title

2005年 11月   

 

11月28日(月)
テレビのリモコンが消息不明になって10日…。
いや、見当はついているんです。私の部屋の中に本・雑誌を積み上げた高層建築物が5棟あるんですが、現在第4棟と第5棟が崩れかかって隣の棟にもたれかかっているような状態なんです。その倒壊現場に埋まっているとは思うんですが未だに復旧作業に取り掛かっていないためにリモコンの救出が遅れているんです。まあ、HDDレコーダーのリモコンでテレビの操作は間に合うしね、って感じで。

つーか部屋の掃除しろ。

先週はホント何も出来なかっただよ。ってんで日記をお休みしてしまいました。パワーヒッターと炎のゴブレットの先行も行けなかったしね。
ってんで土曜日に観に行ってきましたよ。原作は読んでいない私ですがそれでも駆け足っぽい印象は受けました。でもまあ中だるみも無く2時間40分という長さもまったく気になりませんでした、つーかハリポタっつーせいか本編前の予告編の方がえらい気合いが入っていてねぇ。2〜30分くらい予告編やっていましたよ。「キング・コング」(イェイイェイ)も新映像バンバンの長いヤツやってました…ってもう再来週か。
んでハリポタですけどもう学園青春モノのノリですよ(最後30分だけ急にホラーのノリになりますけど)。ライバルとのフェアな戦い、親友とのすれ違い、そして友情の復活、淡い初恋、とどめにツンデレヒロイン。ハーたん凄ぇな、未だに萌えキャラの座をキープだよ。出番は少なかったけど。でもさっきTVで「秘密の部屋」のCMが流れていたんだけど可愛さは段違いに初期の方がいいな! …俺ようじょ属性は無いんだけどなぁ。

とりあえず今年はあと「キング・コング」くらいだなぁ。今観たいなぁと思っているのはジョージ・クルーニー監督第2作で50年代のアメリカで赤狩りと戦ったTVジャーナリストを描いた「グッドナイト&グッドラック」、フィリップ・シーモア・ホフマンが作家トゥルーマン・カポーティを演じた「カポーティ」なんですが日本公開はいつですかね?

現在の電車ゲーは「どこでもアソビ大全」。いつでもどこでもナポレオンが遊べるっつーのはいいね。高校の時部活内でこのゲームが流行っていてトランプ遊びっつったらこのゲームでした。プレイ後の検討戦も熱いんよ。今はダラダラとスタンプラリーやってます。現在レベル4。
んで現在の家ゲーはワンダ’n’巨像。ごめんなさい。第十の巨像だけ倒し方をゲーム雑誌の攻略記事見てしまいました。ちゅか巨像の倒し方よりも巨像の所へたどり着くまでがしんどいなあ。私、方向音痴なので。11体倒して残り5体ですよー。
そして「ソウルキャリバーIII」買ってきましたよー。押入れからジョイスティックも取り出してきました。PS1時代から使っている骨董物ですよ。しかしPSXはコントローラーコネクタが背面なので繋げづらいなあ。
まあヘタレゲーマーなのでガチャプレイなんスが一人用モードがかなり多彩なので楽しいにゃあ。
あと取扱説明書に載っている攻略漫画「痛快!キャリバ道場」がかなりの萌え物件なんスけど。漫画を描いているのはナムコの社員の方かしら?

そういやマリみて新刊のあらすじが出ましたよ! 奥さん! まあ、妹問題を引っ張られるのには慣れてますし、早く決まればいいちゅーモンでもないですからね。それとも冬コミ直前に祭りが来るのか?
ってんで今日も今日とて瞳子漫画。

昔は瞳子で漫画が描けねーなんて言っていたのですが、ツンデレというキーワードを得てからはいい感じですよ。
ところで上の場合はデレツンって言うのかしら。何のメリットも見えない属性ですけど…。

今週の1曲:"Dispatch (SPACE BUDDHA PIMP +1 MORE REMIX) feat. DEV LARGE,NIPPS" m-flo
(ここ一ヶ月ほどで買ったCDがプロディジーのベスト盤とリンプ・ビズキットのベスト盤のみっつーのは後ろ向き過ぎはしないだろうか?ってんで週末はタワレコ行ってCDを3枚ほど査収。「ヒプノタイズ」システム・オブ・ア・ダウン、「ザ・コレクション」アラニス・モリセット、「HIS MASTER WORKS」D.Lという布陣。…3枚中2枚が編集盤なんですけど…。
「HIS〜」はDEV LARGEのブッダ以外の仕事を纏めた編集盤なんスけど、こういうのを待っていたんですよ。上に挙げたm−floのリミックスがずっと聴きたかったんでいいタイミングでした。DABOの曲とかアルバムで聴けない曲もいっぱいあるので。さすがにV6の曲は入っていませんでしたが。


11月14日(月)
さあ、寒くなってきましたよ。数週間前に扇風機をしまった私ですが、夜の寒さに耐えかねてウチの唯一の暖房器具である小型セラミックヒーターを引っ張り出しました。今年もコレで冬を乗り切る所存。

(前回の日記の続き)
ってんでねえ、落選ですよ。冬の有明まんがまつり。まあ、最近仕事が忙しいしぃ、と自分に言い訳。実はコピー本でも作ってぶる姉様ん所に置かせてもらおうかななんて考えてないことも無かったんですが、ぶる姉様も落選していた罠。
年末の予定もまだ全くの未定なので一般参加も不明の罠。もういい年だから引退しろとの天のお告げか?
引退しないけどな。(もう1回くらいは参加したい所存)

一番の危惧は現在描き溜まっている原稿が使い物にならなくなることだなぁ。芸人シリーズなんかは現在の時点で賞味期限過ぎて使えなくなっちゃってるし、瞳子ちゃんネタなんかも来年の夏コミの頃には妹問題決着ついている可能性は高いし……いや、高いのか? まだ引っ張っている可能性も低くないような気がしてきたぞ。
つーか今原稿数えてみたんだけど、思ったより枚数溜まっていなかっただよ…。

昨日は2〜3ヶ月に一度あるあおなみ線デー。あ、個人的なイベントですよ。
金城ふ頭で降りてコミックライブ→荒子川公園で降りてTOHOシネマズ名古屋ベイシティで映画というコンボで休日を叩き潰すイベントです。まあコミックライブではいつものようにコスプレさんを眺めて原稿用紙を買っただけなんスが、映画の方はやっとこ「
ソウ2」観てきましたですよ。
まあ、最初から1作目超えは期待していなかったんですが、コレだけの短期間で完成させたにしてはかなり出来のいい続編ではないでしょうか。もともとオリジナル作品として用意されていた脚本に前作の脚本コンビが前作の要素を上手く盛り込んで作り上げたっちゅうことですが、きちんと前作を踏襲した部分を押さえた正統派続編ですよ。ちゃんと最後にツイストも用意されているし。

「エリザベスタウン」と「イン・ハー・シューズ」をどうしようかと悩んでいる所ですが、来週はとりあえず「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」の先行かなぁ。
前々作でネコミミ、前作でジーンズと膨らみかけの胸で僕等をハァハァさせてくれたハーマイオニーたんがバッカゲン(Back Again)ですよ、奥さん。
しかしハーたんもどんどん成長していってリミットが近づいてきていますよ(何の?)。僕らは後何作ハーたんで萌えることができるのだろうか。

そういや昨日久しぶりに、本当に久しぶりにアイマスやったんだけど、久しぶりすぎて全く感覚が取り戻せていません。カード入れる前に500円入れてしまって2クレジットしか入らなくしてしまったりしている始末。なんか今回もDランクで終わりそうな予感…。
失意のままQMA2やったら久々の1回戦落ち。しょぼん。

先週末の目玉と言えばやはり「ハウッチョ」の生みの親である椋鳩十ことボマーン先生の初単行本「でゅあるてぃーちゃー」リリースですよ、奥さん。windから二人目の単行本作家が! ってんでペーパー欲しさにとらのあなまで行って買ってきました。
やっぱ面白えなあ。あと細っかい所がツボに来ますよ。「戦わなければ戦えない!!」とからしくて大好き。
ところでダンガルってのはやっぱ
ガンガルが元ネタだろうか。相手がパチモンでもちゃんと文字を変えなきゃならない所に商業誌の厳しさを見た気がしますよ。
ってんで今日のお絵描きは「でゅあるてぃーちゃー」からチョミこと大塚さん。

チョミって書かないと誰だか分かりにくい絵になってもた。クルクル回しているのは自転車(名古屋弁で言えばケッタ)の鍵。何となくで特に意味は有りませんが。
あとゲストページの井上和郎にはビビった。ちゃんとボマネコまで描いてあるよ。

ワンダと巨像はちょこちょこ進めておりますですよ。現在9体倒した所。とりあえずゲーム雑誌をちょこっとリードした状態。ま、今週末には抜かれるけどね。今の所は雑誌の攻略記事やネットの攻略サイトの誘惑を断ち切り自力で倒していますよ。6体目の巨像の所へ行く時迷子になってちょっと攻略サイトのマップ見ちゃったけど…。

そんなのを踏まえて今日のマリみて。ネタを何とかひねり出したのが日曜の夜10時半だったのでちゃんと原稿用紙に描く暇がありませんでした。って落ちてんだから原稿描かなくていいんだけどさあ。


11月6日(日)
注目の冬コミ情報に関しては番組の最後にお知らせいたします。ステイ・チューン。

前回の日記で書き忘れていたけど、先々週末の一番の出費はメガネですよ、メガネ。
仕事中に眼鏡の片方のレンズにゴリゴリっとどでかいキズをつけちゃったですよ。いくらメガネっ娘でもメガネにでかい傷がついていたら萌え度半減…どころかマイナス側に針が振れてしまいますよ。
ってんでレンズを買い替えようと眼鏡屋行ったんですが、店員のセールストークに導かれるままに眼鏡ごと新しく買い換えることに。まあ、いいんスけどね。

今週の査収物は「みなみけ」2巻(桜場コハル)。本屋行ったら初回限定版が置いてあったので手に取ったのですが、どう見ても3000円です。本当にごめんなさい。ってんで限定版を棚に戻し、通常版をレジに持っていったのでした。中身に関してですがマコちゃんに一番萌えたのはナイショだよ。

「ワンダと巨像」はちょびちょび進めております。つーても今日は見張り塔の光るトカゲ狩りで1日が終わってしまったんですが。チョロチョロと動き回りやがんのよ、アイツが。
「サクラV」は…察しろ。あれだな、1回止まっちゃうと再始動させるのにエネルギーがいるね。
あと電車ゲーム(通勤等の電車内で時間潰しのためにプレイする携帯機用ゲーム)としてGBA版のスーパーマリオ買いましてん。ファミコンミニの。遅ればせながら。
まあ私も小さい時にファミコンでスーパーマリオやってたクチなんですが、やはりスーパーマリオの腕がガクンと落ちていたクチでした。ワールド1−1で始めて遭遇したキノコ型の生命体に接触し身体機能が停止、その後正面を向きつつ奈落の底へ転落して行ったりとかですよ。俺のマリオは。テレッテテテッテテテッテッテッ(←死んだときの音)。

今日は久しぶりに近所のシネコン行ってきました。いや、今近所にシネコン工事中でね、シネコン自体は営業しているんだけど、他の施設が休止中だし、原チャリ止めるスペース無いし、工事現場を迂回するため回り道しなきゃだし、でちょっと足が遠ざかり気味だったんスよ。
んで今日は「ブラザーズ・グリム」と「TAKESHIS'」をハシゴ。
両方とも前評判がそんなに高くなかったんで気楽な気持ちで観に行って「あ、そんなにひどくはないじゃん」って感じでしたとさ。
それよりもDVDで借りてきた「バス男」ですよ。これメチャメチャ面白いんですけど。
主人公を含め回りの人間は皆どこかネジの緩んだダメ人間なんだけど全然自分を卑下することなく悲壮感のかけらも無いのでカラッとした笑いをもたらしてくれます。後味の悪くないトッド・ソロンズっつーか。ど田舎のウェス・アンダーソンっつーか。とにかく主人公の挙動面白すぎ。
邦題はまあしょうがないとしても、日本で劇場公開無しっつーことの方が問題ですよ。
あと、「ナポレオン・ダイナマイト」(主人公の名前であり、この映画の原題でもある)ってどっかで聞いた名前だなあと思っていたんだけど、コステロが「ブラッド・アンド・チョコレート」で使っていた変名だったのか。

今週末はゲス原の方描いていたので漫画描く暇がありませんでした。ってんでイラスト〜。先週買ったプロディジーネタで。

紅薔薇ファミリー・プロディジー風味

ベスト盤じゃなくて「ザ・ファット・オブ・ザ・ランド」からのネタですが。…もう8年前のアルバムになるのか。

さて!
今年の冬コミ情報ですよ! 奥さん!

どう見ても落選です。本当にありがとうございました。


(画・文 P.I.L.)

戻る