title

2007年 3月 

 

3月25日(日)
こないだふと思ったんだが、「猫ひろし」という芸名はもしかして「館ひろし」をもじっているのだろうか? 「ネコ」と「タチ」で。いや、まさかな…。
この事に気付いた直後、「館ひろしのギャグ100連発ー! ポーツマス! ポーツマス!」とやっている館ひろしを想像してしまったことは言うまでも無い(もちろん「館魂」と書かれた赤いTシャツを着用)。

猫ひろしは違うとしても、「消臭力」は「長州力」のもじりだよね? 小型の「消臭小力」って製品が出たらもう確実なんだが。

あと名前と言えば、以前から私は「よつばと!」に出てくるジャンボは、体が大きいからではなくフラワージャンボの息子だから「ジャンボ」というあだ名がついた説を唱えているのですがどないだ?

日記も毎回毎回サモナイ4やって世界樹の迷宮やってと書くのはホント、ワンパターンなんでこの週末はサモナイ4はやりませんでした。いや、たまたまプレイする暇が無かっただけなんですが。
世界樹の方は家でもプレイするようになってますけどね。現在第3階層に入ったところ。レベルは各キャラとも35。最初に作った5人のキャラのパーティーがバランス良かったので(前衛:パラディン、ソードマン。後衛:レンジャー、メディック、アルケミスト)、もうそのまま新キャラ作らずに5人だけ育てています。
もじぴったんも合間にちょろっと。
この週末ビックカメラに行ったら無双OROCHIがあったんでどうしようかなと思ったんですが、サモナイ4が終わるまで待つことにして、別の物を買いました。

ソフトの収納スペース付きDSカバー。DSソフトの2本挿しはさすがのニボシ姉でも無理なのですが、これがあれば世界樹の迷宮ともじぴったんをとっかえひっかえできますよー。

ゲーセンは行ってもQMA4しかやんねえです。フェニックス組になってからは優勝はおろか、決勝進出もままなりません。正解数が同じでもどうしてもタイピング速度で差が出てしまいますですよ。
そういや、購買部の女の子にパイタッチが出来るという情報を仕入れたので早速試してみたら、3回目のタッチで購買部を追い出されてしまいました。

この週末はずっと行き損ねていた「ラストキング・オブ・スコットランド」を観に行ってきました。もう朝一と夜一しか上映していなかったのでやばかったですよ。フォレスト・ウィテカーはあのルックスであの演技力なのでマジ悪役やったらスゲエ迫力あるのに…と常々思っていたのですが(「パニックルーム」でも結局「いい人」になっていてちょっとショボンだったのです)、これはオスカーも納得の凄み。

ラストキング〜を観終わった後、帰ろうと思っていたのですが、同じ館内で「秒速5センチメートル」をやっていましてね。新海誠は名前しか知らず、「ほしのこえ」も観た事が無くて、この映画に関しても何の前知識も無かったのですが、次の上映まですぐだったのと、1時間チョイという上映時間の短さからついでに観て行くことにしたのです。基本的に私は映画を観に行く時は決め打ちなのでその場で観る映画を決めるというのはめったに無いんですが。まあ、それはともかく、この映画、個人的には結構衝撃でした。だって(ネタバレ反転)山崎まさよしの曲のビデオクリップになるとは思ってもみなかったので。あの終わり方は「エレファント」以来の衝撃でした。つか俺がストーリーに重きを置きすぎていたのか?

時間が無いので軽くお絵描きをして今日は終わります。先週描いたやさぐれメイドさん。


やさぐれメイドさんに携帯灰皿は必須。以前お屋敷の中に煙草の灰を落としたらメイド長に死ぬほど怒られた。


3月18日(日)
先々週辺りの日記で暑い暑いなんて言っていたと思ったのだが、最近寒くない? チョー受けるんですけど?

あいも変わらず休日はサモナイ4をちびりちびりとやる日。1話進んで13話になりました。しかしアレだなあ。メインアタッカーがユニット召還獣になっちゃってるんだが、みんなそうなの? 特にゴレムを待機型を反撃にして敵陣の中に突っ込ませてガンガン削っていくのが私の基本戦法ですよ。

携帯ゲームの方は世界中の迷宮をちびりちびりと。これは平日もプレイしてますよ。通勤電車の中でな。これは現在第2階層に入ったところ。3Dダンジョン系は苦手なのですぐに遊ばなくなるかなと思っていたら、こっちが面白くて、DSのGBAサイドに刺さっているFF6が全くの放置状態になっている始末。
そんな中、もじぴったんDSを購入しましてん。もじぴったんは非常に優れたゲームなのにそれに見合ったセールスを得ていないと常々思っているのですが、これはミリオン以上売れるといいなあ。DS版はやっぱタッチペンでの操作が今までのシリーズでの置きたい文字を置きたい場所に直感的に置けなかったもどかしさを解消してくれて個人的には非常にプレイしやすいです(今までのシリーズではそのもどかしさもゲーム性の内だったんでしょうが)。

ゲーセンゲームはQMA4で気がつけばフェニックス組に昇格。さすがにここまで来ると勝てなくなってきましたよ。タイピングも遅っせーしな、俺。早くペリカを貯めて着せ替えしたいなあ(ペリカじゃねーよ)。

最近気になっている映画が現在米で大ヒット中の「300/スリーハンドレッド」。予告編がめがっさマッチョ。フランク・ミラーのグラフィック・ノベルの映画化ですが「シン・シティ」以上のビジュアル・インパクトですよ。主演のジェラルド・バトラーは日本では「オペラ座の怪人」でブレイク済みですが、これを機にアメリカでも一気に行くか?なんて思っていたら、なんと「ニューヨーク1997」のリメイクでスネークを演じるんだと! ニューヨーク1997のスネークっつったらメタルギアシリーズのスネークの元ネタですよ。オリジナル・スネークですよ。ちゅかニューヨーク1997のリメイクが作られるっつーのが一番の驚きですが。
監督が「ドーン・オブ・ザ・デッド」のザック・スナイダーっつーことで期待しているんですけどね。ドーン〜が面白かったので。ジョン・カーペンターはプロデュースみたいッス。
ジョン・カーペンターと言えばこの動画がかっこ良過ぎ。ちょっと濡れた。あの監督とは同名異人ですが。
ところでザック・スナイダーの次の作品がアラン・ムーアの「ウォッチメン」つーことでね。かつてはテリー・ギリアムも映画化に挑んだ作品ですがようやく映画化ですよ。

とか何とか言ってますが、実は私、アメコミは全くの守備範囲外で全然知らないんですけどね。知ったかですよ、知ったか。映画X−MENシリーズのウルヴァリンを主人公にしたスピンオフで渡辺謙がシルバーサムライ役で出ることが噂されてるとか言われてもシルバーサムライが何なのか知らない始末。

今日のお絵描きはたまには版権の無い絵でも描こうかね。オリジナルは1年ぶりくらいか? あ! 先々週薔薇絵でオリジナル描いてるわ。

やさぐれメイドさん。すぐに家事をサボります。現在も掃除をサボリング。別にパンツを見せる必要は全く無いのだが…。

ところで既にマリみての新刊のジャケが出ていますが、このジャケはどう見てもヤっちまった後だろ。
そんなことは全く踏まえず、今日のマリみては小ネタ。小さなネタでも漫画にしてページを貯めていかないとね。

これでやっと4ページ…。


3月11日(日)
毎週毎週、何も出来ませんでした、っつーのはもう私も飽きたんですけどね。でも、今週は金曜日の夜勤がトラブルでえらく遅くなりましてね。もう22時間労働ですよ。そのまま土曜日が終わって日曜日も寝て終わってしまいました。いや、あんま仕事が忙しいってのは言いたくないんスけどね。皆仕事は忙しいですから。まあ、ウダウダ言ってますが要は今週も縮小絵日記ですよってんだ。

もう休日の楽しみのサモナイ4も出来ませんでした。映画も「ハッピー フィート」の先行を観に行くのが精一杯でした。「ナイト・ミュージアム」の先行と「ラストキング・オブ・スコットランド」も行きたかったんですが。
んで私に薔薇絵を描かせた張本人「ハッピー フィート」ですが、後半えらくシビアな展開になったのは驚いた。あと、ミュージカル部分はプリンスだのクイーンだのアース・ウインド&ファイアーだのの洋楽クラシック使いなので(「ムーラン・ルージュ」と一緒ですな)、洋楽ファンならより楽しめるかと。

映画帰りにゲーセン寄って久々にQMA4をプレイ。なんか調子良くて優勝してしまいケルベロス組に昇格〜。昇格後第1戦は1回戦落ちでしたが…。俺の学問ジャンルの正解率の低さは異常。

あとは特に査収物も無いしな。あ、そういやヤングサンデーの島本和彦の漫画に笑った。「かわいそうなあだち充…… こんなに俺にとっては面白いのに…」とか「別の雑誌で描いたほうがいいんじゃないのかっ、高橋留美子!?」とか。

もう寝るので今日はここまで。最後に今日のマリみてを殴り描いて終わるぜ。1月4日の漫画の続きみたいな感じで。

笑ってはいけない2年松組

元ネタはザブングル加藤の持ちネタ。にしても間借りさんはいつも顔芸を使う…。


3月4日(日)
カクテルパートナーのCMでくすぐられる爆笑問題・田中の笑い声が可愛くない? 萌えね? いいけど。
あとTVじゃあのピノコの声優が離婚したってニュースやってますね。「センセー、ろうちたの?」(←宇多田ピノコのマネ) まあ、これもどうでもいいんですが。

そんなこんなで負け豚間借りです。薔薇絵は番組の最後で。しかしこの薔薇絵を描くモチベーションが全っ然上がらなくてなあ…(まあ、罰ゲームだからねぇ)。

この週末も特に…何も…。あ、久々に、本当に久々に大須行きました。特に用事は無かったんですが、その日別の用事で地下鉄の1日乗車券買ったんで、時間もあったんで、折角だからってんで、何ヶ月ぶりかで行ってきました。以前よく行っていたメイド喫茶の場所が変わっていてちょい焦ったよ。でも相変わらずの盛況ぶりで待ち時間が長そうだったんですぐに回れ右して帰りましたけどね。
そうそう、この週末は先週末お出かけした時に着たダウンジャケットを着てお出かけしたんですが、暑くて暑くてなぁ。もう蒸し殺されるかと思ったですよ。もう暖かくなってきましたねぇ。
…なんか極々普通の話題に着地しちゃったな。
メイド喫茶系もね、昔は新しい店が出来たりしたらマメに覗いてみたりとかしていたんですが、焔さんに「間が持たないなら入らなければいいのに」とツッコまれて「ああ、そうだよな」と気付いてからはほとんど、つーか全く行ってないですねぇ。卒業?

今も休みの日はサモナイ4をちびりちびりとやってますよ。現在12話。やっと折り返し地点を過ぎたくらい? まだまだ当分は持ちそうだな。このペースだと次のゲームはまだまだ先でいいな。いや、PS2版が出たのを契機にひぐらしデビューでもしようかなんて考えていたんですけどね。もう次世代機なんてのは何時になるやら。夏のボーナス支給時か?

携帯ゲームの方はFFVIの途中なんですが、DSソフトを買ってきました。いや、常時2種類スタンバイで気分によって切り替えられた方がいいなとかね、気持ちをニボシ姉に代弁してもらうとこんな感じで↓

んでまあ、GBAサイドがRPGなんでDSサイドはお手軽なのがいいなと思って「レイトン教授と不思議な町」か「右脳の達人 爽快!まちがいミュージアム2」を買おうと思っていたんですが、両方とも置いてなくてね、したらば今話題の「世界樹の迷宮」が1本だけ置いてあったんで思わず狩ってしまいました。3Dダンジョンは苦手なんですけど。しかしプレイしてみたらこれが楽しくてねぇ。自分でマップを書きながらプレイってのはいいアイデアだねぇ。まだB1・2Fを右往左往している段階です。

ところで話は変わりますが、上の2コマ漫画の上のコマのニボ姉を描いている時に思ったんですが、はやて×ブレードに月島みのりっているじゃんね。細目キャラで常に目を閉じた状態みたいになっているルックスなんですが(5巻で1コマだけ目を見開いているコマがありますが。暇な人は探してみよう)、まつげの中央に常にハイライトが入っているんですよ。んで、みのりの顔をずっと見ていたら、あの目は黒目と白目の色が逆転している目なんじゃないかと思えてきたわけですよ。こんな感じで↓

こんな目だと思って今月の電撃大王を読んでいたらちょっとみのりが怖くなってしまいました。だってこんな↓コマがいっぱい出てくるんですもの。

今週のコミックス査収物は「ひだまりスケッチ アンソロジーコミックVol.1」(VARIOUS ARTISTS)と俺内単行本化希望ランキングの上位だった「教艦ASTRO」1巻(蕃納葱)のきらら組(これできらら組の単行本化希望ランキング上位は「雅さんちの戦闘事情」になりました。「WLたまき」は気長に待ちます)。
学園モノ4コマは数あれど、教艦ASTROは先生だけで話が進んでいくレア物。しかし先生だって人間ですから、中には百合っ気のある人や腐女子や職場内恋愛もあって楽しいですよっつーお話。にしても絵がエロいです。牧ちーの序盤(表紙含む)腋の甘さとか異常。コミックスの帯のコピーがまた卑猥な瞑想を掻き立てようとしていますよ。
そんなこんなで今日のお絵描きは「教艦ASTRO」の烏丸かなめ先生。風呂上りは裸Yシャツ派。

んでは最後に皆さんお待ちかね(待ってません)、アカデミー賞予想対決の敗者の罰ゲームの薔薇絵を貼ってお別れです。

しまった。肌の露出が全然無えなあ(「しまった」じゃねーだろ)。一応学生のつもり。多分右側の攻めている人はかなりの高確率で生徒会の人だと思います。


(画・文 P.I.L.)

戻る