title

2006年 2月 

 

2月26日(日)
よぉ! オレだよ。ワリオだよ(挨拶)。
いや、先週は会社の宿題があって日記を書く余裕が無かったのです。
んで今週は今週で残業がね…。
どうしても今週中に上げなければいけないロットってのが入ってきて、夜6時半に始まった金曜の夜勤が終わったのが土曜の夕方5時半…。製造業で23時間連続で工場のラインを動かすのは正直しんどかったんスよ。んで家に帰って11時間睡眠という非常に丼勘定なスケジュールの週末で日記を書く余裕が無かったんですが2週連続で休むのもなんだか気が引けるのでね。いや、自分よりもっと忙しいのに毎日更新してらっしゃる方とかもいますからね。

っつんでね、今週末は何所へもお出かけできませんでした。今週はオスカー月間の谷間なので名古屋で公開が始まった「ホテル・ルワンダ」観に行きたかったんだけどなあ。

…って、あ、アカデミー賞来週じゃん。じゃ今週アレやらなきゃ。毎年恒例アカデミー賞主要部門予想対決。
これは私が主要6部門の受賞者を予想して、5部門以上当てれば私の勝ち、半分(3部門)以上はずせば私の負け(4部門的中は引き分け)っつールールで、昔は本家サイトの管理人さんと勝負して負けたほうがリクエストイラストを描いていたのです。2003年の対決で私が負けて薔薇絵を描かされたのは今や伝説。ってんで今も私が負けた場合薔薇絵を描くという伝統だけが残っています。私が勝った時イラリク描いてくれる人募集中。
ってんで今年の予想〜

作品賞:ブロークバック・マウンテン
監督賞:アン・リー(ブロークバック・マウンテン)
主演男優賞:フィリップ・シーモア・ホフマン(カポーティ)
主演女優賞:フェリシティ・ハフマン(Transamerica(原題))
助演男優賞:ジョージ・クルーニー(シリアナ)
助演女優賞:レイチェル・ワイズ(ナイロビの蜂)

作品、監督はガチガチの本命で。賞レース終盤で猛烈な追い上げを見せている「クラッシュ」の存在が気になりますが。主演男優も本命で。これも堅いかな。主演女優は勝負かけました。本命はリース・ウィザースプーン(「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」)ですが対抗のフェリシティ・ハフマンを。女優でありながらニューハーフの男役を演じているってのが気になるのッス。助演男優、助演女優は混戦なんですけどねえ。ジョージ・クルーニーは監督賞に入れられなかった票がこっちの方に流れてくると読んで。助演女優は全く分からないんでもう個人的好み。
さて、発表は来月5日。

イラストサイトさんとか見てると管理人さんが今年中学卒業とかいう人がいてビックリですよ。今年15歳っつーことは91年生まれですよ? ニルヴァーナの「ネヴァーマインド」と同い年ですよ? やべえなあ。もうガンズの1stをリアルタイムで聴いていたとか言えねえなあ。

遅ればせながら今頃になって買ってきました。「もやしもん」(石川雅之)と「東京タワー」(リリー・フランキー)。
「もやしもん」はずっとまんが喫茶入荷待ちしていたんですけどね(コラ)、我慢できずに買ってきましたですよ。いや、面白いだろうってのは分かっていたんですけど読んだらやっぱ面白かったです。ヨーグルト食いたくなってきた。
「東京タワー」はまだ1Pしか読んでいないんですが。奥付見たらもう第20刷だってよ。すげーなー。
もともと私がリリー・フランキーの名前を知ったのはちゃんとイラストレーターとしてでした。クロスビート読んでいたのでディスクレビューのイラストで名前を知ったのです。80年代末の話ですね。最初は真面目にイラストを描いていたのが、ある月、スティングのイラストを描かなければならないところを資料が無いからと蟹江敬三のイラストを描いてから暴走が始まり(本性を現し?)、イラストのアーティストの下半身を裸にして編集者に消しを入れられたり、それに反抗して消しが入れられないようにとイラストのスペースいっぱいにチ○コを描いて根元に小さく申し訳程度にルー・リードの体を描いたりとかしてるうちに、雑誌のコラムコーナーの落ちた原稿の代わりの穴埋めで編集者との対談を載せてたりするうちに本人のコラムコーナーが始まったっつー感じでしたね(目撃者談)。クロスビート以外は読んでいないのでコラムニストとしていつ頃ブライクしたのかはよく分からないんですけど。


中高生は知らない91年頃のリリー君。細っ!!(笑)

今日のマリみては時間が無いのでまたもや殴り書き漫画。殴り書きなので時事ネタにしてみました。

プラトーンっつーのはコレね。(←中高生のためにネタの解説。86年の映画だからなぁ)

そういやマリみて新刊の情報が出ましたね。来月ですか。「くもりガラスの向こう側」っつたら風の街って相場は決まっているんですが(またまた中高生に分からないネタを…って書いていたら、今丁度ビールのTVCMで流れていたよ!)。
にしても今回の新刊はなんか短編集臭えなぁ。


2月11日(土)
土曜更新ってのは珍しいじゃろ? 間借りです。
親の上京が1週間延びまして明日来日公演を行うことになったんスよ。んで明日は日記書く余裕が無いと思われるので親の居ぬ間になんとやらってね。

しかし何だ。いきなり景気の悪い話だが、今年に入ってからウチの部署の仕事がガッコーンと減りましてね。今年に入ってから月給が10万円減ったですよ。いや、ホントの話。ってんでゲームやらCDやら売っ払って糊口を凌ぐ日々。
今日も今日とて大須の方へ足を伸ばしてCDやらDVDやらゲームやら売ったんですがね(その金で新しいゲームを買っちゃってんだから世話ぁないけどな)。ついでにメイドカフェ寄ったら待ち人数が6組程度だったんで久々に入ってみたですよ(もう、中に入るのは4ヶ月振りじゃったよ)。したら何かイベントやっていてこの日は「ご主人様」じゃなくて「おにいちゃん」として客を迎えてくれるっつー趣向だったんですが、普通に「お兄ちゃん」と呼んでくれれば萌えるものを何故か俺の時は「アニキ」とか「お兄たま」とかバリエーションの方(しかもネタが切れてきた後半のありえねえ方をだ)で呼んで下さるわけですよ。ちょっと待ってくれ、それじゃ萌えられねえんですけど…。しかしチキンな私は「『お兄ちゃん』か『お兄様』でお願いします」とも言えず、じりじりと4ヶ月振りのメイドカフェを過ごしましたとさ。

デスノートが実写映画化されるそうで、キャスティングの情報とかも出ていますが、リュークはCGですってね? てっきり顔を白塗りにした布袋寅泰が演じるものだとばかり思っていたので残念。ストUの実写映画版のダルシム役が東幹久じゃなかった時以来のショックだ。はまり役だと思うんだがなあ、布袋…。

実写版リューク(予想図)

カラスやスズメや鳩が様々な競技で競い合う、鳥のオリンピックが始まりました。
しかし何だ。このマスコットキャラは有りなのか? 「CIAO!」とか言ってますがどっちかっつーと「かもすぞ」とかいう台詞の方が合ってるよな。こいつら。
ま、どっちにしろオリンピックのマスコットキャラなんて覚えてないよねー。だって前のソルトレークシティーのマスコットキャラだって覚えてないよ? つか俺は長野のマスコットキャラすら覚えてねーや。…今調べてみたら「スノーレッツ」か。ああ、いたなあ、こんなの…。

映画「ミュンヘン」が面白かったので原作の「標的は11人」(ジョージ・ジョナス)を買ってきて読んでいた一週間でした。ってんでチャオ。

今日のお絵描きはリラックマ擬人化。リラックマたん。

水玉は外せねえ。


2月5日(日)
風邪が治りきらねぇ…。鼻水が止まらないですよ。アンストッパブル・ハナカミ・マシーンのまま過ごした一週間でしたよ。もしかして花粉症?かと思ったりもしたんですが、週末になったらまたのどの調子が悪くなってきました。もういやん。

アカデミー賞のノミネートが発表されました〜。ってんで祭りも間近。今年も薔薇絵を賭けた主要部門予想をやる予定なんでヨロシク。受賞予想に先駆けて某所のノミネート予想にも参加してみたんですが、穴を狙いすぎ&「カポーティ」を過小評価しすぎでグダグダな結果に終わってしまいました。トホー。
しかし上でリンク貼ったオスカーの公式サイトで観られる「カポーティ」の予告編見たら面白そうじゃないの。にしてもこのフィリップ・シーモア・ホフマンの喋り方聴くとどうしてもマイケルが頭をよぎってしまう訳ですが。
にしても今月から来月にかけてオスカー絡みの作品の公開ラッシュですよ。
2/4 「ミュンヘン」(作品・監督・脚色・編集・作曲)
2/11 「クラッシュ」(作品・監督・助演男優・オリジナル脚本・編集・オリジナル歌曲)
2/18 「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」(主演男優・主演女優・衣装デザイン・編集・音響)
3/4 「シリアナ」(助演男優・オリジナル脚本)
3/4 「ブロークバック・マウンテン」(作品・監督・主演男優・助演男優・助演女優・脚色・撮影・作曲)
3/11 「ヒストリー・オブ・バイオレンス」(助演男優・脚色)
3/18 「ウォレスとグルミット/野菜畑で大ピンチ!」(長編アニメ)
てな感じでほぼ毎週。ま、名古屋じゃ公開が遅れる作品もあるんですが。忙しくなりまっせ〜。

ってんでこの週末はオスカー月間第1弾として「ミュンヘン」観に行きましてん。
ここ数作のスピ作品の傾向(あくまでも個人的な感想)といいますか、今回も前半はとてつもなく面白いッス。いや、後半がつまらないって訳じゃなくてね? 前半のサスペンスはめっちゃオモロイんだけど後半のドラマで前半までのテンションがちょい下がるっつーか。とにかく、前半、主人公達暗殺チームが四苦八苦しながらターゲットを一人ずつ仕留めていく展開はスパイスリラーとして単純に面白いです。

さあ、来週は「クラッシュ」だ…って名古屋じゃ公開が遅れるんですが(早速かよ)。

部屋の掃除をしなきゃならないので今週はここまで。
いや、明後日親が田舎から出てくるんですよ。なんで部屋のオタ臭の濃度を下げとかないといけないんで。昔、知り合いに貰った姫川琴音フィギュア(普通の制服姿)を母親に見られてドン引きされたことがあるので…。
あと「AVキング」に夢中になりすぎて絵日記を書く時間が無くなったというのは内緒だよ。

ってんで今日のマリみては殴り書き漫画。ちょい早いけどバレネタ(バレンタインネタ)。

今週の1曲:”ジーザス・ウォークス” カニエ・ウェスト
(今週末は「クラッシュ」はこちらじゃ上映しませんが、その代わりっちゃあなんですがオスカーには絡まなかったものの楽しみにしていた「ジャーヘッド」が公開ですよ。つか最近やたらとTVでCMやってるけど戦争アクション大作って映画じゃないよね? 個人的には予告編でやっていた、兵士達が砂漠でガスマスクをつけたままの格好でフットボールをやってたりとかまたガスマスクをつけてダース・ベイダーの物真似をやっていたりするシーンに惹かれたんだけど。ってんで予告編やCMで使われているこの曲(一昨年のヒット曲)が俺の中でリバイバルヒット中)


(画・文 P.I.L.)

戻る