title

2005年 1月

 

1月30日(日)
おひさしブリング・ザ・ノイズ。もう1月も終わりですよ。
あんま「仕事が忙しい。仕事が忙しい」って言うのはカッコよくないので言いたくないんですが、まあ、仕事が忙しかったっつーか。職場が負のスパイラルに陥っていて、トラブルが新たなトラブルを引き起こし、そのトラブルがまた新たなトラブルを引き込み…ってんでしんどい3週間でした。人もどんどん辞めてくしな。俺も早く宝くじ当てて脱出しなきゃ(こういうこと言う奴には当たらない)。

いよいよ「秘密の薔薇園2」まであと2週間となりました。今日はとらでカタログ買ってきましたよー。さあ、準備も万端…と言いたい所ですが行かねーっつーの。時間的に盆と正月とGWしか遠出できないしねぇ(普通の人はそこで帰省するもんなんだが…)、経済的には年2回の遠出がやっとです(ボーナスだけが頼り)。
ってんで多分その日は地元のメンコミに行っていると思うよ。”for adult”の”adult”に属する人間だから!

年に一度のお祭り、アカデミー賞のノミネートが発表されました。管理人さんはいないけど今年も主要部門予想勝負やりますよー。主要6部門の受賞者を予想し、5つ以上当てたら私の勝ち、3つ以上外したら私の負けというもの。過去1勝1敗で今年で3回目となります。1敗した時の罰ゲームの薔薇絵は俺内で伝説となっていますよ。今回の予想は来月末までに。
ってんで土曜日に今回、作品・監督・主演男優にノミネートされている「Ray/レイ」を観てきましてん(同じく作品・主演男優ノミネートの「ネバーランド」もハシゴしようと思ったけど、夜勤明けでそのままシネコン行ったので1本観た所で体力尽きて帰った)。今回のアカデミーの主演男優賞はTVとかではレオ様とかジョニデ様とかが取り上げられていますが大本命はこの映画でレイ・チャールズを演じたジェイミー・フォックス。そしてやっぱ本命にふさわしい素晴らしい演技でした。脇の女優陣も熱演(特に母親役)。映画そのものとしては良くも悪くも手堅い感じなんだけど、役者陣の熱演と音楽の素晴らしさで長い上映時間も気にせずに楽しめました。特にライヴで演奏時間が余ってしまい即興で名曲”What’d I Say”を作り上げていくシーンとかはゾクゾクしますよ。

メタルギアソリッド3だけはちょこちょこ進めていましてね。もうゲーム雑誌片手に敵兵の配置を確認しながらのプレイなんですけど、なんとかフューリーたんまで進みました。対フューリー戦も敵にぴったりと貼り付きナイフでザクザクと斬りつける緊張感の欠けるプレイですが…。でもジ・エンド戦のスナイパー対決は時間がめっさかかったけど、ボブ・リー・スワガー(スティーブン・ハンターの小説の主人公)になった気分で面白かったですよ。あと面白い遊びが「恐怖裸祭り」。電撃PS2のDVDに収録されていたんですけど、フェイスペイントにゾンビ、そして上半身裸といういでたちで松明を装備し、研究所で研究員を追い掛け回すという祭り。研究員は敵兵と違って反撃してこず悲鳴を上げて逃げ回るだけなのでそいつらを追いかけるのが楽しい楽しいw。

最後に今日のマリみて。

キャッツ

今時「ネコミミモード」も何ですけど…。


1月8日(土)
もうアレかい? 学生さん達も甘美な冬休みがもう溶けて無くなりそうなのかい?
いや、私の正月休みはとっくに終わっているんですが、正月休み終盤はは弟が持ってきた餅を消費することに終始しましたよ。だってビニール袋いっぱいの餅を「カビ生えるから明日までに食べてね」と言うんですもの。とりあえずコンビニで味付け海苔を買ってきて、餅の1/3をトースターで焼いて海苔巻いて醤油つけてガシガシ食う。あー、久々に食う焼き餅ウメーなあ。
でもまだ餅が10個近くある。ってんでその日の晩は「餅鍋」。スーパーでちゃんこ鍋のスープと、具が餅だけでは飽きるので(かと言って餅以外の具を増やすと食いきれない)、鶏肉をちょろっと買ってきて、全て鍋に放り込みただ煮込む。ジ・男の料理。具の種類が極端に少なく量が極端に多いお化け雑煮みたいなのが出来ました。本当は白菜とか入れたかったところですが、結構俺内では好評で全て平らげましたよ。餅鍋。
しかしそんなこんなの正月休みが明ける頃には、第二次性長期でもないのに体が丸みを帯びてきましたよ。

あ、そういや前回の日記で書き忘れていたけど、みんな初夢はどうだった? なかきよはしたのかい?
私はなかきよしなかったせいか、見た初夢は…

ジャンプのHUNTER×HUNTERのページのハシラで冨樫義博から名指しで(しかも本名で)非難される。

というものでした。夢の中で本気で「もうサイトは閉鎖しよう」って悩んでいたよ。こんなに焦った夢は今までの人生でTOP5に入るよ。テスト前なのに全然勉強してなくて焦るって夢はしょっちゅう見るんだけどね。こんな手で攻められたのは初めてだ。

正月休みのゲーム状況。
エースコンバット5:未だにナガセたんが山の中を逃走中。冬コミ原稿による長期の中断でやる気ゲージが下がってしまったのが痛い。
メタルギアソリッド3:ゲームとしては進化したんでしょうけどね。敵から隠れるドキドキ感はかなりリアルになってきています。が、私みたいなヌルゲーマーにとってはレーダーが無くなったことによって、気がつけばすぐに敵兵に見つかってしまい、結局はフィールドの中央をジグザグに走りぬけながら敵兵を殴り倒してマップ切り替えまで逃げ切る、という、私のスネークは諜報員じゃなくて戦場のあばれはっちゃくと化しています。一騎当千のバッサリ感。そんなこんなでまだペインたんにもたどり着いていない始末。
トゥハート2:未だに買おうかどうか迷い中。
PSP:みんGOLばっかりやっています。しかし大抵プレイしているのは自宅にて。
ゲーセン:クイズマジックアカデミー2もクエスト・オブ・Dもゴーストスクワッドも混んでいるので(一応全部カードは作っているんですが)、SEGA GOLF CLUB始めました。これ大抵空いているので。

もしかしたら更新サボリ月間に入るかもしれません。ってんでマリみて漫画貼ってオツ。

1コマ目の「お姉さん」ってのは別に意味はありません。単に年上の女性という意味での「お姉さん」です。
あ、ヘアバンドが前面にしか無いや。ま、いいか。

あと前回に続き、笑ってはいけない山百合会のGIFアニメを作ってみました。ここに載せる前にマリみて的お絵かき掲示板に貼ろうと思ったんだけど、「これ『お絵かき』か?」という疑念が湧き上がり止めにしたといういわくつきの作品(そんなに大層なもんじゃない)。

白薔薇の系譜


1月3日(月)

あけましておめでとうございます。
画像でスタートってのは初めてでは? 大分遅れましたが賀正絵でございます。酉年ってことでフィーチュアリング手羽先。聖さまが髪を縛っているのは苺ましまろのちぃちゃんをリスペクトしているから。

ってんで正月休みを堪能中。
んでは「アクターズ・スタジオ 間借りさん正月休みを語る」をお送りします。

12月31日(金)
コミケ暦で言う所の「コミケ3日目」。しかし前日までの疲れが残っていたのと、雪が降っていたので1日中家でゴローリング。ま、この日の主な仕事は冬コミレポ書きだったんスけどね。途中でGIFアニメを作って遊んだりしてましたが。
夜はダラダラとK−1とPRIDEをザッピング。紅白はケツマンサンバだけ見ようと思っていたけど気がついたら終わっちゃてて残念。曙戦もちょっとチャンネルを変えているすきに終わっちゃってて残念、つーかビックリ。チャンネル戻したらやたらCMが長いんでおかしいなあと思っていたら終わっていたとは。「無理シナイトダメデスヨ」(曙のマネで)。

1月1日(土)
コミケ4日目。この日は映画が1000円の日ってんで、雪も止んだことだし近所のシネコンへ行ってきましたよ。お題は去年見損ねていた「ハウッチョの動く城」と元旦公開の「カンフーハッスル」。ハウッチョは声優さんのことがいろいろ言われてましたが、全然そんなこと無かったよねぇ。面白かったけど、後で弟に「どんな話? ハウルは何をするの?」と訊かれ返答に困った。一方カンフーは単純明快。少林サッカーは序盤タルい部分があったけど今回は最初からトバしまくります。漫画の実写化のようなCGの使い方も相変わらず。ラブロマンス部分を必要最低限に切り詰めているのも正解。そして娯楽映画でありながらハリウッド産ではありえない「レーティング?何じゃいそら」というような残虐描写(って言い方すると語弊があるな)。かなり「燃え」要素が強いので男子なら観るべし。俺は感動の涙を流したよ。

1月2日(日)
コミケ5日目。この日はお出かけ。他の人がコミケ3日目にやることが5日目にまで延びてしまいました。ってんで同人ショップ行ってきて冬コミ新刊の補完作業。3冊ほどしか買えませんでしたが冬コミ1日目で買い損ねていたマリみて本が買えたのでコアラッキー。
その後、名古屋のメイド喫茶が巫女服営業していたので行ってみるが17組待ちとか言われて回れ右して去る。折角大須まで来たのでゲーセン寄ってQMA2やろうとするが席が空かない。つか毎度のことなんだけどこのゲームやってる奴って後ろで人が待ってても平気で連コインするようなんばっかなのな。30分1時間は平気でやってるもんな。一度松屋へ飯食いに行って戻ってきても面子全然変わってなかったもんな。もうこのゲームでランクが高い奴とかは信用しないことに決定。
結局大須では何もすることなく(あ、飯だけ食ったか。松屋だけど)、家に帰って終了。

ま、こんな感じでした。ビバ、ダラダラ。
最後にコミケ3日目に作ったGIFアニメ貼ってオツ(マリみて的お絵かき掲示板に貼ったものですが)。

にしてもガキの使いの特番面白かったなぁ。


1月1日(土)
うっしゃ、レポ書き終えた。
んでは改めて「アクターズ・スタジオ 間借りさん冬コミを語る」をお送りします。


12月29日(1日目)
この前の日が仕事納め。しかし夜勤でしかも逆に通常より仕事が多い事態。ってんで家に帰りついたのがこの日の朝7時過ぎ頃。ここで私に用意された選択肢は以下の二つ。
A)昼過ぎまで一度寝てから準備をし夕方上京。上野で飯でも食っていつものカプセルホテルへ。
B)このまま寝ずに準備して昼頃上京。冬コミ1日目に意地でも参加。
さあどうするよ?
そりゃB)を選ぶでしょうさ。オタだからな!(←出た。決め台詞)
ってんで早速風呂入ったり、荷造りしたり。iPodの中身のチューンアップもしたかったんですが、前日に買ったパール・ジャムのベスト盤を放り込むに止まりました。そんなこんなあんなで家を出たのが十時過ぎ。新幹線でゴー・イーストですよ。

新幹線の中で寝りゃいいようなものの「イン・ライブラリー」を読んだりなんかしてだらだら過ごす(PSPは結局プレイせず)。昼1時頃には新幹線は新横浜。ふと外を見ると…
雪ィ!? 雪降ってますよ、奥さん! ホワイト・コミックマーケットですよ。ロマンティック…な訳ねぇ! 夏は雨降ってたし、正に今年の漢字は「災」ですよ。
一度上野へ行ってコインロッカーに荷物を預けてからいざ有明。

んでボディビルダーばりの逆三角形が眩しい闘強哭祭展示場にたどり着いたのが午後3時頃。つーかリンパ腺、じゃねーやりんかい線の駅の混み具合がハンパないんですが…。
とりあえず東は無視して(事前のサークルチェックでも東はかかりませんでしたし)、西1ホールへ。マリみて島をふらりと回って本を数冊買った後(もう撤収済みで買えなかった本もありましたが)、唯一の知り合いと言っていいヘッドさんの所へ。
そしたらそこには売り子として百合が! 私が前述の二択でB)を選んだのもコレがかなりの決め手となったんではないでしょうか。にしてもなんてうらやま…いや、うらやま…いや、うらやま…いや、うらやましいんだ(3回も言い直そうとする意味無いじゃん)。うちなんか売り子はメガネオタ一人ですよ? あの髭から何か出ているのだろうか? 甘い樹液とか。
ともかくご挨拶してウチの本をお渡しして、その後ヘッドさんの所に居候。百合姉妹のお二人が去ってしまった為、お客様のお相手は薔薇兄弟が担当に。ウチの本が鞄の中に6〜7冊余っていたため、先行委託販売ということでスペースに置かせてもらい、適当な値段で売る(新刊買うとおまけで再録本の方がタダで付いてきたりとか)。
そんなことをやっているうちに閉会の時間が。拍手〜。さて荷物を送って帰りますか、と思ったらペリカン便の列が尋常ならざる事態に。しかしこちらは台車も無ぇ、カートも無ぇ、クルマもそれほど走って無ぇ(既に少しの搬入の車は会場内に入ってきている)という状態。こうなったら頼れるのはマンパワーのみってんでダンボール箱を担いで列に並ぶ我々。明日は早めに撤収しよう。大量に売れ残りがあっても早めに撤収しよう。そう心に決めた間借りさん、2004年の冬でした。

その後、ヘッドさんとヘッドさんの友人の3人で有明脱出。タクシーの中の暖かさに幸福感に包まれる3人。今日の私の旅の最終地点が上野ってことで3人とも土地勘が無いながら(ワシもいつも泊まっているカプセルホテルとリリアンの制服が置いてあるアダルトグッズショップぐらいしか知らん)上野で飯。温かいものが食べたいねー、刺身やガムやシャーベットよりは焼肉とか鍋だよねー、ってんであんこう鍋をやってるお店を見つけたのでそこで鍋食べました。鍋の後の雑炊ウマー。

飯を食った後は私はそのまま上野のカプセルホテルへ。他人のいびきに耳を貸す余裕も無く眠りについたとさ。


12月30日(2日目)
朝5時半頃カプセルの中で起床。ホテルの風呂でひとっ風呂浴びたり準備したりした後、7時頃ホテルをチ、チェック・イット・アウト。
そしたら突然ですがあーた、東京駅で突然聴いていたiPodがフリーズしてしまいましたよ! 画面は出たままで動かず音も全然出ずどんな操作も受け付けない状態。今から本番だっつーのに!今回の過酷なコミケを音楽無しでサヴァイブしなければならぬとは…たはー。つか、なんかiPodも段々熱を帯びてきましたよ? 最先端(でもないけど)小型HDDプレーヤーがただの効き目の弱い白金カイロに…(そして1時間後にバッテリー切れで事切れました)。
それはともかく、いつもギリギリに着くので電車の所要時間を考え余裕を持って出かけたつもりでしたが…国際展示場駅から会場までの信号待ち行列のこと忘れてた。結局自分のスペースにたどり着いたのが8時半頃。チラシ大盛りを片付け終わった頃に売り子のヤッホーさん到着。タイミングを計っていたのか?狭いスペースに四苦八苦しながら(遅くに来たしね)、準備が済んで開会を待つばかり。

さて、最初当選が決まった頃は「やたー。またお誕生日席だよー」なんて能天気にはしゃいでいたのですが、コミケカタログがリリースされて見てみると隣が凄い人だったので急に自分が場違いな感じがして軽くヘコんでいたのですよ。したらこちらの方が実際に会ったら凄い良い人でねぇ〜。向こう側から先に本は頂けるし(もちろんこちらからも差し上げましたが)、開会前、ヤッホーさんと二人で寒い寒い言ってたら新品の使い捨てカイロをくれるんですよ! んで隣で見てたらスケッチブックにポップ用の絵を下書きもアタリも無しにすらすらと綺麗な絵を描いていくし、ちよちゃんばりの完璧超人ですよ。対してこちらは「あっはっは!空飛ぶ鹿なんかいるわけねー」なんて言ってるバカですよ? ワシが女じゃったら股を開いていたことじゃろうて(そりゃ男でよかった)。最初ウチの段ボール箱を見て「多いですね」なんて言われた日にゃ(つっても4箱ですよ。それに1冊でじゃないし)、恥ずかしさのあまり空気の中に溶けて消え入りたくなりましたが、いやいやいや、そちらが少なすぎるんですってば! んで開場後、途中で部数制限を設けたもののあっちゅう間に売り切れていましたよ。

今回は売り子さんがいるので買い物に行けるー、ってんでちょろちょろとお買い物したりとか。そういやある壁サークルさんに並んでいた時、倒れている人がいるのを見たよ! 今回の寒さがいかにコミケを過酷なものにしているかを物語るエピソードですね。もう私は体力ゲージが大分短くなってきたので朝から一般入場できる体ではなくなってしまいましたが、皆様お体にはお気をつけて。

1時間ほど買い物をした後自分の所に戻ったんですがなかなかヤッホーさんと交替するタイミングが掴めず。なんか男性向け地帯全体が人口過密気味で隣の通路では人の多さに一方通行になってましたよ? 今度はヤッホーさんが買い物に行き私が売り子。その後計2回ほど交替を繰り返しお勤めを果たしました。
2回目のお出かけではコスプレ広場に行ったんですが写真はほとんど撮らず。前回に比べてリリアン生徒は減ったかなぁ、って2日目ってのもあるんでしょうが。それと今回は今までで一番コスプレ広場でGAIZINを見た率が高かったような。ジャック・スパロウのコスプレしてた外人さんはハマってたなあ。

本を買いに来て頂いた皆様、本やお菓子を差し入れしてくださった皆様、挨拶に来て頂いた皆様ありがとうございました。
百合姉妹(姉)さんからいただいた某所のZLAY本に喜んだりとか、ダダさんにいただいた「まりほん」の作りの凄さに「凄えー」と言いながらヤッホーさんと二人で思わず笑ってしまったりとかありましたが一番驚いたイベントはボマーンさんが来たこと。いや、大分前から知ってはいたんですが(ベーマガ時代ですね)、まさか現在の間借りさんとしての存在がばれているとはこれっぽっちも思っていなかったので…。るでく氏にもばれてるんスね。しかしよくこんなトコ見つけてきたなぁ〜。

前回よりも多く刷って行ったんですが、再録本が先に2時頃に完売(なんかウチ、既刊の方が先に無くなる傾向あんなー)。んで新刊が3時頃に完売。ってんでお蔭様で全て無事に完売いたしました。
昨日のトラウマがあるため3時半過ぎ頃には完全撤収。売れ残りがあったらヘッドさんが来るまで待って段ボール箱を運んでもらおうと思ったんだけどね(笑)。
体力ゲージも大分尽きていたのでもう名古屋に帰ゆ〜、ってんで前回と同じく新橋→品川→名古屋ルートでの進攻。もちろん補給基地のある品川でパイ分とコーヒー分とミニスカ分と胸が強調されたブラウス分を補給。という訳でお約束ともなっているアンミラへヤッホーさんといってきました。オタだからな!(2度目の決め台詞)まあ今回のアンミラでは天使の小窓が見えたりマリア様が見えたりの大騒動は無かったんスけどね。
そしてアンミラの後はそのまま品川で新幹線にライドオン。帰省ラッシュとは反する方向だと思ったんだけど新幹線がもう全て満席ですよ! マジっスか。こうなったらブルジョワジーにしか使えない奥義グリーン・シャーだ! げ、一番早い便はグリーン車まで満席だよ。ってんで次の便のグリーン・シャーで。東京駅まで行けば始発駅だから時間かけて並べば自由車に座れるかもしれませんがもう体力ゲージが点滅していたので。それにほら俺ブルジョワジーだし(こいつ千切れて死ねばいいのに)。という訳で名古屋に帰ったのでした。

名古屋駅に着いたのが8時過ぎ。ふと外を見るとビックカメラがまだ開いてるじゃん。まだブルジョワモード正月はまったりギャルゲーでもやっちゃう〜? ってんでToHeart2を買いに行ったんですが、マギー審司の耳よりでかい初回限定版「しか」無かったのでブルジョワモードがオフになり結局買わずに家に帰ったよ。


(画・文 P.I.L.)

戻る