title

2005年 3月  

 

3月27日(日)
前回の日記の反省点…イラストのキャプションはもっと真面目に書こうと思いました。

テレビつけたら高校生が昼間っから学校サボって野球やってますよ、甲子園で。ってもう春休みですか。こないだ冬休み取ったばっかじゃん。ええやん、1回ぐらい春休み無くても。
私は普通に会社行ってるだけの一週間だったので特にネタも無しなので日記もこの辺でオツ。

ダメ? いやちょっと眠いんスよ。土曜日の朝、夜勤上がりで家に帰らずそのままベイシティ名古屋まで足を伸ばして「サイドウェイ」朝一の回観に行ったッスよ。いや、これは地味ですがいい作品でした。足を伸ばした甲斐があった映画でしたがそのおかげで1日分寝損ねてしまい、今眠いッスよ。一日徹夜ぐらいで何言ってんだっつー話ですが俺の睡眠欲は人一倍強いぜ?(自慢になりません)
んで日曜日は日曜日で近所のシネコン行って「アビエイター」観に行ったんスがこれが長くてね。映画自体は可もなく不可もなく。つかまあスコセッシこれでオスカー獲らなくてよかったよ。雇われ作品じゃなくて自分のフィールドで頑張れ。

ゲームもね、隙あらばメテオスやってる一週間でした。おかげで会社の休憩時間があっちゅう間におわっちゃうよ。まあ、腕は全然上がってないんスけどね。つーかパズルゲームはどちらかっつーと苦手な方で、つーかつーか元々私はリングネーム「ドン・クサイ」なので得意なジャンルのゲームなるものが存在しないつーかそんな感じなんスけどね。逆にドン・クサイでも上手下手が関係ないギャルゲーですがT2ことToHeart2は進んでおらず。つーかつーかつーかT2をPSPで出してくんねえかな。PSPならばプレイする時間いっぱいあんだけどなあ。通勤時間とか。もちろん横から覗き込みにくい偏光フィルター必須ですけどね。

そんなんで今日のマリみてはこんなん

メテオス様がみてる

手抜きすぎ?
さすがにお絵描きがコレだけじゃ怒られそうなのでもう1枚。
にしても萌え絵が描けたらいいのになあとつくづく思いますよ。自分の絵にはあんま萌え成分が足りないような気がして。もっと目ん玉が大きいおにゃのこを描けたらな、ってんで今回はあえて目を大きく描こうと意識してお絵描きしてみました。こんな感じ。

うーん、度胸がないのでこんくらいが精一杯か。とりあえずメガネ分と巨乳分とメイド分を添加することで萌え成分の底上げを図りました。

しかしなんだなあ。もうネタが無くて毎回映画ネタとゲームネタだ。東京はいいなあ、コミケSPとかイベントがいっぱいあって。あ、名古屋でも哀・地球博(「哀・戦士」みたいでかっこいいね(そうか?))とかやってますが行く予定無し。混んでるしな。と思ったら客足は鈍いみたいですが。
だがとりあえず来週はお出かけするよ! コレに↓


3月21日(月)
イチマンナナセンンンン!?
普段は1日1000ヒット程で皆様のお世話になっているこのサイトですが、前回、荒川弘先生ネタをやったならば何と次の日17000ヒットですよ、奥さん! 観測史上最大風速を記録ですよ。次の日もその余波で6000ヒット行ってしまい、二日で23000ですよ。いやあ、凄いね(←他人事のよう。まあ、他人の4コマだし)。
しかしアレだ。率直な感想としてはアカデミー賞勝負負けてなくてホントに良かった…。もし負けていたらあの4コマの下に薔薇絵を載っけて23000の目に晒されていた訳ですからに。
ともかく今回のこの件は「エディー・アラカワ事件」として語り継がれるでしょう。継がれないでしょう。

先週末は休日出勤で絵日記書く暇もねー。はい、言い訳終わり。
日曜日にささしまサテライト行ってきたんスよ、109シネマズ名古屋を覗きに。映画は観なかったんですけどね。特にここでしか観られないっつーのも無かったし(「マシニスト」はちょい興味ありましたが)。まあ、普通のシネコンでした。
折角来たけどポケパークで遊ぶお年頃でもないし、かと言って何もしないでUターンして帰るのもなぁ…ってんで、ここで生まれて初めてクレープなるもの食ってみました。「おっさんが!」「一人で!」「クレープを!」(ビシバシチャンプ風に) おいしゅうございました。
家帰ってきてから調べてみたらここでスター・ウォーズ展なるものやってたんスね。覗いてくりゃよかった。

土曜日は仕事の後、名駅の方でちょい寄り道して遊んだ後、近所のシネコンへ行って、この日記で昨年の6月頃から観たい観たいと言っていた「エターナル・サンシャイン」を観に行ったッス。面白かったけど、コレは…オススメするのが難しいなぁ。ハマればハマるがハマらなければ「変な映画」の一言で片付けられそうだし…。あと、ある程度前情報を仕入れて行くとタイトルロールの所まで見れば後の展開が読めてしまうし、逆にまったく予備知識無しで行くと序盤で混乱しそうだし、うーん。
ある日、喧嘩別れしてしまった恋人が自分の記憶を削除したことを知った主人公が自分も彼女の記憶を消そうとするが、って話なんだけど、この記憶削除施術が眠っている間に現在から過去にさかのぼって順に記憶を消されていくってのがキモで、最初は喧嘩ばかりしている末期の記憶から消されていくんだけどやがて幸せだった日々まで消されようとしていくことに対し心変わりした主人公が彼女の記憶を守り抜こうと自分の記憶の中を右往左往するって展開になるんスが(説明が下手で分かりにくいなぁ…)、
主人公の記憶から彼女に関する記憶だけが削除されていく描写は監督ミシェル・ゴンドリーの本領発揮。今作は前作(ヒューマンネイチュア)よりもぐっとゴンドリー色が強くなっております。夢を見ている時、現実では絶対ありえないようなことでも夢の中だとそれを当たり前のように受け入れてるじゃないスか。あの感覚をちゃんと映像化しているのはスゲエ。
そして最後の記憶が削除されるシーン(つまりは主人公が初めて彼女と出会った日の記憶だ)、彼女との(実際には)最初であり同時に(残された)最後でもある記憶が崩壊していく(文字通り「崩壊」していく)シーンはグッときたですよ。
どうでもいいけど「記憶」って言葉使いすぎ。

結局先週は全然ゲーム進んでないッスよ、エクスセプト携帯ゲーム。
って実はちょい前にニンテンドー・ダイナマイト・ソウルことニンテンドーDS買ってましてね。2週間ぐらい前。
んでまずは最初にアナザーコード買いまして、クリアいたしまして。…すぐ終わっちゃったな。謎自体は甘めでしたね(一番時間かかったのはスタンプの謎。あんなのDSじゃなきゃできねーよ)。まあ、携帯ゲームですからあんまりハードコアにすると通勤電車プレイしている私は電車乗り過ごしてしまうわけですが。しかし最終章が途中でセーブできないので駅に着いても中断できず、駅を出た後も歩きながらプレイしてなんとかエンディングにたどり着けました。
んでお次はってんで昨日メテオス買ってきたですよ。これは面白ぇー。パズルゲームは得意な方ではないんですがついついプレイしてしまいます。下手なんで(デフォルト設定で)1プレイ2分程度しか持たないんだけど、それでもメテオは少しずつ溜まるので腕が上達していなくてもプレイするモチベーションを保つことが出来るのはいいよねぇ。はっきり言って今回日曜日更新できなかった上に絵も描けなかった最大の原因はコレ。

ってんで今日のお絵描きは先日某マリみて的お絵描き掲示板に貼った絵を。手でウサミミを表現するボーン・イン・ザ・USAギガンティア(何故かツインテール風味)。


3月13日(日)
3月中旬だっつーのに寒いよ! シネコン行ったら映画館の中まで寒くてさぁ、ジャケットを掛け布団のようにして震えながら映画観てましたよ。
あと109シネマでは「サイドウェイ」やらないみたい。ベイシティまで行くか…。

さて、前回の続きですがイーブックオフで注文したゲーパロ4コマグランプリ6〜10が届きましたよ。あー! エドモンド荒川さん載ってるよ。確かに荒川弘先生だ。8年近く前の本ですが当時から女の子キャラよりもマッチョ・親父系に偏っているのは流石と言うか…w

この頃はまだ自画像が牛じゃなかったんスね。

荒川先生の他にも藤島じゅん先生も当時投稿していたんだよね。こちらは知っていましたが。
しかし、荒川先生や藤島先生はともかく久しぶりに自分の4コマも見てしまっただよ。こちらはスルーで。でも考え方を変えれば自分の4コマを荒川先生や藤島先生が見てたかもしれないっつーことでチョイドキドキ。

1ヶ月近く中断していたメタルギアソリッド3を再開。やっとこクリアいたしました。あー、やっぱ面白いや。難易度VERY EASYにしてEZ GUN使って2周目行こうかしら。緊張感無しの箱庭遊び感覚で。
とりあえず仕事を一つやり遂げたので、全然進めていなかったTO HEART2を進めました。つーてもゲーム内時間で2週間分くらいだけですけど。巷で噂のタマキ…タマ姉は未だ出現せず。とりあえず今出てきている由真狙いで行ってみようかと。なんか面白キャラでネタ作りやすそうだし。あとこちらのサイトさんの漫画もでらおもろかったからっつーのも大きい理由。

今日のマリみてはMGS3クリア記念。コブラ部隊ごっこをする瞳子ちゃん。

最期はこうなる。

コブラ部隊ごっこはマリみてに限らずいろんな応用が利きそうですね。
「俺の名前はザ・プアー! 貴様に究極の貧乏を見せてやろう!」とか、
「俺の名前はザ・チェリー! 貴様に究極の童貞を見せてやろう!」とか。


3月7日(月)
まいど。
先週の日記の書き出しで書いた昔の名前絡みで、つい先日知ったのですが、昔ゲーパロ4コマに描いていたエドモンド荒川さんが現在の荒川弘先生(鋼の錬金術師)だと知ってびっくり。名前は見覚えあるんだけど絵やネタがはっきりと思い出せないんだよなぁ。単行本は自分が載ってる分も含めて捨てちゃったし、あー読みたくなってきた。でももう新声社無いから本屋で買えないし、ウチの近くにブックオフないんだよなぁ…ってんで土曜日に街に出た際まんだらけまで行ってきたんだけど見当たらず。結局イーブックオフで注文したのでした。今週末あたりには届くはず。

先週末は近所のシネコンで「シャーク・テイル」「ローレライ」「香港国際警察」をハシゴ。まあ、近所のシネコンなんでめっさメジャーなラインナップですが。ホントは「サイドウェイ」とか観に行きたいんですが、名古屋ベイシティとかは遠すぎてなあ…。今月名駅の方にオープンする109シネマ名古屋に期待だ。ここなら大分行きやすい。
今週観た3本とも、まあ、こちらの期待を大きく上回ることも無ければ大きく下回ることも無いっつー感じでした。「ローレライ」が想像以上にアニメノリだったのは驚きましたが(まさか「美少女の超能力で秘密兵器が作動する」って話だとは思わなかった)。
たまにはマリみて以外の絵も描かねば(3ヶ月振り!? でもまあ、「お前、キャラの描き分けできないから誰描いても一緒じゃん」と言われれば「イグザクトリィ」と答えるしかありませんが)、ってんで第二次世界大戦の潜水艦映画に突如現れたアニメヒロイン、「ローレライ」のパウラたん。おでこと凛々しい眉毛が萌えポイントです。

来月はマリみて絡みでイベントが。4月3日に地元名古屋で今野緒雪&ひびき玲音合同サイン会があるですよ! 日曜日なので参加できるですよ。ってんで土曜日に会場である星野書店行ってみたんスが店内には何の告知も無かったので店員に問い合わせる勇気が出ずそのまま店を後にしたのでした。今週末までまだ整理券残っているよね?
あとそれからさかのぼる事48時間、マリみての新刊が。その名も「妹オークション」。なかなか妹を作らない祐巳に業を煮やした祥子さまが小笠原家の財力に物を言わせて金の力で何とかするというお話…多分。薔薇の館の地下に秘密のオークション会場があって連れてこられた1年生があられもない姿で山百合会のメンバーの前に晒されて品定めされるという話…多分。

3月3日は耳の日。ってんで今日のマリみては耳の日にちなんだ漫画(ちなんでるか?)。

耳っつーより、目で笑いを取りに行っているような気がしますが…。

やたー。某所のアカデミー賞全部門受賞予想コンテストで6位入賞を果たしたよー。アビエイター押しが効いたのか。でも逆にそのせいで入賞者中唯一作品と監督両方外しちゃっててお恥ずかしい。


(画・文 P.I.L.)

戻る