンがスタート。8連休の幕開けだよ。しかし給料振込み前でお金が無いので自宅警備の日。弟がDVDを借りてきたので一緒に見てました。「アイアンマン」と「デトロイト・メタル・シティ」。どっちも映画館で観てるんですけどね。
そして弟が帰った後は部屋に積んであった映画パンフと同人誌の片付けを。それに関しては前回・前々回の日記を参照してください。

2日目(4月30日)
折角の連休でもお出かけする先が映画館や地元のイベントじゃ普通の週末と変わらない。どこか他の場所にお出かけしたいなぁ。という訳でこの日お出かけしたのが名古屋空港。ちゅーても飛行機に乗って遠出したわけじゃございやせんよ。新型インフルエンザの警告水準がフェーズ5に引き上げられた直後だっつーのに何で名古屋空港まで行ったのかというと、愛知県で唯一デジタル3Dスクリーンがあるミッドランドシネマ名古屋空港があるのです(結局映画館かよ)。
名古屋駅から直通バスで約30分で名古屋空港へ。ホントはシネコンに行くには名古屋空港の1つ向こうの停留所までバスに乗っていかなければならないんだけど名古屋空港で降りてしまったため周りにシネコンが無くてすっげえ焦ったよ。
そんなこんなでこの日は3Dスクリーンで「
U23D」を観てきました。3Dつーても過剰な装飾は殆ど無く中身はU2のライブのみ。最初の方は3D映像にうひょひょーと喜んでいたんですが(ドラムセットの立体感とか!)、3Dメガネが小さいせいか終盤はちょっと頭痛がしてきたよ(メガネが小さいんじゃなくて頭が大きいのでは?)。
内容はライブのみだったんだけどU2で知ってる曲がほとんどなので私は楽しめたんですが、ファンじゃない人はただ3Dってだけじゃ全編楽しむのは難しいか?

3日目(5月1日)
この日は勝負の日! 毎月1日は映画が1000円の日(また映画か)。映画1000円の日は土日とカブらないと利用できなかったのですが、今回は1日に仕事が休みだぜ、ってんで街に繰り出したよ。近所のシネコンならレイトショーだの割引チケットだので安くする手はあるんだけど、街中の映画館だと安く観れるのは毎月1日しかないからな。
という訳でこの日は午前中からフル回転でまずは伏見で「
ミルク」→昼飯→伏見で「ドロップ」→時間が空いていたので一旦帰宅→また街に出て夕方から名駅で「デュプリシティ/スパイはスパイに嘘をつく」をハシゴ。3本観ても3000円だぜ。だけど流石に疲れたぜ。

4日目(5月2日)
この日は街に出ない日。地元のシネコンに行って(また映画か)、ポイントがたまっていたのでタダで映画を観てきたぜ。ってんで、この日は「
グラン・トリノ」。映画を観た後はネットカフェで漫画を読んで過ごしていましたとさ。

5日目(5月3日)
この日は街に出る日。地元のコスプレイベントに行って知り合いの写真を撮っておりました。

6日目(5月4日)
この日は街に出ない日。地元のシネコンに行って(また映…デジャヴ!?
毎週月曜日は近所のシネコンで男性1000円のサービスをやっているんですが、ウチの職場はGW以外祝日が無いので利用することが出来なかったんですよ。でもこの日は月曜で職場が休みなので1000円サービスが利用できるぜ。ってんでこの日は「レッドクリフ Part II/未来への最終決戦」(未だにこのサブタイトルは意味不明だぜ)。

7日目(5月5日)
この日は街に出る日。名古屋港に行って地元の同人&コスプレイベントへ。同人も買わなかったし、コスプレ写真も撮らなかったんだけどね。何しに行ったんだって感じだけど、単に雰囲気を味わいに。同人イベント行くと原稿頑張ろうって気になるので。しかしコミックライブは同人は完全に女性向けになったなぁ(今に始まったことじゃないけど)。とりあえず原稿用紙と消しゴムだけ買いました。

8日目(5月6日)
そんなこんなで黄金最終日。結局映画館と地元のイベントに行って終わっちったよ。この日は雨も降っていたので完全自宅警備日。前日にTSUTAYAで借りてきた内村プロデュースのDVDを観ながら日記書いたり、ゲームをしたり。あとはこの日記をアップして終わりだ〜。

イベント2回、映画6本、DVDで観た映画は(弟が借りてきたのを除くと)1本(「キミに逢えたら!」)。ゲームはGW中にクリアしようと目論んでいた「龍が如く3」は最終日のスパートが功を奏して何とかクリア。子供の世話が多くてメンドかったよ。
といった連休でしたとさ。

ちなみにこの間の査収物は「青い花」4巻(志村貴子)、「高校球児ザワさん」1巻(三島衛里子)、「以下略」(平野耕太)。ザワさんはそのフェチin日常っぷりにシビれる。オタの飲み会でのダベりをそのまま単行本化したような以下略には何も言えないし何も言わない。

最後に今日のマリみて(なんか久し振り?)。部屋の整理をしていたら下書き描きかけの原稿が出てきたので完成させました。台詞が書いてなかったのでどういう台詞を入れるつもりで描いていたのかが分からなかったのでチョイ苦労したけど。

アンダー・ザ・セーラー





5月5日(火)
GWも終盤戦。間借りです。

今回の日記は前回の続きなんですが、前回同様写真が多いので最初にお絵描きを。

ゲット・ビハインド・ミー・サタン

前回の日記でもネタにしましたが、けいおん!と言えばジャケパロ絵。ってんで私も描いてみたよ。元ネタはコチラ

んで、前回の日記の片付けネタの続き。映画パンフと同じく部屋の中で塔になっていた同人誌の方も片付けた(ちゅか、現状は正確には段ボール箱が無くなったんで物置部屋に塔を移しただけの状態なんですが…)んスけど、大まかに数えたら800冊程ありましたよ。まあ、持っている人から見れば全然少ない数字なんですけどね。そんなに同人誌を買い込む方じゃないんですが、他の雑誌や単行本と違って同人誌は処分しづらくて(手間的にではなくて心情的にという意味で)、時間が経つうちにここまで溜まってしまいました。

ついでに大まかなジャンル分けしたんですが、やっぱマリみて本が圧倒的に多くて800冊中300冊ほどがマリみて本でしたよ。次に多かったハルヒ本が50冊程度だったんで戦力の差は圧倒的。
同人誌をほじくり返していたら、いろんな人が描いたマリみて本が出てきたんで今回はコレをネタにして日記1回分のスペースを埋めることにしたのでした。下記は一応全部自分でイベントで買った本。

左より大沖さん(ゲストはあらゐけいいち!)、かきふらいさん、こむそうさん。

左より山名沢湖さん、こーわさん、林家志弦さん。

左より瀬浦沙悟さん、小梅けいとさん、東雲太郎さん。

左より中嶋ちずなさん、眼鏡マリみてアンソロ本(ニュースサイトの中の人とかも参加)、あらきかなおさん。

絨毯爆撃とかそんなに手広く買ってないので(どっちかというとサークル決め打ち系)、そんなに激レア本がある訳じゃないんですけど(つかそんなに詳しくないので同人誌のレア度なんか分からねえよ。単に数が少ないってんならウチの本が一番希少だよ)。

他人の昔の同人誌ばかり晒すのもアンフェアなので、同時に発掘された自分の昔の同人誌も晒すぜ。この機会なんでウチのサークルの歴史でも振り返ってみるぜ。

To Heart期(1998-1999)

コミケ(イベント)初参加が1998年の冬コミ(あ、前回の冬コミでサークル10周年だったのか…)。全年齢向けの東鳩ギャグ本。この頃の私はパソパラにハガキ投稿しておりました。蛇足エピソードですが、俺の記憶が確かならば初参加の時、隣のサークルがスパイシー大作戦だったのだがその時私は氷川へきるを知らなかったのでした。

男性向け期(1999-2000)

サークル名が現在の「RICK RUBIN」となり(名前の由来はサークル名を考えている時にたまたま聴いていたCD(レッチリの「カリフォルニケイション」)のプロデューサーの名前を採りまった)、男性向けサークルにジョブチェンジ。左から東鳩、ラブひな、こみパ本。基本陵辱。

ガンパレード・マーチ期(2001)

この時はプレステのガンパレにハマっていて(電撃ガンパレード・マーチも買ったぜ)ガンパレ本をリリース。右は男性向けですけどね。

こみっくパーティー期(2002-2003)

ドリキャス版が出たのを機にLeafにカムバック。男性向けは難しいと断念して全年齢向けに戻ってきました。右の本はマリみて移行後に出した出した左と中の本の再録本。

マリア様がみてる期その1(2003)

という訳でこの年からマリみてに参入。そしてこの年から「出張!間借りさん」の前身「間借りさん」がスタート。

マリア様がみてる期その2(2004)

そしてこの年、皆さんご存知の「出張!間借りさん」スタート。左は再録本、右は勝手にキャラを捏造した超薔薇様世代本。

マリア様がみてる期その3(2004-2006)

左はまたもや再録本。この頃はジャンル効果もあってか既刊の方がすぐはけてしまうのでまとめ本を作っていました。中は地元のメンコミ用に作った唯一のマリみてエロ本。びっくりするくらい売れなかったよw。この頃はコミケ3連敗とかあってあんま本を作っていない時期でした(年1冊ペース)。

マリア様がみてる期その4(2006-2007)

この頃はマリみてやりつつハルヒやらきすたをつまみ食い。

マリア様がみてる期その5(2008)

んで去年。左はマリみて×ハルヒ融合本。中は唯一のオリジナル(?)ドキにぼ本。

10年が25冊で終わってしまいました。こんなことじゃ一生ねこま屋に追いつけないぞ!
他にコピー本とか落書き寄せ集め本とかあったんですが奥付が無くていつ作ったヤツか分からなかったので割愛。
そしてもう1冊発掘されたのがこちら↓

帯をギュッとね!期(1993)

男性向け期の本が発掘されたくらいでは全然驚かなかった私ですが、これが見つかった時は肝をつぶした。帯ギュの単行本巻末の読者投稿コーナーに投稿していた頃に作ってみた初同人誌。流石にこれを持っている人はいないだろう。

ちなみに今回の整理で、生まれて1番最初に手に入れた同人誌も出てきたよ。

マイコンイラストレーションマガジン第1号

発行は1987年(!)。当時のベーマガのイラスト投稿常連の方々が集まって作られた同人誌。あと私が持っているこの本の裏表紙に山下章氏の直筆サインが入っているんだが、どういう経緯でこのサインが入ったのか全然憶えていないんですが…(貰った時から入っていたのかな?)。



5月2日(土)
みんな定額給付金は貰ったかい? 名古屋市はまだなんだ…。間借りです(挨拶)。

今日の日記は写真が多いので最初にお絵描きを。
コミック電撃大王の今月号からまいたけ先生の新連載が始まったぜ! ってんで先手必勝という訳で「大奥チャカポン!」のたまちゃん(ツッコミフル回転)とソラちゃん(金髪碧眼お洋服)。

みんなGWはどうだい? 満喫しちゃってるのかい?
私は職場の仕事が無いせいで先月の29日から連休に入っちゃったんスよねぇ。8連休ですよ。アハハ(あんま笑ってる場合じゃないのでは?)。

休みになっても金は無いので自宅警備くらいしかすることが無いんで、この機会だからと、部屋の中で幾つもの塔を形成している同人誌と映画のパンフの片付けをしてました。塔状に積んであったパンフと同人誌をダンボール箱に入れて物置部屋に運んだだけなんですが、量が多かったので結構部屋の空きスペースが広がりましたよ。

この手の片付けはついつい中身を読んでしまいなかなか進まないってのが世の常。色々なパンフが発掘されたので今回はコレをネタにして日記1回分のスペースを埋めることにしたのでした。

LPジャケット型

ビョーク主演の鬱ミュージカル「ダンサー・イン・ザ・ダーク」のパンフはミュージカルってのとミュージシャン主演ってのがあってかLPジャケット型。つか本物とまるで同じ作り。帯まで付いてます。イギリスの実在のレコードレーベルを題材にした映画「24アワー・パーティー・ピープル」のパンフも12インチのアナログ盤ジャケを模した作りでしたが、本格度はこちらが数段上。

封筒入り(その1)

ドンデン返し映画の代名詞的作品「ユージュアル・サスペクツ」のパンフは封筒入りでしかもシールで封をしてあるという徹底振り。松本人志の「大日本人」のパンフも同じような感じでしたね。

封筒入り(その2)

同じ封筒入りでもショーン・ペン監督作品「プレッジ」のパンフは私信を思わせる小型の封筒入り。そういや「秒速5センチメートル」も郵便物っぽい封筒入りだったな。

ビニール袋入り

ダニー・ボイル監督のバイオホラー「28日後…」のパンフは薬品ラベルを思わせるシールが貼られた黒いビニール袋に密封されていてバイオ感を演出。ちなみに続編の「28週後…」のパンフはフツーでした。

新聞風

実在の事件を基にしたティム・ロビンス監督作「クレイドル・ウィル・ロック」と、ゴールデンゲートブリッジでの自殺者を扱ったドキュメンタリー「ブリッジ」のパンフは共に新聞風。

紙芝居風

映画の各シーンが1枚1枚バラバラに入っていて紙芝居風になっているフランスのアニメ映画「ベルヴィル・ランデブー」のパンフ。

絵本風

絵本風の装丁の「サウスパーク無修正映画版」のパンフ。絵柄もあってパッと見ほのぼのだけど映画の中身はドギツイ(まあ、表紙にフセインがチラッと映っている時点で全然ほのぼのじゃないんですがw)。

雑誌風

ファッション業界の内幕を描いたロバート・アルトマンの群像劇「プレタポルテ」のパンフはまんまファッション雑誌風。

特殊カバー

監督自ら1ヶ月間ハンバーガーを食べ続けて身体にどういう影響が及ぼされるか検証した体当たりドキュメンタリー映画「スーパーサイズ・ミー」のパンフはハンバーガーの包み紙みたいな紙でカバーがかけられています。

表紙加工

ちょい昔のヒットホラーシリーズ「スクリーム2」のパンフは写真だと分からないけど表紙のマスクの図柄が蛍光塗料で印刷されていて暗闇でぼんやり光ります。

ファイル型

んで、その続編「スクリーム3」のパンフはマグネットで留める事が出来る蓋付きのファイル型で内部に2冊のパンフが接着されており、しかもそのうち1冊がビニールテープで封がしてあるという凝った作り。

主な変り種っつーとこんな感じですか。監督別で分類したら、ここら辺↓が多かったよ。

クエンティン・タランティーノ監督作

デビュー作「レザボアドッグス」から皆勤賞で7冊。

コーエン兄弟監督作

「バートン・フィンク」以降「未来は今」を除いて皆勤賞で9冊。

北野武監督作

デビュー作「その男、凶暴につき」から意地で皆勤賞の14冊(見当たらなかったんで写真に無いけど「キッズ・リターン」と「みんな〜やってるか」も劇場に観に行ってパンフは買っているのです)。

スティーブン・スピルバーグ監督作

キャリアが長い&ブランクを空けないので初期の作品はあんま無いけど「ジュラシック・パーク」以降は皆勤賞(見当たらなかったんで写真に無いけど「ロスト・ワールド」も観に行ってパンフは買ってる)のスピ先生が16冊。最初の2冊(「1941」と「レイダース」)は劇場では観てなくて後で買ったものだけどね。

他に多かったのはティム・バートン(9冊)とかロバート・ゼメキス(8冊)とかリドリー・スコット(7冊)とかデヴィッド・フィンチャー(6冊)とか。

蛇足のミニコーナー「パンフで振り返る俺アウォード、今年の1本」

第1回(1999年):「マトリックス」、第2回(2000年):「マグノリア」、第3回(2001年)「スナッチ」、第4回(2002年):「少林サッカー」、第5回(2003年):「シティ・オブ・ゴッド」(これだけ劇場に観に行けなくてDVDスルーだったためパンフ買ってない)、第6回(2004年):「ロード・オブ・ザ・キング/王の帰還」、第7回(2005年):「銀河ヒッチハイクガイド」、第8回(2006年):「ユナイテッド93」、第9回(2007年):「300」、第10回(2008年):「クローバーフィールド/HAKAISHA」

そんなこんなで何とか片付いたぜ。

こんな感じで。
ちなみに今回の整理で、生まれて1番最初に買ったパンフも出てきたよ。

↑これです。何とかオタっぽいオチが付いたか?

最後にヌルオタ女子高生ダベリ漫画。

フロスティング・オン・ザ・ビーター


一応元ネタ。アビイロードE.P.エレクトリック・レディランドヴァージン・キラーLOVESEXY残響

そういや「けいおん!」って言えば、先日「秋山澪」でGoogle画像検索したら私の絵が2番目になっていて吹いた。「田井中律」でも同じ結果に。「けいおん」でやっても2ページ目(原作やアニメの公式以外の二次創作絵ではトップ)に出てくる。単に発表したのが早かったから? まあ、「けいおん!」絵描く人は今いっぱいいるのでそのうちに下がってくるとは思いますが。

後、「放課後ティータイムにカヴァーしてもらいたい曲」なんてスレッドはないのかな? 参加したいんだけど。まあ、単に個人的に好きな曲を挙げて終わりになっちゃうんだけどね。私のiPodの中から、g兼vo、b、ds、keyが各1の編成の曲に絞り込んで選び出した結果、私が放課後ティータイムにカヴァーしてもらいたい曲は "Hush"Kula Shaker に決定いたしました(パープルじゃなくてこっちの方で)。制服女子高生にこんな演奏されたらマジで濡れちゃう。


(画・文 P.I.L.)

戻る