title

2009年 3月

 
3月29日(日)
暖かくなったり寒くなったりの今日この頃いかがお過ごしでしょうか?(普通の挨拶)

ってんでね、寒い週末でしたが、この週末は知り合い主催のお花見に参加しておりました。

@名古屋市内の小さな公園。参加者は20人くらいだったか。バーベキューセットを用意し、各自食材を持ち寄って焼いて食ってみたいな感じで。始まってからは流動的にいくつかの小グループに分かれてダベったりとか、PSPやったりとか(花見ろよ)。。
私は初動はPSPアイマスの名刺&アイテム交換w。ちなみに私はやよいのストーリーを1回終わらせただけの状態でそんなにアイテム持ってなかったんで貰うだけだったんですが。アイテム貰ったMさんにフォトやビデオで嫁自慢をされる。ちくしょー、他人のやよいも可愛いなぁ…。Mさんのアルバムはやよいの所だけほぼメモリ満杯。どんだけやよい好きなんだ。


Mさんの嫁

その後は定番のモンハンを。ちゅても私はほぼ1ヶ月ぶりのモンハンだったんですが。なんちゅか、かなり勘が鈍ってました。私はまだHR5なので上位組で集まって集会所クエをちらほらと。しかしこの日は屋外ということで画面が見づらかったのと、寒くて手がかじかんでパッドを操作するのも一苦労でしんどかったぜ。
そんな感じで駄弁ったりゲームしたり肉食ったりスイーツ食ったりと、ちょい寒かったけど楽しい週末の午後でした。

そして花見の後は近所のシネコン行ってレイトショーで待ちに待ってた「ウォッチメン」を。ダークなアメコミ映画っつーことで「ダークナイト」や「300」なんかと比較されていた本作ですが、観たら全然の別物だったよ。歴史改変SFに近いつーか。ヒーローを描いた作品ではあるんだけど、実際の世界にヒーローという存在が実在した場合、社会や政治にどのような変化を及ぼしてしまうのかという壮大な思考実験。
覆面で自警活動を行うヒーローに対する市民の不安・不信感はダークナイトなんかでも描かれてたけど、ウォッチメンでは時間・物質を超越した本物の超人DR.マンハッタンの登場により冷戦下の国際情勢にまで影響を及ぼし東西間の緊張が極限まで高まった世界でヒーローの存在意義が問われるという具合(自分でも何が言いたいのかよく分からなくなってきた)。

しかし膨大な情報量を持つ原作をほぼ改変することなく映画化しているので、そこが魅力でもあるんだけど、これはある程度事前に知識を仕入れていかないと、ただ長くて(2時間40分以上ある!)しんどいだけになりかねないので(ダークナイトみたいにスリリングなアクションシーンが多数あるわけじゃなし)、気軽にオススメしにくいなぁ…。私は原作は読んでないけど映画を観る前にwikiを見ちゃってネタバレしちゃった状態で観に行ったんスけどね。
とりあえずリチャード・ニクソン大統領は実際はウォーターゲート事件が元で1974年に辞任しているけど、映画の中では舞台である1985年に4期目を勤めているっつーのと、映画の中では1977年に可決されたキーン条例というもので覆面の自警活動が法的に禁止されている(映画の中で直接説明されてなかったよね?)っつーのは頭に入れておくといいかも。

地味目だが演技派をそろえたキャストも個人的には好感触。特にロールシャッハ役のジャッキー・アール・ヘイリー。「リトル・チルドレン」の時に俺アウォードの助演男優賞を受賞してますが、今回も冴えてます(大半は覆面姿ですが)。もう、イーストウッド的な凄みまで。あと、罠に嵌められて慌てるシーンはちょっと萌えたw。
音楽はベタな大ネタ使い。オープニングのミニッツメン→ウォッチメンの変遷を伝えるシークエンスでディランの「時代は変わる」とか最終決戦前で「見張り塔からずっと」(ジミヘン版)とかレストランのシーンでの「ロックバルーンは99」とか。(本国の)観客に当時の時代とリンクさせやすくするためか? だからエンドロールでのマイケミはちょっと浮くなぁ。

とにかく個人的には今年の5本入り確定。ちゅか現在暫定1位。

映画公開前に原作コミックスの日本語版も欲しくて本屋で見かけたら買おうと思っていたんだけど、なかなか見かけない。ってんでAmazonで買おうかと思ったんだけど、こちらも在庫切れで、再版待つしかないのかなぁなんて思ってたら金曜日の夜にAmazon見たら入荷していたんで、週末中に入手すべくお急ぎ便でポチったんですが、土曜日シネコン行ったらそこで売ってた。コレは盲点だったぜぇ。ポチった後だったんでそこで買うわけにはいかず、お急ぎ便が届いた日曜の夜までずっと我慢の子でしたのよ。この日記を書いている最中に届いたぜ。
という訳で今週の査収物↓

「ウォッチメン」(アラン・ムーア/デイブ・ギボンズ)、「WORKING!!」6巻(高津カリノ)、「聖☆おにいさん」3巻(中村光)、「ゆゆ式」1巻(三上小又)、そして単行本じゃないけど「まんがライフセレクション ゆるめいつ増刊号」。ゆるめいつ増刊号はDVDはもちろんだけど描き下ろし、単行本化されないであろう他作品、そして豪華ゲストによるゲスト原稿と盛りだくさんのマストアイテム。買っとけ。コンビにでも買えるぞ!

最後に今日のお絵描き。すこぶる80さんが「東方で女子高」略して「とうじょ!」ってネタを描いていて、これなら俺にも東方が描けるぜ!ってんで便乗してみた。「とうじょ!」は「女子高」「マリアリ」「バカップル」が基本概念のようなので、放課後に教室で1つのiPodを2人で聴くほど仲がいいマリアリを描いてみた。

もうちょい時間かけて描きたかった。



3月22日(日)
出費が多いなぁ。普段の不養生が祟って虫歯を溜め込んでしまい、現在絶賛治療中なのですが、これが結構バカにならない出費。しかも長期連載になりそうでイヤン。みんな、ちゃんと歯磨けよ。

少しでも生活の足しにしようとゲームソフトをいくつか売って6000円ほどの収入を得たんですが、このお金でヘルスメーター買っちゃいました。レコーディングダイエットってわけじゃないんですが、毎日体重を量ってみようかと。ヘルスメーターと一緒に手帳も買ってきて、毎日食ったモノと体重を書いていこうかと。多分1週間坊主で終わると思うんですが、少しでも長続きさせるためにここで宣言しておいて自分にプレッシャーをかけていこうかと。体重とかまではここでは書きませんけどね。なにしろ身長が160cmも無いのに体重は100kg超えているのはヤバ過ぎるものね。そりゃ痛風にもなるよ。
痛風の症状が出た直後は食生活を変えて(それまでの「1食1麺主義」(copyrightヘッドさん)を捨てサラダ中心の生活に)、体重が5kgくらいスルスルっと減った時期もあったんですが、痛みがひいてくると食生活が元に戻ってしまい(一人焼肉に行ったりとか)、元の木阿弥になっちゃったんで、ここらで本気で頑張らねば。
ちなみにさっき体脂肪率測ってみたら30%以上ありました。俺の体の3分の1は脂身なのか…。

あとは眼鏡も買い替えました。眼鏡市場で18900円ですけど。日曜の朝起きて眼鏡をかけようとしたら、テンプルが片方取れていたんスよ。レンズの方も傷だらけの栄光だったんで、この機会に買い換えるかってんで取れた眼鏡のテンプルをテープでぐるぐると巻いて固定して眼鏡を買いに行ったんさ。
そんなこんなで上記3つでこの週末2万円近い出費だったんさ。

そんな今週の査収物は「キン肉マンレディー」1巻(小川雅史)。ドキッ!女だらけの超人オリンピックですよ。ツンデレ+貧乳のラーメン娘(ニャン)が可愛いです。
んで査収物絵は必然的にキン肉マンレディー絵。

キン肉マンレディーと、キン肉マンレディーにスールの申し込みをしたレディ・ロビン。

キン肉マンレディーを読んで、女体化描きてえなぁと思って、何かネタがないかと本棚見たんだけど、ウチの本棚の漫画って女の子ばっかが出てくる漫画ばっかだったのだった。らきすたや苺ましまろじゃ女体化する余地が無え。

そういや「DQNネームの本当の怖さは老後」ってのがあったけど、みんなDQNネームのまま年をとったらそれが普通になるんじゃね? 例えばウメとかトメって名前はおばあちゃんになってからそう改名したんじゃなくて若い時からそういう名前だもんな。
だから60年後くらいになれば「拓哉」とか「萌」とかが老人っぽい名前の代名詞になるんじゃね? 60年後に若くて「萌」って名前だと、
「ばあさんみたいな名前だな」
「名前に草かんむりが入ってるってw」
とか言われちゃうよ?

ゲーム話。バイオ5クリアしましたー。今はチャプターセレクトで2周目をつまみ食い状態。ハンドガンとショットガンが弾数無制限にできるようになったんでひたすらデストロイしつつ進んでいます。しかしウチの相方は弾数無制限のハンドガンを持っているのに何故にハンドガンの弾を拾っていくのか。いちいちハンドガンの弾を要求して捨てるという作業がめんくせ。
携帯の方はアイマスがいまだにやよいのストーリーが終わってません。あとはIU本選だけなんスけどね。イメージレベルも16まで上がったし、思い出も10以上あるし。しかしレッスンのミニゲームがいつまでたっても得意になれない…。もう歌詞レッスンとポーズレッスンを一時停止を使ってクリアしている状態です。ちょいズルオヤジ。

最後にもいっちょ今日のお絵描きでオツ。前回のネタをちょこっと発展させました。

ドロンヨウジョさま



3月16日(月)
つい先日知ったんだけど、マクドナルドってケチャップくれって言うとタダでくれるのな。今はフライドポテトに一味足すために必ずケチャップをもらうようにしております。マスタードとかもくれるのかな?

今、職場の方がバタバタしててなかなか落ち着かないんですけどね。先日自分のロッカー整理してたら、なんと自分でも忘れていたへそくりが1万円も出てきて嬉しいサプライズ。何買おうかしら? なんて悩んでいるうちに自然に無くなっていってしまうんでしょうけど。
龍が如く3でも買おうかしら。ダウンロードした体験版が好感触だったので。今やってるバイオ5も早く終わりそうだしぃ…。ちゅか、バイオ5のホラー度の低さは…いいのか? なんかフツーのゲームになっちゃった感が。

携帯ゲーの方はアイマスをちょろっとずつ。まだ一人目のやよいのストーリープロデュースが終わってないんですけどね。アイドルランクC→Bに失敗してリトライをした所。リトライによるペナルティが殆ど無い…つーか逆に思い出をいっぱいもらっちゃって、これなら最後まで行けるぜ! と確信したのでした。まだ行ってないけど…。

今、家の方もバタバタしていて、なんかアパートの下の階の壁の上の方に水滴が付くってんで、ウチの部屋の床をめくって原因を調べるとか。んで、その床をめくる部屋が現在物置になっているんで、日曜日に中の荷物を別の部屋に移す作業とかしてました。印刷会社の段ボール箱とか、壊れた昔のパソコンとか、壊れた昔のミニコンポとか、壊れた昔のテレビとか…。とっとと粗大ゴミで出せよってことなんスけどね。

臨時収入はあったけど査収物は殆ど無かった週でした。今週は「女子ショー」(新貝田鉄也郎)のみ。何度も言っているようにロリータはボールローで私のストライクゾーンでは入らないのですが、これは鬼のようにエロいから良し。ホットミルクコミックスだけど、メインはパピポ掲載作品だよ。

この週末のシネコンは「ヤッターマン」。結構人が入っていたよ。子供も多かった。中身はめっさ原作に忠実で、ドロンボー一味がインチキ商売で資金稼ぎ→「天才ドロンボー」を歌いながらメカ製作→ドクロベエからの指令→不審な動きを察知したヤッターマンが出動→バトル→メカの素でビックリドッキリメカ発進→ドクロ型のキノコ雲→おしおきだべえという基本ルーティンを忠実に守っています。これが2.5話分。アニメに出てきたあんなモノやこんなモノもちゃんと映像化(最終話に出てきた3本の分かれ道まで出てくる!)。
そしてなんと言っても深田恭子のドロンジョ様を愛でる映画。キャスティングが発表された当初は否定的な意見が多かったような気がするけど、俺は最初から支持していたよ! ドロンジョ可愛いよドロンジョ。

ドロンヨウジョさま

今週の査収物に引っ張られて幼くなってしまいましたが、これはこれで良し(自分で言うな)。
ロリータボンテージってのは絵面的には嫌いじゃないですけどね。あ、2次元だといいけど、3次元だと引くかも。

最近驚いたニュースはファンロード休刊でしょうか。…いや、正直言えばそんなに驚きじゃなかったけど。今ファンロードの役割はネットが果たしている感じだからなぁ。
私も投稿してましたよ! 90年代前半の話ですけど。半年に1枚くらいしか載らなかったけど。お笑い特集にモンティ・パイソンのイラスト送ったり、歌うたい特集にスクイーズのイラスト送ったりしていた空気の読めない子でした。
あと、他の雑誌の投稿の時は自然消滅みたいな形で投稿が終わるか、雑誌自体が休刊になって(テクポリ、コミゲの時)投稿が終わっていたんですけど、ファンロードの時は違う終わり方をしてたんだよね。2人組という設定で投稿をしてたんだけど(特に理由は無い)、そのうち1人が交通事故で死んだので投稿をやめますっつって引退したのでした(その引退宣言ハガキも載った)。

最後に今日のマリみて。夏に向けての漫画描き。

藤原

元ネタはFUJIWARAの、つーかフジモンのアレね。ちょい旬を過ぎちゃったけど。



3月8日(日)
はい、どーも。今回は短いスパンで登場、間借りです。

最近、摂食の快楽に溺れることで不安を忘れ去ろうという意識が強く働いているせいか、食い過ぎで太ってきました。昨日鏡見てちょっとビックリしたくらい。また痛風の発作が出るぞ。
昨日も晩飯がチキンラーメンだったんだけどさぁ(ショボい食生活だな)、私はチキンラーメンは鍋で煮て食う派でして、1杯食べた後、摂食の快楽が忘れがたくてもう1杯作ったんですが、お湯沸かす代わりに今作ったチキンラーメンのスープでチキンラーメン作ったらスープが2倍濃厚のWチキンスープになるんじゃね? と思ってスープを鍋に入れて2杯目を作ろうとしたら、スープが少なすぎて麺が全然煮えねえ。どころか麺が鍋の中で焦げ始める始末。慌てて水を追加するというグダグダクッキングに。麺自体もグダグダになりました。
(※チキンラーメンはスタッフがきちんといただきました)

今週は査収物は無し〜。
んで前回までの流れに乗っかり、今回もはるみねーしょん絵です。高橋はるみの休日というコンセプトで。

はるみばけーしょん

どう見ても別人です…。私服はともかく、いつもの手癖で眼鏡も描いちゃってるし。
10秒待ってくれ! 10秒で上の別人を高橋はるみ本人にするから!

よし、これで本人になったぞ!(そうなん?)

今週の映画は「ダウト 〜あるカトリック学校で〜」。先日のアカデミー賞で主演女優、助演男優、助演女優×2ノミネートっつー演技合戦映画。確かにメリル・ストリープとフィリップ・シーモア・ホフマンがやりあう場面はド迫力。
今週はこの1本のみ。「ヤッターマン」も気になっていたんだけどねぇ。「オーストラリア」も劇場で観たいしぃ。来週あたり近所のシネコンで映画のハシゴしたいなぁ。再来週はブライアン・シンガー×トム・クルーズの「ワルキューレ」、その次の週は今年の大本命、ザック・スナイダー監督(「300」)の「ウォッチメン」が控えているからな!

本国アメリカでも過剰な期待がかかっている映画版ウォッチメン。去年のメガヒット作ダークナイトと比較されてたりなんかしますが、この週末に全米公開。この日記を書いている時点では、まだオープニング興行収入成績の方は分からないのですが、「300」(7000万ドル)越えは果たしてくるんじゃないスかね。「ダークナイト」(1億5000万ドル)級のオープニングもあるかも。…そこまでは行かないか。
IMDbのユーザーレーティングでは現時点で8.4点(歴代166位)なんで、9点越えで歴代1位スタートとなったダークナイト(現在は8.9点で歴代6位)に比べるとちょいインパクトが弱いなぁ。いや、十分に高い数字なんですけどね。

日本ではアメコミヒーローものは当たらないため(本国ではスターウォーズ越えを果たしたダークナイトさえ、日本ではハムナプトラ3に負ける始末)、ウォッチメンもアメコミヒーローものっつーよりミステリー作品みたいな宣伝の仕方をしていますが、日本版予告編もドラマ性を前面に押し出した作りになっていて、それが逆に本国のコアなファンに受けているっつー事態になっているらしいッスよ?

話戻して、この週末は土曜日に映画1本だけで日曜日はずっと家にいました。つーのも「バイオハザード5」(PS3版)を買ってきましてね? 久々に家でダラダラとゲームをする休日だったのです。楽しかった〜。家ゲームは戦場のヴァルキュリア以来だなぁ(そういやこれも途中で止まってるわ)。
もう出てくる敵は全滅させて進んでいるので慢性的な弾丸不足に陥りながらプレイしてるんですけどね。一度クリアした初期のチャプターを繰り返しプレイして弾丸や回復用アイテムを補充すればいいのか。
年取ると、つーかゲーム神経が退化してきてるので、一本道でストーリーとアクションを楽しませてくれるこういうゲームの方が最後までプレイできるんス。

携帯ゲームの方は実はこの1週間で一番プレイしたゲームはPSP版のまいにちいっしょだったり。モンハンもギレンの野望もお休み中。
アイマスは少しずつ。まだストーリープロデュース1人目のやよいの途中です。どーにもこーにもミニゲームが苦手で…。なかなかやよいのイメージレベルがあがらないのですよ。とほー。このペースだとリトライになりそう。でもリトライを繰り返していればストーリーはクリアできそうな仕様なので、私みたいな退化ゲーマーでもなんとかなりそうでホッとしていますよ。

と、ここでヌルオタ女子高生ダベり漫画を挿入してオツ。

フロスティング・オン・ザ・ビーター


3月5日(木)
いやね、最近ウチの職場の仕事が無くなっちゃって、今週に入ってからずっと定時に帰っているのですよ。やばくね?

ってんでいつもより早く家に帰ってこれるので、その時間を利用して小ネタ更新してみたんだ。

前回の日記の査収物話の続きで、「はるみねーしょん」1巻読んでて、「はるみねーしょんオチのコマジェネレーター」というアイデアを思いつきました。しかし、わたしにはプログラム作る能力が無いので手動でこさえてみる事にしたのです。

まずは↓がテンプレ。

テンプレ

これに、はるみのボケの台詞とユキのツッコミの台詞をランダムで挿入して自動的にはるみねーしょんのオチのコマを生成するというもの。手動なので、単行本をパラパラとめくってエイヤと適当な所で開いたページの台詞を入れてみたよ。

生成結果@

なんとなくそれっぽくね?
真ん中にイラストを挿入してもいいかもしれません。ってんで再び単行本をパラパラと。

生成結果A

なんとなくそれっぽくね?

あ、そうそう。先日のアカデミー賞主要部門ノミネート予想コンテストに続き、某所の全部門受賞予想コンテストで4位入賞となりました。おめでとう、俺。久々の上位入賞だ〜。



3月1日(日)
ワチャゴナドゥ? 間借りです。
まずは先週の答え合わせ。

作品賞:スラムドッグ$ミリオネア
監督賞:ダニー・ボイル(スラムドッグ$ミリオネア)
主演男優賞:ショーン・ペン(ミルク)
主演女優賞:ケイト・ウィンスレット(愛を読むひと)
助演男優賞:ヒース・レジャー(ダークナイト)
助演女優賞:ペネロペ・クルス(それでも恋するバルセロナ)

ということで5勝1敗で私の勝ち〜。薔薇絵を回避いたしました。助演女優賞をペネロペ・クルスが受賞した時点で薔薇絵回避を確信したぜ。
結果的にはスラムドッグ$ミリオネア圧勝という結果でしたね。ダークナイトが1部門受賞のみで終わってしまったのは残念。ベンジャミン・バトンが美術・視覚効果・メーキャップの3部門受賞ってのは正当な評価かと。ただ、主要部門に絡まなかったので広告はトーンダウンしたような印象ですが、十分立派な成績ですよ?
残念といえば主題歌賞を花咲かGさんことピーター・ガブリエルが受賞できなかったのが残念。スラムドッグ$ミリオネアの勢いに負けたか。ちゅか、この部門って音楽界での格付けが全く通用しなくて結構な大物ミュージシャンがノミネートされても容赦なく落とされるんだった。
あと、短編アニメーション部門での加藤久仁生監督の受賞コメントの「どうもありがとう、ミスター・ロボット」ってのはやっぱSTYXネタなんだろうなぁ。
スラムドッグ$ミリオネアの公開は来月かぁ。個人的には長編ドキュメンタリー賞を受賞した「マン・オン・ワイヤー」が凄え面白そうなんで早く観たいんですけど。1974年8月7日、ワールドトレードセンターのツインタワーの頂上間にワイヤーを張り、綱渡りを行ったフランス人、フィリップ・プティの物語。もちろんこんな事、許可が下りるわけが無いので、プティと仲間達は当局やビル側に悟られないよう綿密な計画を立てて当日の実行に挑むのですが、その様子を実際の映像や関係者インタビューや再現フィルムで構成していくドキュメンタリー(イギリスBBC製作)。しかし、公式サイト見ても「今年公開」以外の情報が何も無いんだよねぇ。

んで今週のシネコン。日曜日が1日で1000円デーだったので、この機会に「オーストラリア」か「マンマ・ミーア!」でも観んべかあ、と近所のシネコン行ったら「ぐるりのこと。」を上映してたんで、こりゃいい機会だってんでこっちをチョイス。
朝一の回ってこともあったせいなのか、劇場は俺の貸しきり状態でしたよ。日本アカデミー賞効果はあんま無かったのかなぁ…なんて思っていましたが、帰りにレンタルDVDショップ寄ったらもうDVDがリリースされてたのね。まあ、凄い良い作品だったので劇場で観たのはこれっぽっちも後悔してないんですけど。
ちゅか、家でDVDで映画観ようとしても映画に集中できないんだよねぇ。映画館だと映画観る以外にすることないじゃん。

先日虫歯が痛み出して5年振りに歯医者へ。日頃の歯のケアを怠っていたせいでKONOZAMAですよ。またしばらく歯医者に通う日々が続きます。
今週のどうでもいい情報でした。

今週の査収物は数が多かったので写真紹介〜。



左上から右に、「ぱにぽに」11巻(氷川へきる)、「デイドリームネイション」2巻(kashmir)、「はなまる幼稚園」5巻(勇人)、「苺ましまろ」6巻(ばらスィー)、「雅さんちの戦闘事情」3巻(鬼八頭かかし)、「けいおん!」2巻(かきふらい)、「天然あるみにゅーむ!」1巻(こむそう)、「はるみねーしょん」1巻(大沖)、というオールスターキャスト。

今の漫画はカバー裏に絵や漫画があるのが定番っつーんで上記漫画のカバーを全部取ってみましたよ。

…右下はともかく、電撃コミックスはちょっと寂しいなぁ。想像だけど、ばらスィー先生なんかはいいネタ仕込んでくるぜえ?

あと単行本だと巻末によく描き下ろしカットとかがあるけど、まさかネタがかぶるとは本人達も思っていなかったのでしょう。同日発売でよかったぜ。発売日がずれてたら後攻が不利になるところだった↓

そんなこんなで今週の査収絵↓

「今週のマリみて」じゃないよ! 左から高橋ユキ(はるみねーしょん)、田井中律(けいおん!)、吉野伊吹(天然あるみにゅーむ!)の3人にコスプレをさせた、「きらら連合擬似山百合会(先代)」だよ!
二次創作だとこういう絵が描けるのが楽しいね。

査収物と言えば今週は結構CD買ったよ。まずはタワレコで今月の6000円は"No Line On The horizon"U2、"Invaders Must Die"The Prodigy、"Wonder Wheel"サイプレス上野とロベルト吉野の3枚。そして近所のレンタルCDショップでワゴンセールやってたんで"Heavy Nova"Robert Palmer、"Re-mix Club"Bell Biv Devoe、"Instant Replay"Pizzicato Five、"Back II Back 2"Muroの4枚を購入〜。Muroが100円、他が30円だったので4枚で190円。なんてリーズナブルw。

そういやちょい前の話で、そのとき日記に書き損ねてたんで今書くんだけど、「となりの801ちゃん」のスピンオフが出るっつーニュースがありましたが、私が驚いたのはそのメンツ。個人的には「作画:南方純」よりも「原作:古川耕」の方にビビった。アニメ系の仕事をしてるってのは聞いてたんですが、私はアニメは疎いので、古川耕と言えばブラスト誌等で活躍していたヒップホップ系のライターであり、名著「ブラスト公論」の公論クルーのメンバーですよ!(先日表紙を見直したら帯のコメントが細田守だった。私は「時かけ」で細田守を知ったので、ブラスト公論リリース時は知らない人だったのだ)
とにかく、このスピンオフ、801ちゃんの妹が主人公みたいなので内容的にも楽しみです。

最後に今日のお絵描きは先々週描き損ねたネタ。



忘れた頃のドキにぼネタ。2月14日は煮干の日ってことで、にぼしのチョココーティング「にぼチョコ」。甘じょっぱいよ?
…ってのをバレンタインの時にやろうとしててやり損ねていたのでした。

そういや「逆チョコ」なんて言い出したのは今年から? じゃあ「逆ホワイトデー」とかあるんだろうな?


(画・文 P.I.L.)

戻る