title

2007年 5月 

 

5月28日(月)
日曜日の夜に先週の日記を書き、日付が変わって月曜日、スカパーでカンヌ映画祭授賞式の中継を見ながら今週分の日記を書いています。ヤグシェマシュ。マガリです。

19日の土曜日に銀行口座を止めた私、21日の月曜日に会社を半休して口座がある銀行の支店に赴き新しいカードを作る手続きをしてきました。今回の事例を踏まえて、暗証番号を誕生日から変更したよ。
カードが出来るまでは直接窓口に行かないとお金を下ろせないので、この時に一緒に1週間分のお金を下ろしてきたよ。これで週末も無事に消費できるってもんさね。

という訳でこの週末は先週観損ねた「恋愛睡眠のすすめ」と「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」、「ボラット/栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習」の3本をハシゴ〜。3本とも違う映画館に行かなきゃいけなかったのでシンドかったよ。
恋愛〜は前2作に比べて一番ゴンドリー節が炸裂してたけど、脚本にチャーリー・カウフマンがいないせいか、前2作に比べてキャラが弱い気が。
パイレーツ〜はあちこちで言われていますが、やっぱシリーズ3作中3番目でしたね。あと気になるキース・リチャーズ御大ですが、個人的には思っていたより台詞もあって芝居もしてて重要な役でした。当然ながらヤシの木から落ちるシーンはありませんでしたよ。
っつー訳で今週の、いや、今月のベストはボラットでした。笑った、笑った。コレを笑えると言うのが知的な証、みたいな感じで捉えられてるような感じの部分もありますが、ウ○コネタ、チ○コネタも満載だよ。
来週は北野の新作に松本の処女作、「極大射程」の映画化「ザ・シューター」も気になるし、「300」の先行も。忙しくなるでぇ〜。

ゲームは逆転裁判4をクリアして、世界樹の迷宮を再開しました。再開直後は勘が取り戻せてなくて魔法が効かない敵に魔法をかけてたりとかしてたんですが、通勤時間以外にも仕事の休憩時間にもプレイすることにより、現在第5階層に到達〜。探索もB25Fまでたどり着きました。エンディングも近い予感。

あとはひさびさにとらのあな行って同人誌やら雑誌やら。百合姫Selectionも買うたよ。やはり「視線がエロい」は名言だなー。あと南波と海鈴は新作が。単行本リリース前に着実にページが溜まってきてますよ。来月の百合姫Sにも新作が載るんじゃろか?

百合と言えばドキにぼ姉妹は百合姉妹キャラなのに最近全然百合っぽいことさせてないなぁ。ドッキングなんて全然だ。んでドキにぼ妹を描いてみたがこれまた百合っ気ゼロの絵になってもた。

元ネタは当然コチラ

カンヌの監督賞がジュリアン・シュナーベルか。最初の感想は「ああ、知ってる人だ」。ヨーロッパ映画、アジア映画をほとんど見ない私にとってカンヌのコンペ部門の監督や役者は知らない人が圧倒的に多いです。シュナーベルは私は1作目の「バスキア」は観たことあるよ程度ですが、元々は画家。ちゅても私はシュナーベルの絵は1枚しか知らないんですけどね。レッチリの「バイ・ザ・ウェイ」のジャケです。

最後に今週分のお絵描きを貼ってオツ。

ハヤテのごとくの瀬川泉(akaいいんちょ)の、動画研究部に残っている恥ずかしい映像。
最近エロ絵をハヤテのごとくに振る傾向があるなぁ。

お! 「殯の森」がグランプリ獲った! 松本霞んだな。
さてこのままパルムドールまで待機だ。
パルムドールは…「4マンス・3ウィークス・アンド・2デイズ」。映画祭開催中、評判が高かったっつー話は聞いていたが、それ以外は全く分かんね。
じゃおやすみなさい。チンクイエ。


5月20日(日)
(注:この日記は1週間後の5月21日に書いています)

何が参ったって全ての問題は金ですよ。俺の周りの全てを支配するのは金ですよ。CREAM(Cash Rules Everything Around Me)ですよ。ダラダラビルヨー。
土曜日にコンビニのATMで金を下ろそうとしたら、銀行のキャッシュカードを紛失しているのに気付いたのですよ。どうやら前回どっかのATMで金を下ろした時にカードを置き忘れたみたいです。ショックのあまり一瞬背が伸びましたですよ。慌てて銀行に電話をかけて口座を止めてもらいました。幸いにも口座からお金が引き出された形跡が無かったので一安心ですが。
近所のコンビニ等を回ってカードの置き忘れが無かったか尋ねたんですが収穫は無し、っつーことは名駅のどっかだなぁ。
しかし金を下ろそうとした時にカードが無かったっつーことは現金の持ち合わせが無いまま週末をやり過ごさなければならないっつーことですよ。えー。平日は職場と自宅の往復のみの私にとって週末は消費の季節なのに。

この週末は「恋愛睡眠のすすめ」を観る予定だったんですが、上映している劇場が現金の支払いのみを受け付けるタイプの人だったんで(人?)、鑑賞を断念。
あとイベントでこの週末はメンコミがあったんですが…ここ最近メンコミじゃ本買ってないから別に行ってもいいか。
っつんで地下鉄のプリペイドカードの残高も十分にあって交通費も問題ないんでメンコミ行ってきたんス。まあ、何かあるといけないんでメンコミ行く前に中古CDショップに寄ってCDを7〜8枚売って軍資金はちょろっと用意したんですが。
メンコミで買った本…入場のためのカタログ×1

んでメンコミの帰り、メンコミ会場からそんなに遠くない所に、新宿で食べて俺内で好評だったラーメン屋天下一品のチェーン店があるという情報を仕入れてたんで行ってきました。

わざわざラーメンのためだけにここまで来るのはメンクセだが、メンコミのついでならば巡回ルートに入れるのも悪かねえなという感じだ。

麺ついでに、この後名古屋駅の地下街にある担々麺のお店へ。担々麺は別にそんなに好きじゃないんですけど(!)、麺類に100円追加すると付いてくる杏仁豆腐がウマーなのと、ウエイトレスさんがチャイナドレス(当然スリット入り)なのがポイント高くて…。

そんなこんなで消費したりしなかったりの日曜日、家に帰ってきたのが夕方の4時頃。疲れていたのでちょっとゴロッと横になってうつらうつらして…

目が覚めたら夜の10時過ぎでした。

絵を描く時間が足んねえ!ってんでこの週末は日記をサボタージュしてしまったのです。
そこでここで昨日(26日)にスモーキン・エースのパンフを見ながら描いた落書きを貼ってようやく絵日記が完成したのでした。


5月13日(日)
辻ちゃんも妊娠する今日この頃、いかがお過ごしでしょうか? 間借りちゃんです。
なんかアレだな。休日の過ごし方が下手になってきているのか? 気がつけば休みが終わってしまってワンワンワワン。これといったネタもないんだよねえ。ネタのためにしょっちゅう上京する経済的余裕も無いしね。

この週末はスパイダーマン3やバベルよりも実は楽しみにしていた「スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい」を観てきました。私は「スナッチ」を年間1位に選出するような輩なので凄い好きなタイプの映画なんですけど…惜しい。キャラ相関図を予習していったので混乱はしませんでしたが、突っ走りすぎで、もうちょいホテルでのバトルロイヤル部分でタメとかあったらなあ、とか。思ったより登場人物も右往左往してなかったし。
ただキャラは小さい役に至るまでクセがありまくり。殺し屋連中はBLACK LAGOONに出てくるようなヤツばっかだし(…って逆か。BLACK LAGOONのキャラがアメリカ映画に出てくるようなヤツらなんだ)。中でもトレマー3兄弟(一人のターゲットを消すために死者7人、負傷者28人を出すようなネオナチの3人組)はもっと活躍が見たかった。
あとベン・アフレックの顔で遊ぶシーンには笑った。
さて来週はミシェル・ゴンドリーの新作「恋愛睡眠のすすめ」だ。あと「主人公は僕だった」はあんま興味が無いんだけど、ウィル・フェレルの主演作が日本で劇場公開されることなんてめったにないからなぁ…どうしよ?

ゲームライフは携帯カテゴリーは逆転裁判4は最終話に突入〜。GW上京の際に新幹線車中や、山手線車中や、ファーストフードでメシ食う時とか、時間潰しとかでとにかくプレイしてたんで結構進みましたですよ。そろそろポスト逆転裁判4を考えないとなあ。気になるのはPSPのFFTなんスけどね。でもPS版もGBA版も途中で挫折しているタイトルだけに不安が残ります。
…って逆転裁判4終わったら世界樹の迷宮再開しないと!

据え置きカテゴリーは未だにサモナイ4をちびちびと。もう、1ヶ月に1話ペースで現在やっと16話。夏までのクリアを目標にしよう。イベントバトル1回に対し、レベル上げのためのフリーバトルを3〜4回の割合でやっているのでなかなか前に進まないのですよ。メインアタッカーのレベルをイベントバトルのボスキャラよりも上にしてからイベントバトルに突入するような感じで進めているので…。

アーケードカテゴリーはQMA4くらい…あ、思い出した。土曜日はスモーキン・エースを近所のシネコンで朝一の回で観た後、ゲーセンでずーっとネットワーク対戦型のメダルゲームでポーカーやってて1日が終わったんだった。麻雀は分からない私ですがポーカーなら楽しめるぜ。やっぱ対人戦は面白いなあ。

今週の最大のトピックスと言ったらやっぱ田倉まひろ先生の初単行本ですよ、奥さん! ってんでメロブで「たくらまかん展覧会」(田倉まひろ)を買うてきたよ。エロいのはもちろん面白さも保障付き。「ばっちゃのねこ」のオチとかありえねえよな。あとカバー下とかなw。

んではマリみてネタを2つほど貼ってオツ。まずは小ネタ漫画。

志摩子さんにTVに出ている芸人のマネを教える祐巳さん。

元ネタはにしおかすみこね。最近露出が多いから解説とかはいらんじゃろ?
あとイラストを1枚。

リリアンアヒル口倶楽部


5月6日(日)
先週末はがっつり風邪ひいて、がっつり寝込んでいました。風邪は治ったみたいですが、完全ではなくて、鼻水が、鼻ウォーターがしばらく止まらず(ようやく止まってきましたが)、喉の調子が良くなくて咳がたまに堪えられなくなったり(映画を観てる最中に必死に咳を我慢していてしんどい思いしたよ)。風邪には気をつけましょう。

んで今週。黄金週間ですよ。黄金プレイをしましたか?(しねーよ) 私は2日まで仕事で、しかも夜勤だったので仕事が終わったのが3日の朝。
3日の朝に家に帰って考えた。この実質4日間弱のゴールデンウィーク、たぶんこのまま家でごろごろしてて終わってしまいそうな予感…。ここは重い腹を上げて動かねば。そうだ、東京へ行こう。
ってんで3日の午前、新幹線で東京へ行ったのです。ホントの話。(まあ、東京行きを当日に決めたってのは大げさな話で実際は2日前程なんだけどね)

ただ東京に行ってもアレなんで、何か目的が無いとね。私が年2回東京に行く時は例の有明まんがまつりなんですが、今回はコミケ以外の東京のイベントを、それならオールジャンルではなく何かオンリーイベントを、という訳で5月3日に都立産業貿易センター浜松町館で開催された都産祭に行ってきましてん。この中で開催されているマリみてオンリーイベント「リリアン・フェスティバル」がメインで。マリみてのオンリーイベントは始めてですよ(昔、名古屋で1回だけ開催されたのにはちょっとだけ寄りましたが)。まあ、それもあって夜勤明けの3日朝に上京しなければならなかったんですけどね。

十分な下調べも無く、鞄に1日分の下着の替えだけ入れて新幹線に乗り込み、品川に着いたのが11時半頃。土地勘も無く下調べもろくにしていないので、会場に着くまで手間取ったりしましたが(例:ゆりかもめ竹芝駅近くという情報だけ覚えていたため、品川→(山手線)→新橋→(ゆりかもめ)→竹芝という回り道をしたりとか。品川→(山手線)→浜松町で十分だったのに)、正午過ぎには会場に到着〜。
マリみてイベントを中心に会場内をうろうろ。マリみて本をちょろっと買ったり、クイーンズブレイドのキャラのコスプレをしている猛者がいたので写真撮ったりとか(そこはマリみてキャラじゃないのかよ)。

折角の上京、そして最初で最後になるかもしれないオンリーイベントへの参加なので、ここはアフターイベントってヤツも体験しておこうってんで、近所のハンバーガーショップでメシを食ったり、イベント開催記念の突発コピー本の製本を眺めたり(本部で原稿募集をしていたけど、これサークル参加をしてなくても参加できたのかなぁ? もしそうなら時間はいっぱい余っていたので何か描きたかったかも)して時間を潰しつつ閉場時間まで粘ってアフターイベントに突入〜。
メインはジャンケン大会。参加者から提供されたアイテムをめぐって男たちが拳を突き上げる熱き戦い。サークルさんから提供されたイラスト色紙とかが出品されているのですが、有名サークルさんの色紙が賞品に出ると参加者から「おお」とか声が出るのが面白ぇw。一度自分で色紙でも出してみてどういう反応が返ってくるのか知りてえなあ。無反応なら無反応で、これから頑張ろうって気になるしね。
色紙系には参戦してみたんですが簡単にはGETできず全敗となりました。ジャンケン大会の後、記念コピー本の配布となったわけですが、希望者が製本した部数をはるかに上回ってしまったため、こちらもジャンケン大会で奪い合う形に。こちらの方は無事に入手することが出来ましたよ。コレがもらえなけりゃ夜勤明けで名古屋から上京してきてそのまま閉場まで粘った甲斐が無くなる所でしたよ。


そのコピー本

アフターイベントも終了し、上のような戦果もあったので、まあこれで東京に用は無いっちゃあ無いのですが、折角上京して日帰りで帰るのももったいないし、なにより夜勤明けで上京して日帰りするには体力的にキツかったので(年ですね)、東京で1泊することにいたしました。コミケの時は上野のカプセルホテルですが、今回は新宿のカプセルホテルで(カプセルホテルは固定なんだ)。新宿でラーメン(今回は天下一品。あー、この手のこってりスープは超好物(←だから尿酸値が上がるんだよ))食ってカプセルホテルに滑り込んで寝たってさ。

そして4日のこどもの日イブ。チェックアウトギリギリまで寝てたんですが、チェックアウトしても特に目的も無く。イベントもなあ。スパコミ行ってもなあ。新宿なんで映画館行って「スパイダーマン3」か「バベル」でも観ようかと思ったんですが、時間が合わず。それに近所のシネコンで観れるのをわざわざ新宿で観なくてもなあ。
ってんで選択肢に乏しいオタクの悲しい性といいますか、秋葉原に行ってみることにしたのでした。特に目的も無く。まあ、同人ショップに春の新刊とかあるかもしれないし、普通に漫画買ってもいいし。
で、久しぶりに秋葉原をブラブラしてたんですが(去年はほとんどメシ食っただけでしたしね)、アレだな。メイド喫茶の類がめちゃめちゃ増えたような…。裏通りをぶらぶらするだけで何件も出てきますよ? 待ちが無い2件ほどに入って茶を飲んできました。まあ、折角来たからね。それ以外は特に何も無く、とらのあなで「とめはねっ!」を買っただけだったとか。
んでまあ、そんな感じで秋葉原をうろうろした後、名古屋に帰ったんだって。2日目別にいらなくね?

こどもの日イブはそんな感じ。でこどもの日は地元のシネコンで「スパイダーマン3」と「バベル」をハシゴ。んで今日は日記描きとごろ寝で終わったのでした。俺の黄金週間終わり。

今日のお絵描きは忘れた頃のドキにぼネタ。そんなに昔じゃないか? あ、エイプリルフールの時か。じゃ言い直して、今日のお絵描きは私が忘れた頃のドキにぼネタ。

ただのダジャレです。

ここ2週間ほどの収穫ブツは定番の「デトロイト・メタル・シティ」3巻(若杉公徳)。
待望の「はなまる幼稚園」1巻(勇人)。これが可愛くて可愛くてなあ。もう鬼のように可愛いですよ?カワイイ・ライク・オニ。
そしてコミック界のチャイニーズ・デモクラシー(そんな大げさな)、「苺ましまろ」5巻(ばらスィー)。こちらもカワイイ・ワ・セイギ。美羽の横っ腹ネタは連載時もそうだけど「まだこんな手があったのか」と感心。「感心」ってのはこの漫画の読み方として正しいのかどうか分かりませんが。
そして上にも書いた「とめはねっ!」1巻(河合克敏)。河合先生が文化系部活コメディを! って変化球ですが。でもやっぱ面白えなあ。あと、顧問のハゲ山先生がコナンの作者に見えるのは私だけでしょうか?

最後に今日のマリみては上を踏まえてのネタ。今回のネタは、

はなまる幼稚舎

お絵描き掲示板に貼り付けたものにチョイ手を加えたもの。志摩子さんは確か幼稚舎には通っていなかったかと思いますが、まあ、そこはそれ。


(画・文 P.I.L.)

戻る