title

2008年 10月
 

10月26日(日)
やっちまった。またやらかしてもうた…。
またもやバチコーンと風邪を引いてしまいました。いや、職場で風邪が流行っていてね、私もおすそ分けしてもらったっつーか。
なんでこの週末2日間はホントウにずーっと寝込んでいました。働きもせず。
映画も観ず、ゲームもせず、査収物も無く。寝る以外でしたことといえば「LOST」観たくらい。シーズン1が終わったよ。
何も無いのも寂しいので小ネタだけ貼ってオツ。風呂入って寝ます。

フロスティング・オン・ザ・ビーター


さあて次回の「出張!間借りさん」は、「映画館行った」「ゲームした」「冬コミ落ちた」の3本立てです(番組内容が変更になる場合があります)。



10月19日(日)
撮影データ2回分がパーになってしまい俺涙目。P.I.L.です。
経済的事情により週末をおとなしくやり過ごした俺なんスけどね。今年の春から職場の夜勤がなくなった上に残業もあんま出来ないシフトになっちゃって収入激減の所へ洗濯機故障による買い替えとかね。iPod故障による買い替えとかね(買い換えた直後にラインナップが一新されやがった)。
あと実はPSPも買い換えていたのですよ。ちゅても新機種のPSP-3000に買い換えたんじゃなくて、実は今年の夏、PSP-3000が発表される直前に故障による買い替えでPSP-2000をもう一回買っていてしまい俺涙色。
壊れた理由も間抜けでジャンパーのポケットにPSPを入れたままトイレの個室(洋式)に入り腰を下ろそうとした瞬間にPSPがポケットからポロリとこぼれて便器の中にジャンプイン。もうパニクっちゃってあわてて拾い上げた後にそのままジャンパーのポケットに一旦戻しちゃったよ。ポケットもびしょびしょになってしまい俺涙式。
その後ポケットからあわてて取り出しトイレットペーパーで水を拭き取ったんですが、電源を入れた後バチンとなってそのままご臨終。享年0.5歳(6ヶ月)。後日ビックカメラに持っていって修理を頼んだんですが、水没の場合は保証利かないんだと。ってんで結局買いなおしたのが7月のことでした。その頃はモンハンをガシガシプレイしていたので即効で買いなおしたんですけどね。あー。間抜けさんに改名するか?

一時停滞していたモンハンは最近またポチポチとプレイしているんですけどね。まあ、クエストを順番にクリアしようとせずに出来る所からこつこつと、って感じで。ただ、集会所のHR2→3に行くためのティガレックスが何度やっても倒せません。ボスケテ。
モンハンもやりつつ「勇者のくせになまいきだor2」も買いました。経済的事情によりパッケージ版じゃなくてダウンロード版で。まだ始めたばかりなんスがなかなかトカゲ男が作れなくてモドカシス。あと「まいにちいっしょポータブル」もダウンロード。タダだからな!(決め台詞)

経済的事情により(もういいよ)、って訳でもないんですが今週は映画館にも行かず。今週名古屋でも公開が始まった「その土曜日、7時58分」は評判高いんでちょい気になっていたんですがね。
映画館行かない代わりって訳でもないんですが「LOST」は観続けてますよー。毎週末にDVD2枚(1時間番組4話)ペース。主に絵日記を描きながらBGV代わりに視聴って感じなんスけどね。シーズン1の20話まで観ました。あとDVD2枚だ。ウチの近所のTSUTAYAは海外ドラマの旧作はレンタル料半額なのが嬉しいです。LOSTだけで今年いっぱいは十分持つよな。12月にはシーズン4もレンタル開始になるし。キャラ主体の単発エピソードじゃなくて、SFやオカルトの要素も取り込んだ連続ミステリー仕立てなので普段全くドラマを観ない俺でも続けてられるのかな?

あんま外に出ないのもアレなんで日曜日には久々にイベントに行ってきましてん。ってんでメンコミへ。今は東別院じゃなくて丸の内なのね。会場行ったら開場30分後くらいなのにえらい行列が長かったからビックリしたら1階でやってるブランドバーゲンへの行列だった。3階の会場行ったらいつも通りまったりしていたよ(前行ったときよりはちょっと人多かったようには感じましたが)。えらい可愛い絵柄のオリジナルジャンルのサークルさんがいたのでそこの本を買って(メンコミで本買うの久し振りだなぁ)、あとはレースクイーン綾波さんの写真を撮ってオツという感じでした。その後歩いてとらのあな行って家に帰ったという日曜日でしたのことよ。

経済的事情にもめげず漫画は買うぜ! オタだからな!(本当の決め台詞)
そんな今週の査収物は「ヒャッコ」4巻(カトウハルアキ)、「神のみぞ知るセカイ」2巻(若木民喜)、「ペットライフ」(草津てるにょ)といった感じで。神のみ〜は今回も表紙が桂馬だとは。しかしこの漫画で一番可愛いのは桂馬きゅんだよね、と言われれば、イグザクトリィと答えるのに全然抵抗が無い私なのではあるのだけれどね(文章分かりにくい)。
ってんで今回のお絵描きは表紙になれなかったエルシィちゃんですのじゃ。



っけね。羽衣忘れてた。ま、いっか。

最後に今日のマリみて。もう冬コミ当落発表まで2週間無いっつーことでネタがNAINAI16なんて言ってられないですよ。何とかネタを捻くり出して漫画を描かないと。描き溜めている原稿は現在2ページしかないんですからね!
そんなこんなで今回は前々回に描いた桂さんの妹ネタを膨らませてみたんだ。

並薔薇のつぼみ





お前が言うなって感じですけどね。この髪型はマリみての世界に合わねえなあw。



10月12日(日)
ちーす。

私は近年はほとんどUSのメインストリームのヒップホップは聴いてないんですが、ビルボードのシングルチャートをチェックしてると今、T.I.の勢いが凄い。2曲連続の1位でその2曲が1位2位を独占中なんスが、2曲目の"Live Your Life"が「恋のマイアヒ」をサンプリングしているので話題になってますね。懐かしいなぁ、のまネコ。
もちろんアメリカでは、のまネコ騒動なんて無縁だったのですが別の形でネットで話題になっていた曲でして、この曲に合わせて口パクで歌い踊っている男の動画がYouTubeにアップされてあちこちでパロディにされるほどの人気に(日では「マイアヒ」ですが米では「numa numa」の名前で浸透)。
んでそのパロディの一つが今年出た米人気ロックバンド、ウィーザーの新曲"Pork And Beans"のプロモビデオ。このnuma numa guy以外にもネットで話題になった動画ネタ大集合というビデオ。まあ、日本じゃほとんど知られていないネタが大多数なんスけどね(俺も殆ど分からん)。米じゃさんざんネタにされているネットスター、クリス・クロッカー(当時バッシングされていたブリトニー・スピアーズを泣きじゃくりながら擁護する動画で一躍有名に)とか。
あとはミニモニのTV番組が元ネタのドラマチックなプレーリードッグ(何度見ても笑えるなぁ)だとか。ダフトパンクの曲"Harder,Better,Faster,Stronger"(カニエ・ウェストにもサンプリングされていましたな)の歌に合わせて指に書かれた歌詞の断片を組み合わせるダフト・ハンズやその発展形ダフト・ボディーズ。他にも、そのありえない英語訳が海外でうけた日本のシューティングゲーム「ゼロウィング」ネタなんてのも挟み込まれています。つか詳しくはこの記事見た方が早いか。

ゲームの方はお金が無いので体験版っつーことで、PS3経由でPSPの「勇者のくせになまいきだor2」と「ユグドラ・ユニオン」の体験版をダウンロードしてプレイしてました。ゆうなまはなかなか思い通りに出来ないのがもどかしい。2組目の勇者すら倒せない始末。トカゲ男を作るのにえらい時間がかかってしまうのですよ…or2。
ゆぐゆに(言いにくい)の方はフリーの体験版とは思えないボリューム。かなりの数のステージを遊べるんですが、この体験版にはセーブ機能がついてないので遊んでる間は他のゲームも出来ないし電源も切れませんでしたよ。でも最近モンハンやってないしなぁ。上位に上がってからなかなか勝てなくなって、勝つには強い装備が→強い装備を作るためには強い敵を狩らないと→でも強い敵には勝てなくて→勝つには強い装備が…(以下略)のダウンワードスパイラルに。集会所でパーティプレイして強い素材を集めればいいんでしょうけどね。リアル世界でもソロプレイですので…。

この週末はミシェル・ゴンドリーの新作「僕らのミライへ逆回転」を観てきたよ。今までで一番ミシェル・ゴンドリーらしさが出てる作品でした。物語自体はへんなひねりは無く、最初笑わせて最後にホロリと泣かせるベタな人情喜劇(褒め言葉)になっていましたよ。あと近所のシネコンのレイトショーで「ゲット・スマート」も。スティーブ・カレル主演作が劇場で観れる機会なんて少ないかもしれないもんな。ヒロインのアン・ハサウェイも可愛いよねえ。アン・ハサウェイの顔ってどっかで見たことあるような気がすんだよなぁ…ってずっと思っていたんだけど昨日本屋でニュータイプ立ち読みしてて気付いた。西村しのぶが描く女性の顔だ。厚くても上品な唇とか。

「僕らのミライ〜」を観るために街に出たついでに大須まで足を伸ばして久々に(ホント久々に)メイド喫茶行ってみました。何年振りだろ。今回は少々待ち時間があっても時間をつぶすものがあった(電源が入ったままのPSP)のでね。しかし久し振りのメイド喫茶でしたが自分のトキメキ度がかなり下がっていたことを冷静に受け止めただけでした。卒業ってコト? ずっと映画のパンフ読んでたしな。メイドさんよりもハニートーストの美味さの方にときめいちゃった。年はとりたくねえなぁ。あ! メイド喫茶に傘忘れてきちゃった。…本っ当に年はとrたくねえなぁ…。

今週は査収物も無し。土曜日に同人ショップの書籍コーナーにヒャッコ4巻の限定版が置いてあったんだけど、私は「ドラマCDを聴くと恥ずかしくて死んじゃう病」なので通常版を探したんですが見つかりませんでした。つーか発売は来週なのか。

こないだiTMS覗いてみたら、「WHAT'S HOT」のコーナーにメタリカやスガシカオの新譜に混じってオレハジメとクレクレ団ことミー・ファースト・アンド・ザ・ギミギミズの2001年のアルバムが。何かと思ったら"Who Put the Bomp"収録アルバムでした。もちろんアルバムの中でも(ちゅかアルバム関係なしの全曲中)この曲がダウンロード人気No.1でした。みんな考えることは同じなのね。つーか俺も同じなんだけどね。
んで何でこの曲が今人気なのかというと、このアイマス手描きMAD。私はこーわさんの所でこれを知ったんですが、いいよねえ。コレ。ホント思わず泣いてしまうレベル。

そんなこんなで今回はアイマス絵をお絵描き。アイマスはアーケード版稼動初期に少しやっただけで詳しくないんですけどね。プレステ雑誌見ながらプロジェクト・フェアリーの3人を描いてみました。


ほっぺたプニュ

もう10月も中旬だから冬コミに向けてマリみて漫画描いていかないといけないんだがなあ…。ネタが思い浮かばねえ…。



10月5日(日)
こんばんは。サイプレス加勢です。
これまた何もしないダラけた週末でした。映画館にも行かなかったくらい。
んで家でだらだらTVとか観てたんだけど、この時期は特番ばっかだなぁ。こないだあらびき団の特番観てたら浜ちゃんが出ていたんですが、ダウンタウンがいわゆる「大御所」になっている事実を再確認してちょっと寂しくなったりしたとかしないとか。
んでさっきまでキング・オブ・コント観てましてん。出場者に若手制限が無いので、新鮮さは無いが安定感はあるなぁって感じでした。予想通りバッファロー吾郎とバナナマンが決勝進出。審査方法はそんなに変な結果にはならなかったなぁ(天竺鼠はもっと高くてもいいと思いましたが)。でも最後の決勝戦の審査の記名投票は、傍目から見てもよほど差がはっきりしてる場合ならともかく、今回のようにどちらが勝ってもおかしくないような場合だったら同じ事務所の先輩に入れるんじゃね?
でもこれを機にバッファロー吾郎が全国区のゴールデンのバラエティ番組に顔を出したりするのかなと思うと楽しいね。

映画が無いのでゲーム話。そうなんだよね。携帯ゲーム機だけどQMADSのWi-Fi対戦は家でしか出来ないんだよなぁ。ってんで電車の中ではアカデミーモードやってます。なんかの弾みでドラゴン組になったんですが問題のレベルが高くて…。学問なんか全問不正解がざらですよ。

査収物もマリみて新刊以外は無いんだよなぁ。先日タワレコ行った際の査収物だけ写真でさらっと紹介。



今月のCDはメタリカにオアシスにベン・フォールズ。メタリカとベン・フォールズは良かったよ(オアシスはこれから聴きます)。
先日音楽雑誌でフラワー・トラヴェリン・バンドの記事を読んだ後YouTubeで観た動画が音楽も映像も凄かったので、その流れで写真上の書籍もタワレコで購入〜。これまであまり語られてこなかった、グループサウンズとフォークの間の空白地帯にある日本のロック創世記の研究書です(ちなみに表紙の中に内田裕也さんがいます)。著者はイギリスのミュージシャン、ジュリアン・コープ。まだちょろっとしか読んでないんだけど、読みづらいんだ、これが…。内容的には面白そうなんだけどね。ただ、著者の思い込みが暴走しての事実誤認とかがちらほらあるみたいだけど、そこいらは注釈での訂正が入っています。

あ、そういやコンプエースでちゅるやさんの連載が始まったって? コンプエースは購読してないので本屋で確認しようとしたらビニール紐で括られていたので購入してきました。ホントに連載してるね。商業作品になったのでこれで気兼ねなくちゅるやさんを描くことができるぞ(そういうもんなん?)。ってんで、以前ハルヒ性転換が流行った時期に描いたネタをこっちの方にも載せることができるぞ。



お前も違うだろ。

とっとと今日のマリみてで締めるぜ。ってんで新刊は読了したんですがね。やっぱ桂さんが主人公のエピソードがあるというのが最大の話題か。ちゅかいつの間に妹なんかこさえていたんだ? 挿絵が無いので(つか今回は挿絵自体が少なかったねぇ)桂さんの姉と妹がどんなルックスだったかは不明なのですが、深く考えずに姉の姉のラケットを振っていたという桂さんの妹の瑞絵ちゃんのイメージは私の頭の中ではこうでした↓



インド人のクラスメイトはいないと思います。ついでに小ネタ。

んじゃ寝ゆー。


(画・文 P.I.L.)

戻る