title

2007年 12月

 

12月31日(月)
ただいまー。
現在PM11:30。何とか年内に家に帰ってこれたよ。
とりあえずはコミケお疲れ様でした。
今日、ウチのサークルまで足を運んでいただいた皆様ありがとうございました。
そして、売り子を手伝っていただいたすこぶるさんとヨシュアさんお疲れ様でした。
以前は「家に帰るまでがコミケです」なんて言っていましたが、今では「レポート書くまでがコミケです」っつー感じでね。俺のコミケはまだ終わっていないぜ。
ただ、今は疲れているのでレポートは来年で。
それでは今年もヨロシク(30分しかないけど)。


12月27日(木)
メリークリスマッシングパンプキンズ!
前回この挨拶を使おうと思っていたのに忘れていたので今回使った。
結論:使わない方が良かった。

最近、日々の溜まったストレスを発散させるために摂食の快楽に溺れていたら、太ってしまいましたよ。俺のアゴがどっか行っちゃいましたよ? 引きこもりの俺が年2回人前に出る季節だっつーのに…。ま、元々からファットボーイ・スリムのジャケみたいな体形なんですが。

そんな訳で、もう、アレですよ。明後日から冬コミケ、略して冬コミですよ。
んで、冬コミ前に、も一回告知を。

コミックマーケット73@東京ビッグサイト
東6ホール チ−06b 「RICK RUBIN」

ってな感じでよろしく。

そしてお品書きですが、当日の新刊は3冊程度。


"SUICIDE BLONDE"(「マリア様がみてる」:B5 24P オフセ本 ¥200)


"STARS OF NCNC"(「らき☆すた」:B5 16P 折り本 ¥100)


"ドキニボボン"(「ドッキングにぼし」:B5 14P コピー本 ¥100)

こんな感じで。中身のサンプルは過去ログ参照っつーことで。描き下ろしはほとんど無いので。
マリみて本は去年より多く刷っているので昼に無くなるこたないとは思いますが。ドキにぼ本の方はこれからコピー&製本なんですがね(製本は当日の朝かも)。どんだけ刷りゃいいのか見当がつかねえ。ま、そんなに需要も無えだろうし、自分で紙を鞄に入れて持っていかなければならないのでそんなに部数は作れないと思いますが。
あと、男性向けスペースなので、3年位前に作ったエロみて本もちょこっと持って行きます。

あとすこぶる80さんの無料配布本も委託で置いておりますのでよろしく。

んでは有明で。
あとは毎回恒例の諸注意。
1.私は衆人環境で絵が描けないため、スケブは受け付けておりません。ごめんなさい。
2.私が想像以上にご年配なのを見ても引かないように。


12月23日(日)
寒いスねぇ。こんな寒さでも太腿出している女子高生はバケモノだな。
でもアレなんスよ。以前はガチガチの太腿原理主義者だったんスけど、今年の冬になってからストッキングも悪くないなと思うようになってきました。黒限定ですけど。俺も大人の階段を一歩昇ったのかな。

もうアレか。来週は有明まんがまつりか。今まんがまつりに向けてバタバタしてます。ってんで今週も縮小更新。冬の売り物の方は新刊はマリみて本もらきすた本も自宅配送の分が届いて一安心なんですけどね。コピー本を出そうともがいている最中なので冬コミのウチのお品書きに関してはCMの後で。

しかし実質冬コミの準備って本以外では何もしていないに等しくてですね。コートをクリーニングに出して新しいニットキャップを買ったぐらい。
カタログチェックは…ちょっとだけ。まあ、2日目はマリみて島だけだし、3日目はベースキャンプがあるし、4日目は地元にとらのあなもメロブもあるし(何だかな)。

んではサクサクっと進行して今日のお絵描き。この時期なんでクリスマス絵で皆様のご機嫌を伺います。「らき星すた」から、ひいちゃんの愛称でおなじみ柊かがみさん。

なんだかんだでこの週末は映画館行けなかったよ。雨降ったし(カメハメハ大王の子供か)。次の週末は上京物語だし、ってんで次の映画館は年明けの正月休みか。ってことは毎年年末恒例の自己満足企画だよ。俺アウォード2007。

今年の5本
1.300
(今年快感指数が一番高かった映画)
2.シッコ
(ドラマとして良く出来ていたので)
3.ボーン・アルティメイタム
(これも良く出来ているとしか言い様が無いスね)
4.パンズ・ラビリンス
(ファンタジー&バイオレンス。個人的にはどっちかっつーとバイオレンス部分の評価が高いです)
5.レミーのおいしいレストラン
(ピクサー作品としてはトップ3クラスの傑作だと思っているのですが。ま、中盤はアレでもラストの批評家のモノローグでグッとくる)

監督賞:ポール・グリーングラス(ボーン・アルティメイタム)
(去年「ユナイテッド93」であげ損なった事も込みで)
主演男優賞:フォレスト・ウィテカー(ラストキング・オブ・スコットランド)
(だから俺は前からフォレスト・ウィテカーにマジ悪役をさせろって言ってたろ)
主演女優賞:ケイト・ウィンスレット(リトル・チルドレン)
(オスカー常連の大女優になっても脱ぎっぷりがいいのが好感度高し)
助演男優賞:ジャッキー・アール・ヘイリー(リトル・チルドレン)
(神懸り的名演!! 終盤の母親からの手紙を読むシーンも良かったが、その前の皿を洗うシーンでもうグッときちゃった)
助演女優賞:アリシア・キーズ(スモーキン・エース)
(音楽活動時の優等生的イメージとは逆のセクシーな殺し屋役というギャップ萌え)

といった感じが今日の気分。作品は2位以下は団子状態だし、他も助演男優賞以外は他の人になった可能性もあり。

つづいて一緒にやっちゃいましょう、今年の5曲。単にi-tuneの再生回数から出した、単なる今年よく聴いた曲。自分でも予想がつかないから楽しみなのです。

1."Flathead" The Fratellis
2."もってけ! セーラーふく" 泉こなた (平野綾), 柊かがみ (加藤絵美里), 柊つかさ (福原香織), 高良みゆき (遠藤綾)
3."Atlas" Battles
4."Makes Me Wonder" Maroon 5
5."Stronger" Kanye West

インストールが2006年だったのでこのランキングには入りませんでしたが、"Nausea" Beck、"Put You In Your Place" The Sunshine Underground、"I Don't Feel Like Dancin'" Scissor Sistersといったところも今年よく聴きました。とさ。

最後に今週の査収物。これも今年の査収物BEST5とかやりゃ面白いんだろうけど(映画ネタや音楽ネタよりもそっちの方がここを見に来ている人のニーズに合っているし)、査収物はそんなに多くないし、どれが今年かよく分からないので(音楽は曲のデータのプロパティ見りゃ分かるし、映画も今年見た分のパンフだけ別にして置いてあるので分かるのですが)、スルーで。
あ、今週のブツは「デイドリーム・ネイション」1巻(Kashmir)、「僕の小規模な生活」1巻(福満しげゆき)、「大奥」3巻(よしながふみ)、「ちろちゃん」1巻(結城心一)といった感じでした。

という訳で最後に今日のマリみては上を踏まえて福満しげゆき風に。

今、M−1が終わったー。決勝進出の顔ぶれを見たときは、吉本のショウケースみたいだなー、なんて感じていたのですが、サンドウィッチマンが敗者復活→優勝となったのを見て、ガチだったのか…と思ったよ。今、所属事務所を調べたら「フラットファイヴ」だって。初めて聞いた。


12月16日(日)
お久しぶり。先週はお休みしてスマン。また金曜の夜勤が土曜の夜まで延長して24時間勤務になっちゃって週末がつぶれちゃったス。

同人の方はらきすた本の方もケリをつけちゃいました。本に関してはまたイベントの前に告知を。あと、もう一冊コピー本を作りたいなぁなんて考えてはいるんですが。

ちゅか現在それどころではない危機! クライシス・イン・俺の部屋! 私の部屋の中には暖房器具は小さな電気式のセラミックヒーターが1個あるだけなんですが、それが今さっき壊れました。足元が寒い! 寒すぎ! 冬みたい! もうプロ野球は断念するしかない!(「プロレススーパースター列伝」ジャイアント馬場編の名台詞)

今、いろいろ調べてみたら壊れたのはヒーターじゃなくて延長コードの方でした。ヒーターを直でコンセントに繋いだら動いたよ。ああ、良かった。平日は買い物に行く暇無えからな。次の週末まで夜を暖房無しで過ごしていたら大事なコミケ前に風邪をひくところだったよ。危ねえ、危ねえ。

コミケカタログはちゃんと買ってきましたよー。昨日CD−ROM版も買ってきたのですがサークルチェックはまだ。気がつけばもう2週間前だけどな…。

ゲーム話でも。あ、日記に書いていなかったけど実は今月頭に新型PSPを買っちゃってたのでした。ワンセグチューナー込みで。ローンで。チューナーさえあればちゅー感じだったのでバリューパックではなくて、本体とワンセグチューナーのみで。
これでアレだ。冬コミの会場前にPSPで朝のアニメを観ながら待つ、なんてことも出来るですよ? あ、最終日は月曜だから日曜アニメはやってねえか。ちゅか、大晦日だから普通の番組はやってねえか。
折角なんでソフトも買おうかってんで、まあ、実はそんなに欲しいPSPソフトっつーのは無かったんですけど、これはハズさねえだろう、ということで押さえでみんゴルポータブル2を。あと流行っているのでモンハンでも、と思ったんですが、個人的にハマる予感がしなかったので1作目の廉価版の方を購入。ハマったら、Gで2デビューしようかと。個人的にハマる予感がしなかったので1作目の廉価版の方を購入。ハマったら、Gで2デビューしようかにゃあ。
あと、PSPソフトとしては「勇者のくせになまいきだ。」が気になる存在なんですが、PLAYSTATION Storeで体験版が無料で入手可能っつーんでそっちで試してからにしよっと。

んでもう一方の携帯ゲーム機DSの方なんですが、ゲームセンターCXがなっかなか置いてなくてねぇ…。冬のDS分はカードヒーローで補給しようかしら。GBA版の前作はチュートリアルを兼ねた序盤の流れが絶妙でなぁ。

家ゲームは「真・三國無双5」をちょっとずつ進めよう…という意思はあるんですが、個人的には難易度がチョイ高で無双モードが全然進まないのでフリーモードで黄巾の乱を何度も繰り返して武将のレベル上げをしている状態。なんだかなぁ…。

コミケカタログ以外での近年の査収物といえば「○本の住人」2巻(kashmir)。…先月の話ですけど。
巻頭の海のしおり(相変わらずネズミネタが好きだなあ)にちなんで、今日はちーちゃん水着絵。

小学生のボディーラインってどう描けばいいんだ? 資料としてSho→Bohとか買ってこないとダメか?

正月映画のシーズンがスタートってんで、今週は「アイ・アム・レジェンド」を。映画観に行ったら、ウォシャウスキー兄弟(「マトリックス」シリーズ)による実写版「スピードレーサー」(「マッハGo!Go!Go!」の米でのタイトル)の予告編をやってたよ。前にYouTubeで観た時はレースシーンがチープっぽく見えたんだけど、劇場のスクリーンで見たらそれ程でもなかった。まあ、ただゲームっぽい画面ではあるんですが。

予告編と言えば最近の俺のヘヴィローテーション予告編がコーエン兄弟の新作「ノーカントリー」。偶然麻薬密売人の大金を手に入れた主人公と、それを追う殺し屋、更にそれを追う保安官による攻防を描いたクライムサスペンスみたいなんスが、公開された米国ではかなりの高評価で今年度の賞レースを牽引する存在となっていて、特に冷徹な殺し屋を演じたハビエル・バルデムは今年度のアカデミー賞助演男優賞の本命と言われるほど。鬼太郎みたいな髪型なのに…(関係ねえだろ)。
この「ノーカントリー」(日本公開は来年3月か…)、ポール・トーマス・アンダーソンの新作「There Will Be Blood」(コレも凄え気になる。日本公開はまだ未定?)、今年のカンヌで監督賞の「潜水服は蝶の夢を見る」、ゴールデン・グローブ賞最多ノミネートの「つぐない」といった所が現在の賞レースの先頭集団でしょうか。

最後に今日のマリみてはPURE板での可南子祭りに便乗した私服可南子絵。


12月2日(日)
マリみて本の方はケリがついた、つーか、つけたんですけど、現在らきすた本の方をオフセで出そうともがいている最中なんで今週も縮小更新で。

とかいいつつ土曜日は映画が1000円の日だったんで、観なきゃもったいねえってんで近所のシネコンで2本ハシゴしちゃったんですけどね。1本は観ようかどうしようか迷っているうちに見逃していた「ブレイブ ワン」が朝一に1回だけやっていたんでそれを。そしてもう1本は昨日が初日の「ベオウルフ 呪われた勇者」を。
以前はロバート・ゼメキスっつったら監督名だけで新作を観に行ったもんですが、アニメづいてからは観てねえなあ。
それはともかくベオウルフなんスが、画の質感がシュレックを連想させて今一シリアスムードに入りづらかった所へ前半の、つーかこの映画最大のクライマックスの全裸バトルが! 5〜6mはある巨大な化け物相手に(何故か)全裸+素手で迎え撃つ主人公。屋内での戦いなんですが、縦横無尽に動き回る主人公の股間が絶妙なカメラアングルで見事に隠され続けていきます。ある時は剣の柄で、ある時は兵士の手で、ある時は化け物の指で、ある時はテーブルの上のコップで。オースティンパワーズのオープニングを思い起こさせて笑っちゃったよ。
ちょい昔、超人ハルクがハリウッドで実写映画化された際、ハルクが巨大化してもパンツだけが破れないことを突っ込まれたアン・リー監督が、パンツが破れて股間をカメラアングルで隠す方法をとったら滑稽になってしまったのでやめたというコメントをしていましたが、ベオウルフでは見事、オースティンパワーズ方法が採用されました。ちゅか、別にベオウルフは巨大化しないんだから裸になる必然性が全く無いんだが(原作では全裸で戦ったってことになってるのかしら?)。
全裸バトルが全編をかっさらった感じですが、最後のクライマックスでこれでもかとピンチを連続させる辺りが昔のロバート・ゼメキスを彷彿とさせとりましたなぁ。

査収物とかもあるんですが時間が無いので今回はここまで。

最後に今日のマリみて。さっきPURE板に投稿したブツ。あらゐけいいちの「日常」ネタです。

マリみて本の原稿はもう入稿しちゃったので、この漫画からは次の本の分になりますな。


(画・文 P.I.L.)

戻る